« ZAGGのiPadケース | ホーム | 2010年もあと少し »

2010年12月24日

ボンジョルノのクリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。
私はクリスマスイブが好きだ。
山下達郎の歌を口ずさんでいる。
サイレントナイト オォ〜 ロマンチックナイト〜だったけ?。




そんなロマンチックなクリスマスイブまでの日々。
何人かの方からクリスマスプレゼント頂いたぁ〜。
常連客のF夫妻からはヴィトンの品。
ル・ボナーの店主にヴィトンの品はないだろうと包みを開けると、


またヴィトンのマーク入りのクラシカルな立派な箱。


その中身はアンティークなホテルのラベルの絵柄入ったポストカードいっぱい。ヴィトンでこういう品も売っているのかと感心する。そしてブランドイメージの「旅」に沿ったこういうグッズも取り扱うルイ・ヴィトンというブランドの豊かさに感服した。ブランドがブランドであり続けられる理由のようなものを感じた次第であります。洒落ている。


ロンドンからイギリス紳士のご主人様と一緒に神戸に里帰りしているぴこりんさんからは、何と何と私の恋い焦がれた「スマイソン」の手帳を頂いたぁ〜!。この革張りの手帳は、私の少ない知識の中においては最も上等な手帳だと思い続けた英王室御用達の珠玉の一品。


薄い上品な手帳なのに100ページオーバーのページ数。それを可能にしたのが、極薄のフェザーウェイト・ペーパーを使用している為。この紙は万年筆での書き味も良い。その上薄い紙なのに裏映りしにくい。これは正に手帳のロールスロイスだとボンジョルノは思ったのだ。日本で購入すると消耗品だのに1万円〜。

実はリスシオ・ワン紙使った商品開発に使ってくださいと頂いたのだけれど、付け加えて私用でお使いになっても構いませんよというお言葉を見逃さなかった。そのお言葉通り私用にする事にしたボンジョルノでありました。でも畏れ多くて書けなぁ〜い小心者。


クリスマスイブの今日も、なぜかこのスターリングシルバーケースのジッポーをお客様からクリスマスプレゼント?で頂いてしまった。私は遠慮なく使わして頂く事にした。

皆様ありがとうござまぁ〜す。


そして私自身でもささやかなクリスマスプレゼントを自分自身にした。
分度器ドットコムさんで売っていたこのボールペン。


鎖を付けていつも仕事中ぶら下げて使い始めた。真鍮の経年変化が楽しみなボールペン。いっぱい筆記具持っているけれど、筆記具は面白い。ささやかな自身へのクリスマスプレゼントは税込1680円也。本当にこの値段だのに誰も信じてくれない。家族へのクリスマスプレゼントは立派な品を用意したボンジョルノですが、それに比べ何て謙虚な事でありましょうか。

ハミはハミで、60近いおばあちゃんだのに可愛い品色々。
私たちは老年迎えて皆々様に良くして頂きながら、
物心両面で幸せな日々過ごさせて頂いております。
そしてクリスマスイブの夜は過ぎて行く。メリークリスマス〜!。

コメント(4)

今日は お忙しい中 お時間を頂きまして誠にありがとうございました。

ジッポーのライターは、使わないとくすんでしまい可哀想で仕方なかったので、どうぞ使ってやって下さい。

購入させて頂いたパパス・ショルダーは、どんな風にエイジングして行くか楽しみです。

Re:ボンジョルノより

ありがとうございました。
早速オイルを入れて使わせて頂いております。

ミネルバボックスのエージングは楽しいですよ。
是非自分色に変わっていくのを楽しんでください。

ボンジョルノさん、ハミさん、メリークリスマス!
ポストカードは素晴らしい!粋です。憎まれ口ばかりのF夫妻、やるじゃないですか。 
スマイソンは消耗品です。もったいなくて使わないのなら、私が遠慮なく使って差し上げます。「の」という文字だけを書くにはあまりにもったいなさすぎる。
最後は、本当は¥28,000したボールペンですね?どうか家庭が円満であることを望まずにいられません。
私は女房に、ZANSHINのコインケース+札入れをプレゼントしました。とっても喜んでくれましたよ。「松本さんって凄い」ですって…。
でも、プレゼントは渡した時の相手の喜ぶ顔が、贈る側にとって最高のプレゼントになるもんですね。それは心がこもっていればいるほどに。
よかったね、ボンジョルノさん、ハミさん。

Re:ボンジョルノより

「松本さんって凄い」ですか。奥様はよく分かっていらっしゃる。是非一度ご一緒に来られる事を願っています。怖いのでしょう?色々〜。

そしてまたそんな事を皆で言うからハミに誤解されるのです。税込1680円也です。

スマイソンは誰にも渡しませぇ〜ん。

Merry Christmas!
どうぞご自身でお使い下さいませ…
個人的にはスマイソンに負けないリスシオ革張りノートに期待しているのですが。
主人の撮ったビデオのリンク、帰国後お送りいたします。
ロンドンでオレンジのディプロマを持ち歩いたら、周りの反応が楽しみです。
それでは、良いお年を!

Re:ボンジョルノより

スマイソンのような特別な手帳をリスシオ・ワン紙使って作るように働きかけてみます。当然表に使う革は、私のチョイスで。本当に素晴らしい手帳です。私物にさせて頂きます。ありがとうございました。

ロンドンでオレンジのディプロマ下げて颯爽と闊歩する姿を見たいです。神戸人のハイカラをロンドンの地で。

お世話になっております。
 私も、ボールペンと同じ“ミドリ・インターナショナル”のブラス製身蓋式のペンケースを持ってます。
 最近購入したので、これからの経年変化が楽しみです。
 あと、“MUCU”というメーカーのブラス製削り出しのボールペン(“P&M”さんの“TACT”に似てるカナ?)も、経年変化が魅力的です。

 http://mucu.jp/

Re:ボンジョルノより

そうなんですか。
オカザキさんは無垢の金属素材がお好きですよね。
MUCUのホームページ見て見ます。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2010年12月24日 21:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ZAGGのiPadケース」です。

次のブログ記事は「2010年もあと少し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。