2006年9月アーカイブ

2006年9月30日

ハミの万年筆

ハミ万年筆uebu.jpg

美しいモノみつけました。ハミは若い頃から持っていた万年筆への憧れが、カバンと万年筆の陽気なコレクター、古山画伯と知り合ったことで興味津々。ハミにとって面白いモノ見つかったようです。
万年筆は特別な文具です。作った人の思いが隅々まで感じられて、使う時使う人をも、シャキっとした気持にさせてくれる文具です。

数日前、私は用事のついでに、ナガサワ文具店に立ち寄りました。目的は古山画伯が言っていたデッドストックの加藤製作所カンパニーのセルロイドの万年筆をハミにプレゼントするため。ナガサワ本店の万年筆売り場は静かで居心地の良い空間で、気持ちの良い接客もあいまって、特別なモノを買う心地良さがありました。

ハミは大変喜んでくれてニコニコ。ナガサワでペンクリニックがあると聞いて、ペン先調整のため加藤製作所カンパニーの万年筆を持ってナガサワに出かけていきました。ついでに細字の万年筆を購入して調整してもらうことに。

細字の万年筆は定番中の定番のパイロットの万年筆がいいのではと話し、ハミもそのつもりでナガサワに出かけて行ったのですが、選んだのは赤い金魚柄のセルロイドの中屋万年筆製。
2本とも大手メーカーの万年筆ではなくて、一本は大阪の、もう一本は東京下町の独立系を選ぶ事に相成りました。私たちらしい選択です。

ペン先調整は時間をかけて丁寧にしてもらったようで、ハミも満足、満足。時間をかけてペン先を調整してもらうと、所有者の書き癖を含みこんでなめらかな書き味になり、その人だけのための万年筆に変わります。その万年筆で書くことが楽しくなります。手があいたナガサワの万年筆売り場の店員さんも集まってきて見守る中でのペン先調整。万年筆について雑談交えて楽しい時間を過ごせたようです。

私も私らしい一本を調べて、購入を計画しています。今私が使っているのは1000円の ふでDEまんねん(これはこれで良い感じ)ですが、やはり良い仕事している一本が手に入れたい。
作り手の思いが伝わるモノはやはり良い。そんな仕事がしたいし、そんなモノを持ちたい。

2006年9月29日

ビーちゃんの夏眠明け

9,28ビーちゃん.jpg

昨日は久ぶりにビーちゃんを運転しました。
2ヶ月ぶりにビーちゃんでドライブです。始動一発とはいかなかったけれど、メキシコ製の1600ccのエンジンはうるさいほど元気な音を奏でています。
この1968年式のビートルが我が家に来て10年になります。問題だらけの車に手を加え続け整形美人のビーちゃんだけど、汗と涙の結晶。大事にしたいと思います。
ただビーちゃんの主治医、西土居モータースの古川さんが自動車整備の仕事をやめたらビーちゃんは手放します。絶好調のビーちゃんに変身したのは古川さんに整備をお願いしてから。古川さんなしのビーちゃんは考えられない。

9,28再度山.jpg

ハミとチャーを載せて再度山公園に鋭気を癒しに。
私たちはここが好きです。季節ごとに必ず訪れます。ここまでの山道も気持良い。
チャーも緑の空気を感じ始めると、忘れかけていた野生がうずくのかキューンキュンと興奮します。ここを訪れると必ず、売店の品の良いおばあさんが作る焼きソバと煮込みすぎたおでんを食します。静かな時間が気持良い。私たちの年齢になるとそんな時間が必要なのだとしみじみ感じます。ここには外国人墓地があり、神戸に生きたエトランゼが永遠の眠りについています。

神戸の中心、三ノ宮のトアロードを登りきって、15分も狭い緑につつまれた山道をドライブすれば、自然に包まれた別世界に行けます。すべてがコンパクトに収まっていることも地方の小都市、神戸の魅力です。帰路、トアロードのチョコレートのカファレルでお買い物。
その後、メツゲライ・クスダで自家製ハムを買おうか迷ったけれど今日はパス。
食べ物も、身の回り品もこだわったお店の多い神戸です。そんな神戸が好きです。

2006年9月28日

キューブシリーズ出来上がり

キューブたち.jpg

やっとできあがりました
8、9月と体調を崩し寝込んでしまうことが多く、大変遅くなりました。
お待ちくださったお客様方に、お詫びと共に感謝申し上げます。
トープと名付けられたグレーに近い色、光の加減で深みが変わり、不思議で上品な色のシュランケンカーフです。

2006年9月26日

ホンダ・ビート ドライヴィングインプレッション

ホンダビート.jpg
顧客の一人で、愉快な車好きの方がおられます。ベンツ500Eなんていうモンスターを筆頭に5台お持ちなのですが普段の足はホンダ・ビートとスバルR1です。

そのビートを運転してみました。これがすこぶる面白い。
エクステリアには目をつぶって運転席に座ってみると、もう立派なスポーツカー。ドライヴィングポジションも低く包まれ感があり、私の憧れるコックピットなのです。NSXのコックピットをコンパクトにした感じと私には写りました。
私的には、インテリアがマセラティ・クーペのように革で包まれていたら、もう完璧。至福の空間です。そんな改造をビートでする人はまずいないだろうけれど。

ショートストロークのギアをローに入れてスタート。アクセル、ブレーキ、クラッチのポジションも軽自動車とは思えない良い感じ。このコックピットを軽の巾の中で作り出すため、助手席は完全に犠牲になっています。

走り出し各ギアーを思いきり踏み込むとF1のようなキーンというホンダサウンドを奏でながら気持ちよく吹け上がります。しかしスピードはそれに比べてやはり軽。だから安心。
コーナーではミッドシップエンジンが功を奏しているのか、気持ちよくクイックに曲がります。車幅を気にせずに走れるので、運転の下手な私でも緊張せずに走らせることが出来ます。
NSX、S2000より本田宗一郎を感じれると私は思いました。私は本田宗一郎が大好きです。

前に、購入したばかりの最新のランボルギニーに載ってこられた方がおられて、載せてもらったのですがこれはいけません。巾がありすぎるし、視認性が悪すぎて、私だと性能の1%も出せない感じで恐れ入ります。それに比べればビートは初めて運転する運転下手の私でも楽しくドライブ。見栄をはらなければ絶対ビートの方がいいと思う。比べること自体変だと思うけれど。

運転がそんなに上手じゃなくてお金をあまりかけずドライブする楽しみだけを求める人にはほんとに面白い車です。ただ高速道路を走るとただうるさいだけ。一般道だと巡航速度の中で目一杯楽しめます。保障は出来ませんが中古(しかない)で10万円台から今なら手に入れることができます。

私も欲しいと一瞬思いましたが、1,5人?しか乗れない車は非現実的です。
もし3台車が所有できるなら考えますが、それは宝くじでも当たらない限り有り得ない。ほんとに最高のおもちゃなんだけれど、、、、残念。

ル・ボナーに来店されるお客さまは、鞄好きだけではなく、靴好き、時計好き、車好き、万年筆好きなど色々なモノ好きの方がおられます。そんなモノ好きのお客さまと話していて、自分なりの哲学?をお持ちになってモノをチョイスしているお客さまのお話は面白い。

私がアルファロメオが欲しいと言い初めて何ヶ月経っただろうか。家族との交渉継続中。
現代の車の中で、これなら欠点も含みこんで愛せると初めて思った車なのだけれど、ハミと娘は許してくれない。やはりこれしかないと私は思うのだけれど。

2006年9月24日

古山画伯来店

手縫いショルダー.jpg
画家の古山さん が来店されました。前回来られた時より細身でお洒落になられたと大喜びのハミ。スケッチブックと一杯の万年筆。
万年筆とカバンの陽気なコレクターの古山画伯の今日のお供のカバンはフジイさんの工房で作った手縫いのショルダーバッグ。オール手縫いで仕上げられた独特の形状をしたカバンは迫力充分。刺激を受けます。お見事。

画壇の異端児、古山画伯の絵は不思議な魅力があり、いつかほしいね!と考えていることを画伯に話すと、カバンと物々交換しようとの画伯からの提案。私たちには願ってもないこと、喜んでその提案に乗りました。不思議なキャラクターの動物や人物がル・ボナーのカバンを持っている絵を描いていただけるそうです。ル・ボナーの店の壁にその絵が飾られる日が楽しみです。個々の基準で価値を認め合うから出来る物々交換は、現金を介するよりワクワクします。物々交換なんて大阪のミシン屋のオヤジと過去の遺物のような古いクリッカーとカバンを交換して以来です。

画伯は憂いでいます。多くのカバンをコレクションしていて、戦前の日本で作られたカバンたちが素晴らしいことに気づくのだけれど、その技術が現在に継承されずにきている。
大正時代のボール紙を革で包み込んで手縫いしたトランクは100年近くの年月を経た現在でも使用に充分耐える状態で残っている。トランクの元祖の国イギリスのモノは現存するモノをあまり見ない。日本の手をかけた技術がいかに素晴らしいものだったかを日本の大正時代のトランクは物語る。
そういう技術を戦後の鞄業界は大事にしようとしなかった。何処の国でもよく似たようなものだけれど、日本もまた鞄職人の技術の継承に資金を投入せず、職人が日本で枯渇しそうになるると、海外に工場を作りその場しのぎして、利益追求に邁進する。鞄作りも他業種の多くと同じように、日本国内での作る現場の空洞化が進んでいます。そこのところを今のうちに声高に発言していかないと、ほんとにいなくなってしまう。鞄作りをしている私もそう思う。鞄を作るという仕事は楽しい行為です。楽しいだけではすまないけれど、若い鞄職人が多く育ち刺激を受けながら新陳代謝を繰り返す業界になってほしい。

そんな話をしながら楽しい5時間ほどを過ごし、古山画伯は帰ってゆきました。

2006年9月22日

返したらご覧のとおり

表キューブ.jpg
今日メールがあり、昨日の写真に写っているのは何かと。
食卓にて夫婦の論争?になったそうです。ご主人は新作の鞄だと主張し、奥様はキューブの内側でしょうと。正解はご覧のようにキューブでした。
内縫いの鞄は昨日の写真のように裏返した状態で組上げ、返して、後は取っ手をつけて完成です。

週に一度の休日返上でハミががんばって組上げていました。私は夜の戦い(趣味の囲碁)のために、頭をクリアーにするためチャーとお昼寝。その甲斐もなく昨夜は3戦3敗。

厚みのある内縫いの鞄をしわを出さずに返すのには、コツと力が必要なので私の仕事です。
エルメスの工房の映像を見たことがあるのですが、内縫いの返しは、体格の良いおばさんが太い腕で、ヘルメットのような丸いトップの大きな角のような道具に沿わせて一気に返していました。エルメスには返しを専門にする腕太のおばさんがいるみたいです。

隣の外資系企業に勤める若い女性社員何人かが店の前を通りすぎる時、返す前のキューブ・ボストンのプリーツのポケットを見て、鞄前面のデザインと思ったのか可愛いー!と。
このプリーツのポケットは出来上がると内側に隠れて、オーナーになった人だけが見ることの出来るドラエモンのポケット。

今回は大部分注文品。その中に水色の本体に付属の一部がライトグレーのコンビのキューブがあります。コンビの配色の鞄は、実際のところ作ってみないとどんな風になるか分かりません。出たとこ勝負。今回は良い感じで収まったかんじです。
取っ手を手縫いで取り付ければ完成です。

2006年9月21日

独立系鞄職人の独り言(3)

うちぬい.jpg

私たちはひと世代若い独立系鞄職人の日下さんご夫婦と親しくさせていただいています。
日下さんご夫婦は、札幌で鞄作りをされています。一度神戸に来られ、そのやわらかな人柄に好意を持ち、メールその他で今も交流をつづけています。
日下さんの友達で同業の鮎藤さんという方が工房兼ショップを新宿にオープンしたそうです。
日下さんに鮎藤さん、と川口で鞄作ってられるGOさん。横の関係で長く仲間(同志)として付き合えていいなーと思います。

利害関係のない同業の仲間が居てくれるのは心強いものがあります。
独立系鞄職人は、個性の強い人が多いので、孤立しやすい。個々の個性を尊重し、その上で交流が持てれば良いのだけれど、なかなか難しいことです。

私は独立系鞄職人として鞄作りをしていますが、既存の鞄業界にも関わり続けているので、中途半端なポジションに居ます。ただ両方を経験しているので、両方の魅力や問題点が少し見えています。

プロとして独立系鞄職人を続けていく時、教室やオーダー中心の鞄作りになってしまうのはしかたのないことだと痛いほど分かるのですが、自分らしいオリジナルの鞄を出し続けて欲しいと思う。そしたらなんて楽しことだろう。お互い切磋琢磨して刺激を受け合って。

私の一つの夢は独立系鞄職人の同志が一同に介して、展示会を開くこと。それぞれの自信作を持ちよって展示会を開くことが出来れば、一人ひとりは小さくても集まればパワーを持ち、話題性が生まれ、評価されると思うのです。
参加条件は、鞄作りを生業とし、自分の手で作った鞄。そんな文化祭をやってみたい。
横のつながりで、多くの独立系鞄職人の交流があれば、なんて素晴らしいことでしょう。

2006年9月19日

太ダレス裁断中

ムスタング.jpg
現在、定番の太ダレスの裁断中です。
今回太ダレスは12個作りますがメインはブッテーロを使ったモノですが、デッドストックの良き時代のイタリア、フラスキーニ社のカーフ、ムスタングと、今ボックスカーフでは世界ナンバーワンの出来だと私は思っているドイツ、ペリンガー社のクリスペルカーフでも作ってみます。

フラスキーニ社のムスタングは生後六ヶ月のカーフをマットな感じで仕上げています。今回はベージュ色のモノを使いますが、カーフなのに半裁です。普通カーフは下の写真のクリスペルカーフのようにお腹で割いただけの状態なのですが、作業が楽だからと半分にしてなめしています。そういったところ、イタリア人はいい加減です。でもなめしは素晴らしい。イタリアンカーフ独特のしっとりしたきめ細かななめしは現在のイタリアのクロームなめし革ではなかなかお目にかかりません。

クリスペル・カーフ.jpg

クリスペルカーフは生後3ヶ月までのベビーカーフを使い、ボックスカーフに仕上げています。
クロームなめしの牛革では最高とされているのがボックスカーフです。カールフロインベルグ社のボックスカーフがドイツ本国で生産されなくなってからほんとに素晴らしいボックスカーフは見れずにいましたが、この革は素晴らしいボックスカーフです。
何度も繰り返しなめされのがわかる、ゴムのような跳ね返りが感じられる質感。染色も深みがあり独特の光沢を見せます。タンニンなめしの革とは違うクロームなめしなりの独特のなじみを将来見せることを約束してくれる上等ななめしです。
でも値段も素晴らしく高い革です。コードバンより高いのです。イギリスのブライドルレザーの倍近くする値段。なかなか定番の革として使うには躊躇があります。

今こうして良い革、好きな革だけを使ってカバン作りが出来る環境に居れて幸せです。
この2種類の革以外は私の大好きなブッテーロを使って作りますが、その中の一つは青のブッテーロに黄色の糸を使って組上げます。去年もネイビーのブッテーロで太ダレスを作られた、神戸生まれで今は転勤で東京に住んでおられるモルトウイスキーと葉巻の香りを愛するNさんの注文。神戸人はシックな中にも綺麗な色を加えるお洒落を好みます。そんな太ダレスに今回はしたいとの希望でこの配色の太ダレスです。どんな太ダレスになるか、私も楽しみです。

裁断が終わったら、漉屋さんに厚みを指定して割ってもらいます。私達はいつも割り漉きは大阪の山西さんにお願いします。今まで何軒かの職人さんに割り漉きをお願いしてみましたが、山西さんが一番私達にはあっています。小物用の繊細な漉きも丁寧だし、独立系の私達の少ない量の仕事でも嫌がらずしていただけます。感謝しています。
その間、月に一度のベルトも今回は多いし、最終サンプル作りもせいています。オーダーも何点かあるし9月後半から10月一杯今年で一番忙しい時期になりそうです。気合をいれてがんばりまーす。

2006年9月17日

N氏のフィレンツェ

カバン職人ジーノさん.jpg
ライターのN氏が現在ヨーロッパ取材旅行中です。
スイスでの時計取材は2日間で、7日間フィレンツェで時計と鞄、靴などの工房の取材です。
フィレンツェで時計の取材って何なのか分からないけれど、鞄、靴の取材とは、私のイタリア旅行のためににはグッドタイミング。帰国したら来てくださるそうなので、その時色々なイタリアの情報をN氏から聴いて、初めてのイタリアを充実した旅にしようっと。

今回フィレンツェから届いたメールに添付されていた写真は17歳からこの仕事をしているジーノさんの革を裁断している写真。
フィレンツェの市内の古い建物は大型の革裁断機の重量を支える床の強度がないため大規模な鞄工房は郊外に移っていて、小さな鞄工房しか残っていないそうです。
ジーノさんは手断ちです。珍しいのはカット台の下敷きに錫の板を使っています。
現在革を裁断する時に使う下敷きは世界共通、硬質ビニール板を使うところが多い。
フィレンツェの鞄職人はみんな昔はこの錫板を使っていたそうです。

フィレンツェでは何軒かの鞄の工房を訪問したいと考えています。
私が日本の鞄職人であることを伝え、作った鞄を持って行って見せると、歓迎してくれるそうです。鞄職人同士言葉は伝わらなくても以心伝心新鮮な感動を感じれる時間を過ごせる。
鞄職人だから経験できる特別なフィレンツェを味わって来ます。

ところでN氏。またまた面白い時計のストラップを今回の取材旅行では見つけてきたそうです。来神された時に何点かの面白い時計と一緒に見せていただくのが楽しみです。
ライターのN氏のモノを見る目は面白い。値札やブランド名は見ずに、今まで多くのモノを見てきた経験と知識を基準に選択する。その眼力に私は共感する。
今回のフィレンツェでは色彩鮮やかなシルクのスカーフ。値段は5ユーロだそうです。安い。私も土産で買ってこようっと。ただ訳ありだそうですが。

フィレンツェの夕暮れ.JPG

フィレンツェのアルノ川の夕暮れです。
私ももう少ししたら同じ風景を実際に見れます。

2006年9月15日

9月の休日

9月マリンパーック.jpg
昨日の休日は秋の爽やかな風を感じる静かな休日でした。
朝、六甲アイランドの一周5キロの遊歩道を、チャーを連れてハミと2時間かけてゆっくり散歩。歩道沿いには萩の花が可憐に咲き、オリーブの実がたわわに実ってます。
島の南端マリンパークで釣り人を見ながらのんびり一服。

東京から離れた神戸に居てよかったと思う。
鞄業界の多くの人と知り合った東京。狭い業界だけにその知り合った人たちと万華鏡のように複雑に絡み合う東京人間模様。商売をするには東京がいいだろうけれど、私はもう戻らない。神戸で静かに夫婦二人でカバンを作っていようと思う。
時々聞こえてくる雑音はあるけれど、思い出は良い形で心に残したい。

散歩の途中お店に寄ってメールのチェック。親しいお客様からの何通かのメール。
その中にエルメスの立命館大での経営理念についての講演の内容を参考にまでと添付していただいたものがあり熟読。大グループに加わった多くのブランドがグローバル化の流れの中で目先の利益を求めて利益最優先の経営をしなければならない中、エルメスの経営理念はヨーロッパのモノ作り文化を守り、職人の技術を後世の時代に残すことが最大目的という考えだと。私はそんな考えを持つエルメスが好きです。豊かだと思う。

夕方からはシェラトンホテルで囲碁。私もやっと1級の仲間入り。このままスムーズに初段になれるといいな。初段になれれば囲碁はそれで充分。あとは美しい碁が描ければ満足。
勝ち負けよりも、気持ちの良い戦いがなにより。とは言いながら、今日は3戦3勝、ニコニコしながら家路につきました。

2006年9月13日

30代前半、不遇の時代

枠ボストン.jpg
        30歳前半頃作っていたフレームトップのボストンバッグ

私は20代後半初めてのお店を聖跡桜ヶ丘に持ち、ほどほど順調だったのに、さらなる野望に燃え高級住宅街で有名な世田谷の成城駅前にお店を出しました。それが大失敗で、全て失いました。その後も何度か野望に燃えては失敗を繰り返し、やっと50歳になって落ち着いたかなという感じ。ハミは私が変な野望をまた抱かないかと今でも気は許していません。

その最初の失敗は、私たち夫婦に2人目の子供が産まれ、ハミが仕事から離れていた時に起こした私の暴走だったのです。その後、借家の庭に8畳ほどのプレハブを建て、そこを仕事場にしてオリジナルの鞄の卸で再出発をはかりました。しかしこれがなかなかうまくいかず、家庭経済は悲惨な状態になってしまいました。今ならネットでの販売とかあるのでしょうが、その頃はまだインターネットが世の中に普及していませんでした。

その時、この窮地を脱するには、私が体力勝負の副業をし、ハミが子育てしながらカバンを作り、私が副業の余った時間手伝うという案でした。
私が選んだ副業は自動車工場の期間従業員でした。拘束時間の割りに賃金が良くて、六ヶ月働くと失業保険もついてくるのです。夜勤の時は昼カバンが作れて、その営業にも行ける。睡眠時間が人間には必要だということを考えずに、これで経済危機を脱することが出来る素晴らしい妙案と自画自賛。

実際に自動車工場で働き出して、現実は厳しかった。
わたしに与えられた仕事はプレス機でボンネットを成型して部品をそれに取り付けること。結構重いボンネットを抱えながら作業はつづきます。
あの頃、毎日朝起きるとボンネット掴むような形で指が固まっていました。指をほぐすのが毎朝の日課でした。指がこるという経験はあの時しか経験したことはありません。

六ヶ月働き辞める時、また働きにおいでと言われましたが二度と行く事はありませんでした。私はその時、分かったのです。自動車工場で働かされたレベルでカバン作りをすればなんとかなると。しかし人間は強制されてするのとは違い、自主的にやるのは難しい。それでも天職としたカバン作り、がんばらねば。それから朝8時から夜中の2時までカバン作りすることで、我が家の経済危機を乗り切りました。今では想像出来ないほど、あの時はよく働きました。

工場の夜勤明けの朝はそのまま寝ずにキャンプへ。8時から夜中の2時までカバン作っていた時も、納品できた後にはキャンプ。いつもその時には、11歳年下の仲間の誰かがが一緒だった。貧しかったけれど、仕事も遊びも体力限界まで使っていた。あの頃に戻りたいとは思わないけれど、よく働きよく遊んだあの頃を思い出すと懐かしい。

キャンプ仲間.jpg
     一緒に遊んだ11歳年下の仲間たちとの貧乏キャンプ

2006年9月11日

新聞会館とかつ丼吉兵衛

新新聞会館.jpg
今日は新しくパスポートを申請しに三宮にある旅券事務所に。
ビルの高層階にある旅券事務所の窓から、昔新聞会館のあった場所に新しく建ったミント神戸というビルが見えました。旧新聞会館とは似てないと思うのだけれど、なぜか旧新聞会館を思い起こさせます。
阪神大震災で壊れるまで、三宮駅のホームから見える風景の一部としてあの少しぼろいビルは大事な存在でした。

私が10歳の頃始めて、県の公務員をしていた親父が神戸に連れて来てくれました。その時の記憶は強く残っています。但馬の田舎で育った私はそれまで年末に姫路に買い物に連れて行ってもらうぐらいで、神戸には行った事がありませんでした。三宮の駅に着いて最初に目に付いたのが旧新聞会館でした。それ以来なんのヘンテツもない雑居ビルの旧新聞会館を目にすると、神戸に来たという気持ちになりました。
初めての神戸の時、親父は栄町あたりの外国の船乗りさんが多く利用するタバコの煙がたち込める酒場のようなレストランに連れて行ってくれました。その時初めて外国の空気を感じました。
あの頃の神戸の空気は薄れましたが、今も残っています。趣味人の大人のワンダーランドとして。

sugimoto.jpg

パスポートの申請を終えた後、急ぎ一駅先の杉本酒販へ徒歩で。
ここは酒販と名乗っているのにメインはタバコ。神戸一葉巻を揃えています。愛煙しているダビドフの葉巻をきらしていたのでまとめ買いです。途中何軒かのお店に立ち寄りたい衝動にかられながら急ぎ足で杉本酒販に一目散。今回はちょっと太めの葉巻も何本か入手。

yosibei.jpg

最後に今日の最大の目的、かつ丼吉兵衛で昼ごはん。このお店いつも行列して並んで待たないと食べることができない人気のかつ丼屋さんです。ここのかつ丼は大変旨いのですが、それ以上に店主の手際の良い仕事を見ているだけで楽しいのです。吉兵衛の店主のかつ丼を作る時のスピードは神業です。その無駄のない仕事ぶりを見ているだけで、帰ったら仕事がんばるぞーという気持ちにしてくれます。並600円で充分お腹いっぱい。950円のだぶるを一度頼んだことがあるのですがこれは相当な大食漢でないと厳しい。

あーいけないいけない。神戸の中心地に来てしまうと色々なお店に立ち寄りたくなる。神戸にはまだまだ私が行ったこがない本物の名店がありそうです。一駅分歩いただけでも魅力的なお店をあちこちみつけられます。街歩きが楽しくなってしまう街、神戸です。
神戸にも街を見守る天使たちが居る様に思えます。

2006年9月 9日

青砥の名人

顔料仕上げ.jpg

染料仕上げ.jpg
丁寧なコバ処理。顔料仕上げ(上)と染料仕上げ(下)。丁寧な処理をしたモノだと違いを見極めるのは素人の方では難しいと思います。


私たちのように小ロットでカバンを作る職人は独立系の職人かサンプルを専門にしている職人ぐらいで、大部分の鞄職人は多くの数をまとめて作ります。工場でなく個人の工房でも最小30個、普通100個ぐらいをまとめて作ります。
数をまとめて作る場合集中力の持続と合理的な生産システムが必要です。
特に集中力の持続というのが私には不得手で、丁寧な仕事をする量産職人の人を尊敬しています。

そんな量産職人の中の名人が東京の下町、青砥に居ます。
その名人は私より少し年上で非常に頑固な職人です。どんなによい工賃の仕事でも、自分の手を汚す仕事と思うと受けません。量産職人の場合、工賃×数が収入のため、いかに名人と言えども仕事を選り好みしていると収入はそんなに望めません。

数年前に、老舗鞄問屋のカバンで亀のようなデザインのものがありました。腕のよい職人を多く擁する老舗鞄問屋でも、この亀カバンは美しく組み上げる職人は見つからず青砥の名人に声がかかりました。
みんながねをあげたと聞くと、反骨精神の塊である青砥の名人はやる気満々。苦労はしたようですが見事美しく組み上げました。当然工賃は名人の言い値のため、その亀カバンはヨーロッパの高級ブランド並の値段になりました。

基本的に青砥の名人は、メンズのコバ磨きのカバンを作ります。
コバの処理は顔料での仕上げなのですが、その仕上げの美しさは他の追随を許しません。表面張力と熱ゴテによる仕上げはまるで漆器の塗りのようです。
30個ほどのダレスのコバ処理をする時は、集中力を高め一気に処理するそうなのですが、それが終わった後必ず熱が出て、そのあと1日寝込んでしまうそうです。
私は染料での仕上げが良いと考えていますが、青砥の名人は顔料仕上げの俺のやり方が本磨きだと言います。顔料仕上げだといくら美しくてもコバにのっかった顔料がいつかポロっと剥がれるじゃないですかと言うと、俺の魂の入った顔料磨きは絶対剥がれないと烈火のごとく怒ります。使い込まれた名人作のカバンを見ていないので、それ以上のコバ磨き論争はクワバラクワバラ。

量産職人は名人と言えども、デザインはしません。青砥の名人の作る鞄のデザインの多くは、日本らしい平凡な形の紳士鞄です。コバの美しさ、緻密なステッチの締り具合、手断ちでないと見ることの出来ない、革のパーツとパーツの連続性。そういった部分を感じ取れなければ、ただの平凡な鞄です。青砥の名人はどんなデザインの鞄であろうが、より美しく組み上げることに全力投球して、今日も鞄を作っています。

仕事をお願いすることは今のところかなわないけれど、今度東京に行く時にはお会いして刺激を感じたいと思っています。

2006年9月 7日

フラソリティープロジェクト始動

フラソリティー職人.jpg
http://www.flathority.com/
フラソリティー バイ ル・ボナープロジェクトの3社会議(そんなに大げさなものではないけれど)のため(株)猪瀬の3代目が来神しました。
カバン業界は個性的なキャラクターの持ち主が多くいる業界なのですが、そんな中(株)猪瀬の3代目は控えめでありながら、これからのカバン職人とメーカーのより良い未来を模索する好青年です。
東京から離れることが少ない猪瀬3代目はどんな服装でくるのかなと思っていたら、猪瀬さんの工房でお会いする時と同じカジュアルな服装。自然体でうれしくなってしまいました。

午後過ぎまで製作手順その他の打ち合わせをした後、大和出版印刷で3社会談?というのはオーバーで、親しくお付き合いしているのにまだ大和出版印刷の社屋に行った事がなく、ついでに最新の高性能の機器で武装した印刷会社だと豪語する若社長の言葉を確かめて見たかったのです。

若社長の関西商人風の喋り口調からは想像できない、洗練されたオフィス。応接室の家具は洗練モダンの極致、カッシーナです。OA機器、印刷機器も最新の高性能なもの。
それを若社長に印刷の仕組みといかに優れた機械かを熱心に説明してもらいながら見て回りました。
正直私たちはチンプンカンプン。でも会社を愛してる若社長の情熱は強く伝わりました。
レトロ趣味の私は,最新印刷機の横でけなげに頑張っている古い活版印刷機が一番心に残りました。

その後ホームページの構成とネット販売その他の煮詰め込み。
話しながら、若いスタッフとベテラン職人を擁する猪瀬さんと、若い才能が集う大和出版印刷の人たちと私がタッグを組んで、作り手から買い手まで全員幸せになれるクリーンな商いを創造したいと思いました。私の責任は重い。でもワクワクする。

夜は猪瀬さんと二人で、私のいつものパターン。絶品鍋の富で食事して、二人とも全然アルコールはダメだのにバー、パパヘミングウエーへ。
このバーは居心地が良い。お酒の飲めない私だけれど、心地良い時間を提供してくれる。
ノンアルコールのカクテルを作っていただき、葉巻初心者の猪瀬3代目に太いコイーバを勧める。40分ほどかけて二人して一服。店を出て歩き出すと、葉巻で少しふらつく。ほろ酔い気分ってこういう感じなのかなーと二人ヘラヘラしながら、夜風が気持ち良い。

2006年9月 6日

フルオーダー

9,5フルオーダー.jpg
今フルオーダーのカバンを作っています。
定番の形の色違い(イージーオーダー)の注文はお受けしているのですが、型紙から新規に起こすフルオーダーは古くからのお客様の注文をこなす程度です。
理由は、価格が上がってしまうという事と、お店に並べるカバンたちを充実させることが出来なくなるということです。

私たち夫婦がお店を持ちカバン作りを続ける本来の目的は、自分達を表現する手段なのです。
自分達を表現するカバンたちでお店を充実させなければ、お店を持っている意味がないのでは。
そう考え、定番かばんの充実に力を入れているため、フルオーダーをお受けする数を減らしています。

それでも、昔からのお客さまの注文は毎月何点かはあります。
そういった注文は、納期の制約を勘弁してもらい受けています。
今回オーダーされたお客様も10年以上のお付き合いになります。大学を卒業して就職される時、ル・ボナーのカバンを購入され、その後毎年ル・ボナーの製品を購入していただきました。
今は結婚されお子様が生まれ、一児のパパさんです。カバンを通じて、お客様の人生のプロフィールに少しお供させていただきます。

先日も、ここでお店をオープンした頃よく来店していただいたお客様が散歩がてら、久々にお顔を見せていただきました。背が高く、イギリス紳士風の着こなしは今も変わりません。
今年で85歳になり、もうカバンはいらなくなったと。たしかに古き良き時代のヨーロッパのカバンたちも多く持っていられてもういらないでしょう。仕事の関係で海外の生活が長かったその老紳士は、今は神戸らしいお洒落な85歳です。

私は、歳をとっても、元気にカバンを作り続けこのお店を続けたい。今親しくしているお客様たちが、カバンが必要でない歳になられても、顔を出していただきお茶のみ友達でいられたら、なんて幸せなことでしょう。

2006年9月 3日

Sご夫妻のシェルタリング・スカイ

砂漠.JPG
Sご夫妻が関東に紅いアルファで戻られて4ヶ月。突然の電話。これからドバイで夏休みだそうです。
ドバイ?、、、しばらくドコの事かわからず、中東、アラブ首長国連邦の都市であることを認識するのに時間がかかりました。

忙しい仕事の合間をぬっての夏休みを、暑い夏の日本からもっと暑い砂漠の国へ11時間超の旅。それも砂漠でキャンプです。海外旅行慣れしたご夫婦の夏休みは一味違います。

40度中ほどの気温の中、Sご夫妻は砂漠のキャンプ地めざして車を走らせます。
途中、車がスタッグしあせるご主人。車の中で涼しい顔で脱出を待つ奥様。
到着したキャンプ地は砂漠の地に塀で囲っただけのもの。
そこで涼しくなった夜にはベリーダンス見ながらの宴会、ラクダに乗っての散歩。
アラビアンナイト気分です。
寝るのも砂地に絨毯をひいてその上に日本でいう縁台のような簡易ベットにタオルケット。満天の星を見ながらのおやすみです。
送ってもらったCDロムに入っている写真を見ながら、私が想像したSご夫妻の砂漠でのバカンス。遠からず当たっていると思われます。

Sご夫妻のシェルタリング・スカイは映画とは違って、夫婦愛を深める旅だったようです。
仕事がハードで、神戸に居た頃よりやせたと言っていたSさん。ドバイのSさんは神戸に居た頃より太ってみえますが、そんなことないかな?

キューブのカップル.JPG

Sご夫妻の旅の友は、ル・ボナーのバッグたちでした。
機内持ち込みで、キューブ・ボストンの中サイズと小サイズの2つが、ご夫妻のように仲良く並んでいます。今回の旅先の日々のお供はパパス・ショルダーとクレールです。
ご夫妻のドバイ旅行の写真に写る、ル・ボナーのカバンたちが元気に活躍している姿を見て、作った私たちはニコニコしてしまいます。

ドバイ土産のなつめ椰子。栗のような食感で、干し柿のような味。初めて食べる不思議な食べ物。親しいお客さんと一緒に砂漠のオアシスを思い描きながら食しています。
なつめ椰子を味わいながら、何もない地に旅し無を楽しむのは旅の究極かなと思います。
上等な旅です。私はこんな終わりなき砂漠を実際にこの目で見ることはないでしょう。
 
最後にSご夫妻のドバイみやげ。ありがとうございます。
ドバイ土産.jpg

2006年9月 1日

新しくミシンがやって来ます

ミシン.jpg
ミシン屋さんにお願いして4ヵ月半、セイコーのTE-2が見つかりました。
今、サーボ付きモーターと一本足で組んでいただき、納入間近です。

私たちは、色々な皮革用ミシンを使ってきました。半回転片送り、全回転上下送り、総合送り。
その結果、私たちにはこの半回転上下送りのTE-2が一番相性が良いことがわかりました。
生地を縫う場合は、最新の総合送りが最善なのでしょうが、革を縫う場合、ステッチの締まり具合が大事で、TE-2は私たち好みなのです。絶妙なステッチの締まり具合と、手回しする時の楽さは最高のアームミシンと思っています。問題点は高回転で狂いを生じやすいということなのですが、そういう条件がうまれるのは大量生産の場合、私たちの今の生産規模であれば関係ありません。

しかしこのTE-2は、量産に適したミシンの開発という流れの中で、生産をやめてしまいました。そのため中古を見つけ出すしか手に入れる方法がありません。
このTE-2は見つかるまで4ヶ月半かかりました。ミシン本体以外は新品で、体力に自身がない私たち夫婦でも使い易いように組んでいただきました。
日本の名人鞄職人の多くも使っている、名機です。

今あるTE-2もサーボ付きモーターに変えてもらい、調整をお願いしてル・ボナーにはTE-2が2台になります。ミシンはこの2台と平ミシンが1台。ミシンはこれでもういいかな。
これでハミと私1台ずつTE-2を使うことになります。

このミシンを探して組んでもらったミシン屋さんは、神戸の下町、長田にある田中ミシンさんです。田中ミシンさんが神戸にあり知り合えたことは、私たちの幸運でした。
阪神大震災の時、神戸で一番の被害を受けた長田の場所で、工業用ミシンの販売、修理を続けられている田中ミシンさんは、ミシンその他鞄縫製に使う機械類の、ル・ボナーにとって主治医でもあります。
TE-2の、今ではメーカーでもストックしていない部品も、田中ミシンさんはストックしています。なので安心して古いミシンも使えます。

東京、神戸と鞄縫製用の機械を色々と、何軒かのミシン屋さんで買ったり修理してもらったりしましたが、今までで一番気持ちの良いミシン屋さんです。商いというより、売っているものに思い入れを持ち、その仕事に愛情を持って接しているのを感じられるミシン屋さんなんです。
田中ミシンのお店に行くと、美しく手入れされた工業用ミシンと70歳を越えた社長と奥さんの笑顔が迎えてくれます。何人かの職人さんが忙しそうにミシンを組んだり修理をしています。奥の倉庫兼社長の工房には再び息を吹き返してもらうのを待つ機械類が山のように眠っています。

私は神戸に来て、一生付き合いたい主治医の何人かに出会えて幸せです。
鞄縫製用の機械は田中ミシンさん。車は西土居モータースの古川さん。チャーはオタニさん。なぜか私の主治医は長田、兵庫という神戸の下町に集中しています。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。