« 吉宗さんの万年筆屋さん | ホーム | K社長がスーパークロムメッキの錠前持ってやって来た »

2007年5月18日

フューチャーマチックのベルト作っちゃいました

ライムグリーンのベルト.jpg

ルクルトのフューチャーマチックは完全にハミの時計になってしまいました。
今まで時計には全然興味を示さなかったハミなのに、この時計には夢中。
私の元にはもう戻ってくることはなさそうです。

そのフューチャーマチックのベルトを作ってみました。
休日を半日返上してハミのために作ったのですが、ハミにはただ作りたかっただけなんでしょうと言われ、そんな時間があるのなら注文のカバンを早く作ってよというお客様のお顔が浮かびます。でも作りたかったぁ~。

この時計を見た時に、直感的にシュランケンカーフのライムグリーンが思い浮かびました。
それから作りたくて作りたくてしかたなくなりました。ループはパワーリザーブの赤と黒が印象的なのでその2色を使い、手縫いのステッチはレモンイエロー。
フューチャーマチックにぴったしのベルトに仕上がったと自画自賛。

ライムベルト.jpg

ベルトの穴もハミの腕に合わせた一つ穴なので私の腕には巻けません。
こんなはずではなかった。私の三本目の時計になるはずだったのに。
アンティーク時計は面白い。このフューチャーマチックは私の年齢とだいたい同じ歳月の間時を刻んできた時計です。丁寧に扱わないと壊れそうな繊細さが、哀しげな美しさを醸成する。次世代まで残してあげたいと思ってしまう私です。

コメント(4)

ベルトが違うと、こんなにもイメージが変わるんですね。
この色はホント綺麗ですねー。
また、1つ穴なのがいい。
ハミさんオリジナルって感じで!
この時計はハミさんの腕に巻かれる運命だったんですよ、きっと!

kazubon さん
このフューチャーマチックは私より間違いなくハミに似合っております。でも本当に雰囲気を持った時計です。住職から聞いた神戸の時計修理屋さんにメンテナンスに持ち込んで育てていこうと思っております。

これは,スゴイですね。いい趣味です。いいなあ。

orenge さん
気に入っておりますが、私のモノではなくなってしまいました。トホホホ、、、今度知る人ぞ知る神戸の時計修理職人の工房に持ち込んでメンテナンスをお願いする予定です。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2007年5月18日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「吉宗さんの万年筆屋さん」です。

次のブログ記事は「K社長がスーパークロムメッキの錠前持ってやって来た」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。