« ゴールデンウィークのル・ボナー | ホーム | F夫妻のローマ »

2006年5月10日

キーホルダー  ル・ボナー

ベルトキーホルダーウエブ.JPG
20年近く作り続けているキーホルダーです。
ル・ボナーの商品の中で、買いやすい値段の商品ですが、ル・ボナーを特徴付ける技術を盛り込んで作っています。いせ込み、斜め漉き、コバ磨きなど。ナスカンもニッケルメッキではなくて、クロームメッキで仕上げています。
私にとって思い入れの強い小物です。それ故、名前もル・ボナーと付けてます。

一番厚みのあるところで6ミリ強あるのですが、その厚みを感じさせないで、質感は残す工夫をしています。

同じタイプのベルトキーホルダーは他のブランドからも出ています。
でもル・ボナーのベルトキーホルダーは比べると手をかけて作っていることを、解っていただけると思います。
シンプルな小物ですが、ル・ボナーの技術の多くを入れ込んだ一品です。私も愛用しています。

私は物の良し悪しは、値段の高い安いとは関係ないと思っています。
作り手の思いが入っていて、買う人がそれを感じれれば、良い物だと思います。
マーケティングや宣伝力から作られたモノは、消耗品で、飽きてしまいます。
いっぱいなくてもいいから、心を感じれる物たちと一緒に過ごしたい。作ってゆきたい。

Fポーチ.jpg

10年近く前に、特注で作ったポーチがハンドル交換で戻ってきました。
本体はシャークスキン(サメの革をヌバックのように起毛させたもの)で、ハンドルなどの部品はオーストリッチを使って作りました。
シャークスキンはまだまだ現役ですが、オーストリッチの部分が弱い。毎日ご主人さまのお供をして、この状態なら合格点かな。
ハンドルその他を交換して、綺麗にお手入れしてあげれば、このポーチ、毎日使ってもあと10年は大丈夫でしょう。出来れば、何個かのポーチを交換しながら使っていただくと、一生ものですが。

このポーチの持ち主は、ここにお店を出した14年前からのお客様で、爽やかで魅力的な人です。
彼が驚くほどに、綺麗な状態に復活させてみせます。

コメント(1)

このキーホルダーをいただき、愛用しています。とても気に入っていますので、松本さんの思い入れを知り、ますます愛着がわきます。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2006年5月10日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴールデンウィークのル・ボナー」です。

次のブログ記事は「F夫妻のローマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。