« 残心使用方法 | ホーム | 今日の朝食はパニーノ »

2010年12月 6日

残心名刺入れが登場〜。

前回ブログにて公表した発売日をいつもの様に守れず、一日遅れでの発売開始です。昨日この残心名刺入れが店頭を飾っているだろうと来られた何人かのお客様を裏切ってしまいました。「蕎麦屋の出前じゃないんだから」と言っておられたお客様もおられました。誠に申し訳ありませんでした。いよいよ店頭に並びました。Pen and message.さんと分度器ドットコムさんでは明日からの発売になります。ただ今回発売する残心名刺入れはブッテーロ革タイプ以外です。ただ少し待って頂けるならば、ブッテーロタイプの予約もお受けします。ブッテーロタイプは12月中旬までには発売出来るか〜。


型押し使わずシュリンク加工だけで仕上げた本シュリンクの革はシュランケンカーフ以外現在あるのだろうか。そんなシュランケンカーフではライムグリーン、オレンジ、黒、ジーンブルー、ゴールド、ダークブラウン。税込6500円。


カーフ革の王様であるボックスカーフ系列では現在世界最高峰のクリスペルカーフではブラウンと黒。税込8000円。


残心シリーズの代表格・黒桟革では黒とブラウン。純粋オール日本製の日本的な美意識を表現した特別な革。税込9000円。

今まで登場した残心シリーズの折財布、コインケース、キーホルダーと同じ品揃え。この名刺入れも革の質感を十分伝える革小物に仕上がったと思っています。


私の持っている名刺の厚みで一カ所15枚程度収まります。なので30枚は収めて、頂いた名刺も別個に入れるスペースがあります。上部分の両側の3目のステッチが効いている。このステッチいれることで、入っている名刺が少なくなってもばらばら出て来たりしません。それでありながら出しやすい。この残心名刺入れで名刺交換する時の所作は爽やか新感覚。



この名刺入れもコインケース同様に、折財布にドッキングさせる事が出来ます。セッティング方法は前回のブログの動画を参照してください。ドッキングすればカードを収める場所が6っ箇所にバージョンアップした折財布に変身。


折財布とドッキングさせるための切り口利用してカード2枚収めるのも妙案。残心シリーズの特徴であるカードなどを収める切り口は、裂けないように端部分が力が分散する様にティアドロップ形状にしています。


名刺を収めて少し膨らみみせる外観が良いです。仲間の大和出版印刷さんが、万年筆の書き味に拘って作ったリスシオ・ワン紙の名刺サイズも入れて、この残心名刺入れてを下敷きにメモするのも、素敵ではないでしょうか。

残心ZANSHIN革小物シリーズは、今年私が一番力を入れたプロジェクトです。でも完結するのは年越しとなってしまったようです。最終は桜の季節か。どうか皆々様見捨てず見守ってください。宜しくお願いいたします。

コメント(5)

okamotoさぁ〜ん。ごめんなさ〜い。スパムコメントがいっぱい来てて、一緒にokamotoさんのコメントも間違って消してしまいました。ライムグリーンの名刺入れお待ちしています。

全然OKですよ。
近い内に、伺いますね。
( ^ ^ )/

Re:ボンジョルノより

お待ちしております。
全部あの色で揃えてくださぁ〜い。

今でもこちらのシリーズはございますか?
ライムギリーンとオレンジ、とても気になりました。

Re: ボンジョルノ より

ブッテーロのオレンジの在庫はありますが、
シュランケンカーフのオレンジとライムグリーンは品切れ状態です。

彼へのプレゼントで、裏地に凝った名刺入れを探していてこちらにたどりつきました。

まだ注文は可能でしょうか。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2010年12月 6日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「残心使用方法」です。

次のブログ記事は「今日の朝食はパニーノ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。