« 小さなちいさなダレスバッグ | ホーム | 設営禁止場所でのキャンプ »

2006年5月 4日

シンプリシティーとダドグラフ

デュフォー表ウエブ.jpg

デュフォー裏.jpg

昨夜、NHKのハイビジョンで何年か前に放送されたフィリップ デュフォーとアントワーヌ プレジウソの違った形での時計作りの日々を中心に綴った” 独立系時計師たちの小宇宙” という番組のビデオを見ていて、ますます時計が魅力的に思えて、次の日。
お客様が持って来られました。フィリップ デュフォー氏の作ったシンプリシティーとランゲ アンド ゾーネのダドグラフを。見て 触って 音を聞きました。

フィリップ デュフォー氏のシンプリシティーは、昨夜ビデオで製作風景を見たばかりだったので、特別の感慨を持って見てしまいます。
シンプルな3針時計の部品一つ一つに丁寧な仕事の手が加わり、誠意を人に伝えてくれます。
ハンドメイドが高い次元で、技術と調和しています。
値段を考えず、一つだけ手に入れられるとしたら、私は迷わずこの時計を選びます。
しっかりと響く音色が、心地良い。

ダド表.jpg ダド裏.jpg

ランゲ アンド ゾーネのダドグラフはシンプリシティーとは全然違う感動を与えてくれます。
ドイツの強さ、洗練されていない愚直な美しさ。
すべて丸見えの複雑なムーブメントに圧倒されながら、部品一つ一つの硬質な厚み感に驚かされます。
写すのがヘタなため、ムーブメントの凄さを伝えられないのが残念です。
それにしても、ケースがプラチナであることも相まって、なんて重い時計なのだろうか。

この2つの時計の唯一の共通点は、ムーブメントの素材がジャーマンシルバー(洋銀)だという事。この素材、なかなかいいのです。
鞄に使うオリジナル金具の素材としてどうか、調べてみよう。

私は今日、時計の中に夢をみました。
私の作った鞄の中に、お客様が夢が描ける、そんな鞄を作っていかなければ。
作るものは違っても、同じ職人なのだから。

コメント(2)

お世話になっております。
 私が持っている某社のブライドルレザー製のベルトのバックルも洋銀製です。
 ランゲのムーブメントのプレートに使われる洋銀は黄色みがかっていますが、私のバックルは合金にする際の金属の比率が異なるせいか、黄色みがかっていません。
 いずれにせよ、洋銀は真鍮より硬質であるため、加工が困難かもしれません。
 でも、私は銀白色の金属が好きです。

シンプリシティーのムーブメントは銀白色のジャーマンシルバーでした。  
今度、来店される時、お持ちの洋銀のバックルを見せてください。
ベルト出来ていますよ。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2006年5月 4日 19:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小さなちいさなダレスバッグ」です。

次のブログ記事は「設営禁止場所でのキャンプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。