2011年11月アーカイブ

2011年11月30日

「マーレ・リグリア」が来ちゃったぁ〜

万年筆愛好家・ボンジョルノ松本と言えばやはり「アウロラ85周年レッド」別名マダム・モニカ。その万年筆の美しさに魅せられて所有したいと願った。しかし販売価格157,500円は出せなかった。でも欲しかった。そしてこのブログで万年筆への愛と憎しみとを綴りながら、8万円までならいつでも受け入れ準備ありますよぉ〜なんて書き続けて待つ事1年半、ついにその万年筆を手に入れる事が出来た。その85周年レッドを入手するまでの1年半の間に、その万年筆入手がかなわぬ腹いせのように多くの万年筆が増えていった。入手出来た後はもう万年筆はこれで十分と一瞬思ったけれど、ビンテージの大海原へと足を進める結果となった。そんなボンジョルノ松本の万年筆趣味もこのところ他の物欲へ方向が向いていた事もあり、やっとこの分野においては平穏な日々が続いていた。

そんな時アウロラから「マーレ・リグリア」という85周年レッドと兄弟のようなフォルムのブルーの限定万年筆が販売された。レッドの二番煎じとしか思えないしレッドより細部が簡素化された仕様が、などと入手しない理由を並べて目を向けない事にした。限定480本というのもどうやら初回生産本数であって売れたので再生産したようだけれどそれは愛嬌と受け止めよう。でも実は欲しかった。ただやはりレッドと同じように販売価格134,000円が出せない。そして今回はレッドの時のようにブログで欲しい欲しいとは書かずに、来店された万年筆愛好家でこのマーレ・リグリアを入手された人たちに、6万円までなら欲しいなぁ〜とジャブを繰り出し続けた。そしてその地道な努力を1年ほど続けた結果、ついに昨日奇跡が舞い込んで来た。私の元へそのマーレ・リグリアがやって来たぁ〜!。

IMG_1915.JPG

そのアウロラ限定万年筆「マーレ・リグリア」がこれ。このブルーは本当に美しい。レッドより簡素なシルバーの彫りもこの絶妙な色合いのブルーには合っていると思う(入手かなう前は手抜きなんて言っていたボンジョルノでありましたが)。

イタリアの万年筆は偽りと危うさを内包しながらも美を求めいようとする。そんなイタリア万年筆らしさは南のブランドほど強い。北に行くほどまともになる。そのまともなイタリアの万年筆の筆頭ブランドがトリノにあるアウロラ。そのちゃんとしたイタリア万年筆ブランド・アウロラの定番万年筆たちは安心感と引き換えにイタリアらしさもスポイドしがちだ。そんな中限定という名の下に作る理不尽価格(私基準では)の万年筆たちはその両方を持ち合わせている。

IMG_1923.JPG

IMG_1921.JPG

今グリーンの3本挿しペンケースにはこのアウロラの3本が収まる事になった。いつかこの3本挿しペンケースにはシルバーの80周年が88の替わりに収まると完成型か。煩悩の数まではまだ余裕がある。スローペースで万年筆を楽しみましょう。それにしても原材料費を考えると私たちが作っている革カバンに比べて想像を絶する価格で万年筆は流通している。それを分かった上でも欲しいと思わせるモノの魅力の創出に感心させられる。それにしてもこのマーレ・リグリアのブルーは本当に美しい。85周年レッドの赤はそれ以上に美しい。

2011年11月26日

古山浩一「トレドの小道とクリスマス小品展」

%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%202.jpeg

古山浩一万年筆画伯が10月に行ったスペインで描いた水彩画を中心にした個展を、
西麻布のギャラリーで来週の月曜日(28日)から開催します。
古山画伯の絵に興味のある人は是非見に行ってみてください。
私もスペインの思い出に一枚欲しいなぁ〜なんて思っていますが、
この個展で売れちゃったら残念ですが買えません。
画伯は変ですが絵は素敵です。

%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%204.jpeg

その古山画伯と会うのも今回の出張の目的だった。
しかしこの個展準備もあって都合が会わない。
でも一緒に計画している企ての事を話し合わないといけない。
その為の苦肉の策が、昨日名古屋の絵画教室に行く画伯の乗る新幹線での1時間半の車中会議。10時20分発の「のぞみ」の自由席での真剣な打ち合わせ。

その時女性の車掌さんに「周りの片にご迷惑なので静かにしゃべってください」
と注意されてしまった。
イタリア旅行へ行った時の機内でも同じような事があったのを思い出した。
画伯と話しているとどうもヒートアップしてしまう。
どうも社会人として何かかけている二人のようだ。

2011年11月25日

やはり学士会館はいいなぁ〜

休日を利用して東京出張。
十分日帰りで済むのだけれど、
やはり東京へ来たのだから学士会館には泊まりたい。
ここは私にとって東京のワンダーランド。
昭和の時代にタイムスリップ。

PB250251.JPG

PB250252.JPG

PB250247.JPG

PB250253.JPG

PB250255.JPG

PB250249.JPG

神田神保町の学士会館にてブログアップ

2011年11月23日

ミネルバボックスのパパスが先に出来上がりました

IMG_1897.JPG

今年最後のパパス・ショルダー生産中ですが、定番のミネルバボックスの3色が先に出来上がりました。今回はいつもの倍の数を生産している為時間がかかっております。シュランケンカーフのパパスをご注文して頂いているお客様はもう少しお待ちください。12月中頃にシュランケンのパパス・ショルダーはライムグリーン、スカイ、ネイビー、ゴールドの4色で登場予定です。

今年はこのショルダーバッグを2ヶ月サイクルで作り続けた。ル・ボナーの製品の中で最も売れました。正直に言うと神戸の離れ小島の人影まばらな街にあるル・ボナーの店舗だけではこんなに売れはしません。やはり唯一ル・ボナー以外でも販売してもらっている東京銀座の「C.O.U.」さんが大きい。関東地域のお客様たちにも実際に見て触って購入して頂けるようになった事で、パパスショルダーは全国区となりました。これからも作り続けていくル・ボナーの定番です。

IMG_1903.JPG

IMG_1906.JPG

IMG_1909.JPG

グリージオ、タバコ、コニャックの3色。
コニャックはご注文頂いていたお客様のお取り置き分と今日店頭に並べたと同時に売れた為残り一個となりました。コニャック色をご希望のお客様は東京銀座の「C.O.U.」さんの方へお問い合わせください。

このショルダーバッグを私は使い続けております。良いです。
税込み52,500円で好評発売中。シュランケンのパパスはもう少し待っていてくださぁ〜い。

2011年11月21日

寄り添い愛着感じる「ネコリュック」

欠品状態がしばらく続いていたネコリュックが久々店頭に並びました。
このリュックは30年以上前に作り始めたカタチです。
少しづつ変更改良を加えながら多くのお客様に支持され続けています。
今回は4色での登場です。

IMG_1862.jpg

スカイ色のネコリュックはハミも使っていて、淡い浪漫を醸し出します。

IMG_1863.jpg

カラフルなシュランケンカーフの中でも最も発色が素晴らしいライムグリーン。

IMG_1868.jpg

バイオレットは落ち着きある紫。

IMG_1870.jpg

今回黒では付属もステッチもオール黒。
良いのではないでしょうか。

IMG_1881.JPG

後ろ姿も絵になります。
背中に触れる部分にファスナーの入り口とポケットがあるので、
ル・ボナーのバッグでは珍しくナイロンジップ。
ショルダー部分も数年前までブッテーロ革の一枚仕立てだったのを、
本体に使っているシュランケンカーフの2枚貼り合わせに変更したので、
より背負った時のフィット感が増しました。

この可愛いネコリュックは税込み33,600円。

2011年11月19日

21金ペン先の「ふでDEまんねん」

今年になって現行品の万年筆は買っていなかったと思うけれど買っちゃった。
スペイン旅行中にもらった1,050円のふでDEまんねんでスケッチしたら面白いじゃないですか。
そしたら急に21金ペン先のタイプが欲しくなった。
そしたらその万年筆は向こうからやって来たぁ〜?。

R0015061.JPG

R0015064.JPG

21金ペン先です。
思ったより柔らかさは感じないけれど鉄ペンのふでDEまんねんとは全然違う。
抜群のセーラーのペン芯が生み出すインクフローの良さも手伝って、
この独特のペン先で書くとインクいっぱいいるのに、
インク十分追いついて滑らかな書き味。これは面白い。

R0015066.JPG

この万年筆の軸の意匠はあまり好みではなかったので革巻きする予定にしていたけれど、
このダークグリーンの色が凄く気に入ってしまったのでやめた。
静岡の文房具屋さんの限定カラーの品らしい。
この万年筆面白いです。

2011年11月18日

3年目のダイアリーカバー

IMG_1760.JPG

盟友・大和出版印刷さんが万年筆の書き味に特化して作ってしまった紙「リスシオ・ワン」。その紙を使った四角いダイアリーノートも3年目を迎えました。紆余曲折色々あったけれど3年続けられました。継続は力なりと感慨を持って思うボンジョルノでありました。そしてそのダイアリーノート用の四角い革カバーの制作も同様3年目を迎えました。

R0015080.JPG

まずはシングルタイプ。
シュランケンカーフではパールグレー、アイリス。
少し遅れて黒とライムグリーンでも。
税込み12,600円。

R0015082.JPG

クリスペルカーフでは主に黒で赤ステッチとブルーステッチで。
上等です。税込み14,700円。

IMG_1754.JPG

大和出版印刷さんのオンラインショップ用に今回は、
カーフの型押し革の「ノブレッサ」3色。
赤とライムグリーンとダークグリーンで。
税込み12,600円。

R0015081.JPG

今のところル・ボナー限定販売はこの黒桟革の黒とブラウン。
税込み14,700円。

IMG_1762.JPG

ダブルタイプも少し遅れて明日から販売予定。
この写真を撮った時はまだコバ処理が出来ていなかったけれど、

IMG_1798.JPG

完成しました。そして送り出したところです。
ダブルタイプは少し贅沢な革カバー。
クリスペルカーフの黒では赤とブルーのステッチで。税込み21,000円。
シュランケンカーフではアイリスとバイオレットで。税込み18,900円。

2011年11月15日

ブッテーロ革の魅力を再認識

イタリア・ワルピエ社という小さなタンナーが作っているブッテーロという革は、フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を100%タンニンでなめした革で、その革に植物性のオイルを加えている。傷とかが目立ちやすい欠点はあるけれど、極めて復元力を持った革です。使い手のお手入れ次第で使い込んで愛着を強く感じる事の出来る革です。

IMG_1764.JPG

ル・ボナーきってのブッテーロお手入れ名人のKさんが久しぶりに来られた。日々使って頂いているブルーに赤ステッチのブッテーロの太ダレスは益々清潔感のあるエージングが進化を遂げている。顔料やコーティング剤を表面に塗っていない革は使えば傷は出来る。Kさんの太ダレスもよく見ると小傷は発見出来る。でも磨く事でその小傷も全然気にならないレベルに治まる。

ビジネスで使うバッグは軽くて機能的で手間いらずなナイロン素材で十分だしその方が便利だと思う。しかし持つ事の楽しさや特別感は得にくい。Kさんのお手入れしてより豊かな表情を見せているこの太ダレスを見ると、革のカバンを作っていて良かったとつくづく思う。

IMG_1765.JPG

その太ダレスの中から出て来たブッテーロ/グリーンのデブ・ペンケースはその太ダレス以上に美しい光沢で革表面を覆いながら美しく進化している。日々使っていて無造作にカバンの中に入れているのにこの美しいエージングは、お手入れの効能なしには得られない。またそのお手入れにブッテーロという革は敏感に応えてくれる素性正しい革だ。

IMG_1767.JPG

使われている他のブッテーロ使った革小物たちも例外無く美しくエージングしている。ここまではなかなか難しい。実際私には無理だ。でも使う人全員にこの美しいエージングの可能性はある。

作るのに気を使わなくても済む2〜3年は傷つく事も気にしないで済む顔料やコーティング剤を表面に厚塗りした、革素材でなくてもいいような革が世の中に多く出回っている。でもそういった革は呼吸出来ないから2〜3年で革の生命力が尽きる。あとは老化が急速に進む。それに比べよくなめされた呼吸可能な革は使い込んだ年輪を残しながら長く生き続ける。そしてかけがいの無い相棒として寄り添う。ブッテーロという革はそんな相棒として寄り添うのに最適な革です。

2011年11月12日

「iMac」の帰還

アップル宣教師・K氏がアップルストアに持ち込んで頂いて診てもらった結果、
修理代と時間を要しそうなので、その夜自宅にて修復作業に着手。
ハードディスクからのデーターのバックアップに成功しiMacを初期化し、
深夜3時にノーマルな作動を始めた。
翌日ホワイトボディのiMacは48時間ぶりにル・ボナーの定位置に戻って来た。
そしてデーターを3時間ほどかけてインストールし、
再びル・ボナーのメインパソコンとして動き始めた。

IMG_1738.JPG

やはりこのホワイトボディー最終型のiMacがこの場所には似合う。
少し過去のマックの美意識を纏い、所有し使用する事の楽しさを与えてくれる。

IMG_1740.JPG

キーボードも美しい曲線を描くフォルムが秀逸。

IMG_1742.JPG

マウスもマウス(鼠)的で可愛い。

IMG_1743.JPG

美しくなければ駄目という故ジョブスの信念が感じ取れるカタチ。
これからもこのホワイトボディのiMacと少しでも長く一緒に過ごせたらと願っています。
Kさんこれからも宜しくお願いいたします。

2011年11月10日

愛しの iMac がぁ〜

ル・ボナーのメインパソコンのiMacが起動しなくなってしまった。データーのバックアップをしていないので、このままだとどうしよう。当然ボンジョルノは何もできない。こんな時は私をアップル信者に入信させたアップル宣教師・K氏に救いを請うのでした。そのK氏が昨夜愛車のベンツを走らせ来てくださいました。そして診て頂きましたが相当重傷のようで、アップルストアに持ち込み診てもらう為持ち帰ってもらった。ご迷惑おかけいたします。私は多くの人たちに助けて頂きながらなんとか生きております。感謝、感謝です。

ル・ボナーのiMacはホワイトボディーの最終型。
K氏から当時最新の状態にバージョンアップして頂いた品を格安で譲って頂いた。
このデザインがすこぶる気に入っていて、
このiMacを少しでも長く使い続けたいと願っている。

今夕K氏から連絡があった。今アップルストアに持ち込んで診てもらっているけれど、数日入院する事になったと。元気になって戻って来て欲しい。こんな風にパソコンを愛おしく思ったのは初めてだ。

R0015068.JPG

ホワイトボディのiMacが帰ってくるまで、ル・ボナーのパソコンデスクにはiPad。
普段の仕事ならこれでも十分。でもどこか居心地悪そうだ。
iPadでマジックトラックパッドは使えないみたい。

R0015067.JPG

最近入手したMacBookAirも大変気に入っているけれど、
一番のお気に入りはやはりホワイトボディのiMac。
この机の上にはあの瑪瑙のような質感のiMac が納まりが良い。
やはりタイムカプセルは必要だと思っている。

2011年11月 9日

二台のTE-2

PB080147.JPG

革カバンは革包丁で手漉きして手縫いで縫えば小さな道具だけで機械はなくても作れる。でもそれは趣味の範囲内での事で、仕事でカバンを作るには最低漉き機は必要で、オール手縫いしない場合はミシンも必要だ。この二つの機械さえあれば仕事になる。私はカバンを作る事を生業にしてから10年以上この2種類の機械のみで革カバンを作っていた。合理的に数を早く上げるには他にも色々な機械が必要ではあるけれど、ちゃんとした製品に仕上げる上ではこの2種類の機械があれば十分。

IMG_1716.JPG

特にミシンには愛着がある。私たち二人はこの1970年代に製造されたTE-2という上下送り半回転のアームミシンを使っている。前がハミ用で奥がボンジョルノ用。それぞれが使いやすいように仕様をアレンジして使っているので2台ある。今は中古でしか手に入れる事の出来ない半回転のこのミシンが私たちは好きだ。今は総合送りの全回転ミシンが全盛で、その方が便利で問題が生じにくく縫製もスムーズ。私も一時ミシン界のベンツと言われているアドラー社の最新の総合送り全回転のアームミシンを大枚叩いて購入した事があったけれど、どうもステッチがしっくり来なくて結局それまで使っていたこの古いタイプを再び使い始めた過去がある。でもこれは私たち二人の個人的な思入れであって、仕事で使うなら最新のミシンの方が間違いありません。デジタルカメラ全盛の時代に、フィルムで撮り続けるプロカメラマンと似ているかも。

IMG_1721.JPG

家庭用ミシンで使われている片送りだと革の厚みの変化に付いて行ってくれないから、押さえが2つある上下送りは最低限必要だ。ただ総合送りと比べると安定感は全然劣る。それと下送りのギザギザの痕が製品の裏に残るので敬遠される。

もう製造していないタイプなのでパーツは多めに持っている必要がある。特に押さえは縫いやすいように削って加工しながら用途別に使うので予備で持っていないと大変だ。

IMG_1720.JPG

それと純正の状態でなく後から付け加えたパーツはこの上部糸調節のパーツ。これは糸の上下のバランスをとるのにすごく助かる。その上上糸の絡みを相当減らしてくれる。

量産を久しぶりにやっていて、仕事が相当遅くなっている自分に気づく。最新の総合送りのミシンで縫うと少しは早く出来るのかななどと思ったりもするけれど、でもやはりこのTE-2で縫うのが楽しい。最後までこのミシンで職人を全うする所存です。

2011年11月 8日

マイブーム継続中のキャラクター

IMG_1690.JPG

我が家ではまだブームが続いている「ウサビッチ」。
今回は電動で踊る人形を入手した。笑いを誘う絶妙な動きをする。

PB060142.JPG

と思っていたらお客様がこんな品を持って来られた。
喜んで頂く事にいたしました。

その後この会社が登場させた「やんやんマチコ」も面白いし、
この会社の発想するキャラクターは、私たち家族の琴線に触れる。

2011年11月 7日

似た者同士で体調不良。

IMG_1725.JPG

ここの所 迷犬・チャーの体調が悪い。完全に鼻が詰まっていて呼吸困難に陥る。今日も仕事場まで一緒に散歩しながら行こうとしたら、鼻を吸い始めそれがうまくいかないで呼吸困難で地べたに伏せて動かない。それでしかなく1〜2分の車通勤。木曜日の定休日にはチャーの恐怖の館・オタニ動物病院で鼻をぐちゅぐちゅしてもらう事になるのかな。チャーも御年12歳を過ぎた。人間年齢だともう完全に老人。相当色々な部分にガタがきてもしかたない年齢。迷惑多く受けるけれど、可愛い奴です。

そんな風にチャーの事を心配していたら、ボンジョルノも今日は体調がおかしい。量産仕事に追われているのに困った事だ。それにしてもチャーと私は似ている。行動形態と性格がまず似ているようだ。そう言われて嬉しくはないけれど納得するボンジョルノ。その上体調すらも似た者同士の今の私たち。今日は生姜湯のんで早く寝よっと。

2011年11月 4日

革巻き ふでDEまんねん

IMG_1682.JPG

「ふでDEまんねん」は30数年前に万年筆の神様が台湾工場長時代に自ら曲げ、キャンディーのボディーに装着した試作品という歴史的な一品を持っているけれど、これは恐れ多くて使わずしまい込んでいた。というよりこのペン先の面白さが分からなかった。今回のスペイン旅行で40年ぶりぐらいスケッチをしてみてその面白さを実感した。線の太さを自由に遊べるこのペン先は面白い。

しかし定価1,050円の万年筆なのだから仕方ない事ではあるけれど、この軸とロゴはどうしても気に入らない。そこで革巻きしてボンジョルノ仕様のふでDEまんねんにする事にした。しかし両端が弾丸形状になっている軸の革巻きは今までうまく仕上げられずにいた。オール革巻きにを奇麗に仕上げるには革の素材が大事だと気づいた。そして今回はイタリア製タンニンなめしのバッファロー革を使ってみることにした。この革はカバンや革小物を作る時は、裏に伸びない芯材か革を全面圧着しないとびよびよに伸びてしまう厄介な革だ。しかしその欠点が革張りの場合は利点になるはず。

IMG_1708.JPG

IMG_1678.JPG

そして貼り終えた ふでDEまんねん革貼りバージョン。
これは良いのではないでしょうか。
弾丸形状のトップ部分もそれなりに収める事が出来ました。

IMG_1707.JPG

この成功に自身を得たボンジョルノは、前回弾丸形状の軸の革巻き挑戦で失敗作に終わり放置していたパイロットのプランジャー吸入方式の傑作・823も張っていた革をはがして再挑戦。こののびのびバッファロー革だとまるで最初から革巻きの万年筆だったと思えるほど奇麗に貼り込む事が出来た。これも特別な革巻きボンジョルノ仕様で大満足。

革巻きはボンジョルノらしい万年筆趣味。
そんな風に今ある万年筆の有効利用で静かに万年筆を楽しんでいるのでありました。
21金ペン先のふでDEまんねんがあるらしい。そのペン先に興味感じている。革巻き出来るか調べてから購入を検討しよっと。

2011年11月 3日

シュランケンカーフで色々

シュランケンカーフで作った定番品が一挙登場です。
シュランケンカーフという革と出会って、大きくル・ボナーは変わった。
これからもこの革で創り出して行きたい。創造力を刺激してくれる革です。

今回定番のレディースバッグ2型と財布の登場です。
まずはシュランケンカーフの革の質感が楽しめるフェルディー4色。

PA280035.JPG

アイリスは明るい紫。
この色の革の在庫はあと少し。
新たに入荷出来るのはいつになるやら。

PA280036.JPG

こちらは室内ではダークブラウンにも見える濃い紫のバイオレット。
上品でシックな紫色です。

PA280038.JPG

スカイ色のフェルディーです。
この色は大好きで頑張っていっぱい入手しました。
これから色々のカタチでスカイは登場する事になるでしょう。

PA280039.JPG

ライムグリーンはシュランケンカーフの中で最も発色が素晴らしい。
最初この色のシュランケンカーフを見た時、誰がこんなカメレオンカラーのバッグを持つのだろうなんて思っていたボンジョルノであったが、今ではこの色がお気に入り。

心材は使わず革なりの質感を楽しめるフェルディー。少しだけ仕様を変更。ショルダーの長さ調節時のギボシを丸いタイプからくちばしギボシに変更。これで使い込んで外れやすくなる問題を解消。在庫で1個ずつ黒とオレンジもありますよ。税込み67,200円。

いっぱい入るミセスもご要望に答えてシュランケンの人気色で。

PA280050.jpg

トープ色でミセスを作るといつもいの一番に売り切れる。
なのでミセスを作るたびにこの色はいつも加えている。

PA280049.jpg

バイレットも次に人気。
ル・ボナーでは革の定番カラーの黒、チョコ、茶ではなくて、この二色が人気者。

PA280048.jpg

そしてミコノス。
ジーンブルーのような色に撮れちゃいましたが、これは希少なミコノス色です。
エーゲ海の色です。爽やかブルー。

ミセスもライトレッド、ライムグリーン、黒の在庫が各一個。
税込み60,900円。

紐財布も7色で登場です。

PA280046.JPG

アイリスとバイオレット。
同じ紫でもこれだけ違う。

PA280042.JPG

ジーンブルー、ライムグリーン、オレンジ

PA280043.JPG

トープと黒。

衰えを見せる事なく人気を維持し続けるル・ボナーの革小物の定番中の定番財布の紐財布もいっぱい作りました。税込み29,400円。

2011年11月 2日

3日は祭日なのでお店開けています。

11月3日は木曜日でル・ボナーの定休日ですが、
文化の日で祭日なので休まず開けます。
皆様お越しください。

PB010076.JPG

自宅で見た朝焼けの空が素敵でした。
色々な表情を見せる雲模様は和むなぁ〜。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。