2018年11月28日

「第4回 神戸ペンショー」

11月23,24,25日と「第4回 神戸ペンショー」が北野工房のまち(旧北野小学校)3階講堂で催されました。このペンショーは万年筆愛好家の間では知る人ぞ知る「関西の親方」と呼ばれるお人が言い出しっぺで、そのグループ「Y.Yペンクラブ」が前回まで主催でしたが今回から神戸の老舗文房具店「ナガサワ」さんとの共催で規模拡大。私は第1回から参加していて(1回目はY.Yペンクラブの皆さんにル・ボナーブースは任せて万年筆探しで彷徨っていましたが)この催事を楽しみにしています。大人の文化祭っていう感じで、売れる売れないは二の次です。

DSC05891.jpeg

今回から元町の「Pen and message.」さんも参加する事になり嬉しい限りです。皆で神戸が万年筆趣味人の聖地になると良いなと思うボンジョルノでありました。

DSC05892.jpeg

前日の搬入風景。平日の木曜日、誰か確認できない程度に意識してボケた画像で撮ってます。手前膝をついて万年筆を物色しているのは一緒に搬入の手伝いに来たハミです。3日間は私一人です。

DSC05940.jpeg

ル・ボナーはいつものようにB品格安販売で。普段ディスカウント販売はしないので結構売れます。その為今回は喫煙タイム以外はブースを離れず頑張りました・・・でもこれが楽しみで毎回出店している訳ですから少しだけは〜。

DSC05962.jpeg

金黒のアウロラ88の3本セットです。それも万年筆のペン先は大好きな90年代までのハイレグニブです。これはこれから海外出張?時にはル・ボナーの三本挿しペンケースに入れて持って行こう。三本挿しペンケースはこういう万年筆、ボールペン、ペンシルを入れて使う事を想定して作りました。149みたいな太軸万年筆3本入れて使う事は想定しておりませんので悪しからず。

DSC06015.jpeg

歴代パイロット万年筆の中で最も美しいデザイはこれと思い全カラー多くの方の助けを借りて揃える事が出来ました。日本ではシルバー&黒とマット黒が販売され海外輸出用にそれに加え赤、青、緑の3色がNAMIKIブランドで販売したと理解していた。その認識の元に全5色揃ったと満足していた。隣のブースは何とあのパイロット万年筆の事なら何でも知ってるN御大。そのN御大に多面体キャップレスの揃い踏みを自慢していたら、取り出して来られたのがこのPILOTブランドの赤い多面体キャップレス。短い期間PILOTブランドで赤、青、緑も作っていた事を知ってしまったぁ〜言い値で頂く以外にないでしょう。ということはまだまだ多面体キャップレスを探し歩く旅は終わらないということかぁ〜。

などと少しは楽しませてもらいましたが、ル・ボナーブースにひたすら常駐しておりました。隣ブースがN御大だった為。

DSC05928.jpeg

だって、これをどうですか?という勧誘も受け少し唆られましたが、おっと危ない丁重にお断りしました。私はず〜っと万年筆趣味初心者です。

3日間があっと言う間でした。来年も楽しみたいと思ってまぁ〜す。

2018年11月19日

「ディプロマ・トート」静かに人気

使って分かる使い勝手の良さ。ル・ボナーのトートバッグで最も細身で、それでいてA4ファイルサイズが余裕をもって収まる。なのでビジネスシーンでも抵抗なく使えます。最初は定番の製品にはならないだろうと思いながら作り始めたけれど、無くなると予約が入る繰り返しで年に一度のペースで作っている今日この頃。

IMG_7934.jpeg

オレンジは久々の登場かな?でもって今回は5色で店頭に並びました。

細身なのにこの底部分のボリュームが魅力的。

IMG_7930.jpeg

ル・ボナー限定カラーのアントラジスでディプロマ・トート初登場です。

それとネイビーとダークブラン。

IMG_7927.jpeg

トープとオレンジを加えて全5色を作りました。

_R020261.jpeg

裏なし一枚仕立て、落としで付く内ポケットはファスナーポケットと真ん中にステッチ入ったベタポケット。同じシュランケンカーフ使った贅沢仕様。税込み58,320円は今年いっぱいまで、来年から税込み60,000円オーバー。宜しくお願いいたします。

2018年11月10日

沖縄で講義&実習指導

話しがあったのが5ヶ月前の事だった、沖縄県工芸産業協働センターで講義と革小物製作の指導をしてもらえないかと。年に一度皮革製品製作教室の生徒さんたちを引率して姫路のタンナー等を見学する時に毎回ル・ボナーも見学コースになっていて、そんな関係で私に白羽の矢が立ったという事です。最初話しがあった時、私は講義なんて勿論皮革製品作りの教室の指導もやった事がなかったのでちょっと悩んだ。でもこのお話しを引き受けたら沖縄にいる孫の梢ちゃんに会えるじゃないですか。そんな不純な考えも脳裏をよぎり引き受ける事にしちゃった。

皮革製品作りの指導の方は何とかなると思っていたけれど、講義の方はもうどうしましょうという感じ。そんな時アップルの宣教師・プラさんがプレゼンテーション用の画像編集を申し出て頂けた。プラさんは月に数度のペースで講演をしているスペシャリスト。画像送ったら直ぐにキーノートで編集、それを本番前に知人に見せたら、話さなくても画像を見てるだけで物語を感じるねと。あとは私・・・・不安を引きずったまま神戸空港から那覇へと前日泊で5日夕方飛び立った。アンチョコ書きはホテルでも深夜まで続いた。

6日の初日は午前中打ち合わせとプロジェクターでちゃんと写るか試写、そして教室の生徒さんたちと顔合わせ。午後から琉球絣製作の現場を見学し織り体験。

DSC05423.jpg

これ面白い。ただボンジョルノは不器用だとあらためて実感。

DSC05434.jpg

でも途方もない手間をかける手染め手織りは尊いけれど、産業の枠外だと感じてしまう。それを産業に結びつけ後継者を育てるのはどうすれば良いのだろうか?。

そして私のその日の拘束時間は終わった。さあ、息子家族と食事だぁ〜!梢ちゃんに会える。

DSC05445.jpeg

なんて可愛いでしょう〜完全に爺馬鹿。

そして翌日7日、本番の日

IMG_7847.jpeg

七転八倒の30年とやっと人並に過ごせるようになった10年を縦糸に、その時々に出会った才能ある人達とその時々に思った事と素材の事を横糸に紡いで行きますなんて、昨日の琉球絣の織りに影響された言葉から始まった。

IMG_7848.jpeg

この時アニメーションの映写機は動いてます。

画像変わるたび話しいっぱい出てきてアンチョコなんて見ること無く話し続けたので2時間半の講義の予定の1時間過ぎた時点で1980年まで10年分しか進んでいない。進行係の方はどうしましょうと困り顔。

_R020241.jpeg

その為30分延長してそれでも後半は駆け足で。

_R020244.jpeg

偉そうに原価計算ですよ、知ったというか実感したのは10年前の私。

IMG_7849.jpeg

そしてタイムスケジュール滅茶苦茶の私の3時間の講義は無事じゃないけれど終了した。結局一度もアンチョコ見ること無く話してたなぁ〜。社交辞令かもしれないけれど責任者の職員の方に、職人目線からのお話しは初めてだったので良かったですと言われたのでまあ成功という事で。

午後から実習の特別講師。正直言ってこっちは全然楽で楽しめる。

DSC05465.jpeg

革小物製作は明日が本番。

DSC05473.jpeg

夜は首里城近くの沖縄料理店で謝恩会。

DSC05474.jpeg

民家を改装したような住宅街の中にあるお店、良い感じでした。

DSC05488.jpeg

翌日は朝から夕方4時半までフルフル製作指導。作ったのは残心革小物シリーズの折財布とコインケースでした。製品レベルとは言えませんが使用するには問題ない品が出来ました。

そして皆さんと記念撮影。

DSC05490.jpeg

那覇空港から午後7時過ぎ神戸へ帰宅の途へ。62歳にして初めての経験、結構楽しめました。林さん、私の事を推して頂いてありがとうございます。素敵なモノ作り人生を過ごしてください。

2018年10月29日

大好評「ビジィーリュック」店頭に。

今ル・ボナーの高価格帯製品の中で最も人気のある「ビジィーリュック」が店頭に並びました。今回は色数少なく一色あたり多めの個数を一色を除いて作りました。使うと分かるこのビジネスリュックの魅力。都心に行くとリュックを背負ってるビジネスマンの多い事に驚かされる。その多くがナイロンリュック、このビジィーリュックを背負って闊歩すれば貴方は見た目勝ち組だよぉ〜。

DSC05248.jpeg

黒は必須、幼友達ちの弁護士君はこれで法廷行ってます。

DSC05258.jpeg

ネイビーも良いです、アントラジスが加わるまで一番人気の色でした。

DSC05251.jpeg

アントラジスです。登場以来ビジィーリュックにおいてトップに躍り出たカラー。

DSC05253.jpeg

そしてティングレーでもアルティザンの勤ちゃんのご要望にお応えして少し作りましたが、ル・ボナー店頭に並べる事叶わずに卸し先に〜

シュランケンカーフのビジィーは来年から税込162,000円に。税込151,200円なのは年末まで。

DSC05261.jpeg

デンマークカーフのネイビーでも作りました。これ軽くてエージングして良い感じ。これは来年もそのまま税込151,200円。

この革は、デンマークのカーフをウエットブルー原皮で輸入し、それを私の大好きな昔のイタリアンカーフ的な質感に国内のタンナーさんにお願いして仕上げた革。

DSC05264.jpeg

これが使用後の感じ。私が普段私用で使っているトープのビジィーリュックです。背にフィットし始めたらもうやめられません。スーツスタイルで是非使ってみてください。いざとなればストラップを完全収納して大容量縦型ブリーフケース。

詳細は卸し先の「CIRCLE」さんのブログを見てください。よろしくお願いいたします。

2018年10月15日

ブッテーロの「デブペン」登場〜

多くのお客様にお待ち頂いていたブッテーロ革タイプの「デブ・ペンケース」が出来上がりました。お手入れ名人の方々にブッテーロ革のエージングの楽しさををお伝え頂き、それも理由なのか此の所今まで以上に要望多く嬉しい悲鳴。イタリア・ワルピエ社のブッテーロという革は、ヨーロッパでは一般的な成牛原皮のマル革を両脇(ベリー)と上(ショルダー)下(ダブルバッド)に裁断して(他の地域では中央で切り分けて半裁で鞣す)鞣したショルダー部分をタンニン100%で鞣し植物性オイルを含ませた革。お手入れ次第で清潔感のある特別なエージングを楽しめます。

今回もブッテーロ革の色々な色で登場です。

IMG_7824.jpg

左からネイビー、黒(赤ステッチ)黒(グレーステッチ)そしてブルー

IMG_7823.jpg

左からキャメル(茶)、オレンジ、グリーン、赤。

IMG_7822.jpg

左からワイン、バイオレット、チョコ(ダークブラウン)。いつもは見分けにくいですが、今回はワインはワイン、バイオレットはバイオレットですね。

そんな感じでそれぞれいっぱいつくりました。ただ、いつまであるかは神のみぞ知る。税込み12,960円也。

2018年10月 4日

「ポーチ・ピッコロ」衰えぬ人気

多くのお客様に待って頂いていた「ポーチ・ピッコロ」の登場です。このサイズバランスと端まで無駄なく収納出来る縫製方法が、コンパクトポーチ「ピッコロ」の特別を生み出した。見た目からは想像出来ない収納力を持ちながらブリーフケースに収めるバッグインバッグのサイズはなかなか無いはず。使うと実感出来る特別を多くのお客様に知って頂きたく思ってます。

DSC04934.jpg

ポーチ・ピッコロの発想は、冠婚葬祭用に男性が違和感なく持てるポーチがあればという知人の一言から生まれた。だからメインは黒、その中でも爪傷等が気にならないシュランケンカーフの黒は外せません。今回も黒ステッチでいっぱいと赤ステッチで少し作りました。税込み37,800円。

DSC04938.jpg

黒以外のシュランケンカーフはミコノスとアントラジスとゴールド。アントラジスは前回からピッコロでも加わりましたが人気です。ミコノスは久々、ゴールドは今まで作った事あったかな?税込み37,800円。

DSC04929.jpg

クリスペルカーフの気品ある光沢は特別ですね。デリケートな革なので気を使いますが、使い込んだ時の深みのある光沢感を一度知ったら虜になります。今回は黒に加えネイビーでも作りました。黒は黒ステッチ、ネイビーは青ステッチで仕上げました。税込み47,520円。

DSC04941.jpg

それと国内タンナーが仕上げたデンマークカーフのネイビーと黒桟革の黒も作ってます。デンマークのカーフをウエットブルーで輸入した原皮を、私が最も好きだったネットリしっとりの昔のイタリアンカーフを見本にして国内のタンナーで仕上げてもらった革(税込み37,800円)。国産の黒毛和牛原皮を伝統的なめし技法の「白なめし」して揉みしぼの上に本漆を10数回塗布した日本らしさ満載の特別な革(税込み47,520円)。

エレファントの黒(88,560円)はまだ少し残ってます。是非皆様使ってみてください。内装のブッテーロの色等の詳細は卸先の「CIRCLE」さんのブログ見てください。宜しくお願い申し上げます。

2018年9月18日

ラウンドファスナー長財布いっぱいとL字ジップウォレット少々

ラウンドファスナー長財布いっぱいとL字ジップウォレット少々出来上がりました。個人的にこの2種類のファスナータイプの長財布では、L字ジップの方が使い勝手が良いと勧めておりますが、ラウンドファスナー長財布の方が支持されているようですが何故なんでしょう?。

まずはラウンドファスナー長財布からご紹介。

IMG_7659.jpg

じゃじゃぁ〜ん、前回製作時にいの一番に売り切れたクリスペルカーフの黒は今回もいっぱい作りました。でもやはり最初に売り切れるのはこれなんだろうなぁー。最高級カーフ革のクリスペルカーフで作ったラウンドファスナー長財布は税込み31,320円。

IMG_7662.jpg

シュランケンカーフでは5色、左からアントラジス、トープ、ゴールド、ジーンブルー、トスカニー。

税込み29,160円也。

IMG_7657.jpg

シュランケンカーフのネイビーとバイオレット、それとデンマークカーフのネイビー(29,160円)と黒桟革のブラウン(31,320円)は前回製作分が少々あります。

IMG_7664.jpg

次にL字ジップウォレットのご紹介。今回はこの3色のみ作りました。左からトープ、トスカニー、ミント。実は今回のL字ジップ3色はファスナーがいつものシルバー色ではなくて金色・・・・。レアなロットと思って頂けたら幸いでございます。税込み28,080円。

IMG_7650.jpg

前回制作分のシュランケンカーフのチョコ、黒、バイオレット、ジーンブルー、オレンジはありますよ。

IMG_7651.jpg

それとクリスペルカーフの黒(30,240円)デンマークカーフのネイビー(28,080円)黒桟革の黒とブラウン(30,240円)も店頭に並んでます。

内装等の詳細な説明は卸先の南青山「CIRCLE」さんのブログ見てください。皆様宜しくお願いいたします。

2018年9月15日

まずはシュランケンカーフのデブペン。

多くの方がエージングが楽しいブッテーロのデブペンを待っておられる事は重々承知しておりますが、それは一ヶ月後のお楽しみ、まずはシュランケンカーフのデブペン出来上がりました。シュランケンカーフのデブペンの方が実は使い勝手が良い、柔らかな革質と傷つきにくい表皮が筆記具を優しく包み込む。今回は珍しく8色作ってみました。

IMG_7625.jpg

カラフルカラーは楽しいよね。トスカニー、オレンジ、ジャングルグリーン、ミント。

IMG_7628.jpg

シックカラー?系はアントラジス、黒(グレーステッチ)、バイオレット、アイリス。シュランケンカーフでは国内ル・ボナー限定カラーのアントラジスで革小物初登場。日の当たり具合で色々に見えるアントラジスカラーを革小物でも楽しんで見てください。

シュランケンカーフが今年4月から大幅値上げして、今年は年末までは辛抱して現行価格を続ける予定ですが、来年一日からペリンガー社の革(シュランケンカーフ、クリスペルカーフ、ノブレッサカーフ)を使った製品は値上げとなります。なのでデブペンケースもブッテーロとシュランケンカーフで価格差が出る事になります。ブッテーロの1,7倍するシュランケンカーフを今まで同じ価格で売っていた事の方が無理があったんだよね。という事でシュランケンカーフのデブペンを税込み12,960円で購入出来るのは今回の生産分までで今年中となります。一ヶ月後完成するブッテーロのデブペンは来年も同じ価格で購入できます。ただいつも売り切れだけど。

2018年8月15日

多面体キャップレス揃い踏み

万年筆はこれぐらいでもう増やさなくて良いかなと思っている。ただまだ所有したい万年筆が数本はある。その1本が90年台に作られたパイロットの多面体キャップレス。キャップレスは進化し続け、現行のキャップレスは本当に良く出来ていて乾かない。ただデザイン的には90年台の多面体キャップレスが最も美しいとボンジョルノ的に思っていて、NAMIKIブランドも含めて全5色揃えて愛でて満足していた。

だが親しくしているチャーミングな若き女性独立系鞄職人のKさんが、エルメスから発売された中身はパイロット・フェルモの超高価なノーチラスに興味を持っていることを知り、ノーチラスならラミーのダイアログ3でイイじゃんと思っているので、それよりデザイン的に魅力的なキャップレスがあるからプレゼントするよと言ってしまった。私は多く出回ってる黒軸にシルバーの多面体キャップレスを勧めたが、入手しにくいオールマットブラックを彼女はチョイス。

その後、再び5色揃えたいとボンジョルノは願い求めた。それに応えて万年筆マニアな学校の先生に(赤もその先生から)半年の歳月を費やして探し出して頂いた。それがこの個体。

IMG_7537.jpg

良いですね〜。その上NAMIKIブランドのマットブラック。

IMG_7535.jpg

そして全5色再び揃い踏み。黒にシルバーのオーソドックスな多面体キャップレス以外はNAMIKIです。これで全部だと思うけれど、他にも色あったのかな?

それにしても美しい万年筆だと思う。あのパイロット万年筆が生み出したラミーに匹敵する奇跡のフォルムだと私は思っております。画像はキヤノン50DⅢ+EF100mmF2.8 L IS USMをF20まで絞って。

2018年8月14日

「紐財布」愛しや

江戸時代の財布からヒントを得て生まれた「紐財布」。「和」のイメージを強く意識して生まれた残心革小物シリーズに先駆けて最初に「和」をイメージして作ったのがこの「紐財布」。ホックや留め金具だと収める容量の自由度が少ない。留め具を紐にするだけで容量の自由度が格段に広がる。革の輪の部分に挿すのが面倒と思われた貴方、使うとその危惧は吹っ飛んでしまうはずですよ。

IMG_himosaifu.jpg

柔らかい方が使い勝手が良いと思っているので、作るたびに前回より柔らかな感じで仕上げています。今回は内装革を前回以上に柔らかな革を使う事で厚み変えずに柔らかさが増しました。柔らか仕様にするほど縫製は難易度が増します。

何と今回は全部で12色店頭に並びました。

IMG_7506.jpg

シックなカラーの方は左前から、トープ、アントラジス、黒、ネイビー、アイリス、バイオレット。

IMG_7507.jpg

カラフルカラーは左前からライムグリーン、ミント、ジーンブルー、オレンジ、トスカニー、ライトレッド。

IMG_7517.jpg

内装に使っている革は柔らかな質感のバングラキップ。ポイントカードやレシートなどを一杯入れたまま使われる御婦人の方を意識した大容量財布。それでもパンパンになるまで入れてもカブセ式紐留めがもっと収める事を許してくれる。

税込み32,400円。ル・ボナーの財布の中で一番の長寿。長く作り続けられるには理由があるはず。

最近のコメント

アイテム

  • DSC05928.jpeg
  • DSC06015.jpeg
  • DSC05962.jpeg
  • DSC05940.jpeg
  • DSC05892.jpeg
  • DSC05891.jpeg
  • _R020261.jpeg
  • IMG_7927.jpeg
  • IMG_7930.jpeg
  • IMG_7934.jpeg

月別 アーカイブ