« 「デブ・ペン」桜咲く前に何とか出来ました | ホーム | ブッテーロ革小物お手入れ名人 »

2013年3月 8日

由緒正しきボウラーハットを被ったボンジョルノ

IMG_1346.JPG

「帽子も売っているんですか?」と、入って来られるお客様が月に数人はおられる。
ハゲ頭には帽子が必需品と、いつの間にか増えた帽子が工房にはいっぱい掛かっている。
その数あるボンジョルノ帽子コレクションの中で一等賞はこの英国製ボウラー。

和歌山の山林王が、戦前三越を介してロンドンのボンドストリートにあった帽子屋さんに特注した由緒正しきボウラーハット。作ったはいいけれど存在感有り過ぎて、被る事無くデッドストック状態で蔵の中で70年以上眠っていた品。誰も興味のある人がいないからと、特注した山林王の孫にあたる顧客のキャリアなN氏から私へ譲渡。

そのキャリアなN氏が先日来店されて、「あのボウラー被ったボンジョルノをブログで公開してよ」と。まるで見せ物じゃありませんか。進呈頂いた方の要望なので、断れる立場にはありません。それでハミに撮るのを頼んだら「そんなの恥ずかしいからイヤ」と断られ、そして自前で三脚&セルフタイマーで撮ろうと試みたけれどこれが難しい。それで今度は土下座?してハミに頼んで撮ってもらった。その写真が下の2枚。

IMG_1340.jpg

IMG_1334.jpg

ここのところ、岡山のワーカーズのジーンズはいてカジュアルテイストで身を固める日々を過ごす事の多かったボンジョルノでしたが、今日はこのボウラーハットを被っても違和感のない身なりを意識しながらも、ボンジョルノ風に少し崩し気味で。この格好でライカで撮っていたらカルティエ・ブレッソン? いやいやボンジョルノはカルティエ・テブレッソンだったぁ〜。このところ週末の六甲アイランドにはコスプレした若者が多く集まり写真撮影している。彼女たちの趣向が少し理解出来たような気がした。

コメント(10)

先日、細ダレスを購入させていただいた者です。見とれては磨いての毎日で、使用する日が待ち遠しいです。それにしてもチビッ娘がうるさくてすいませんでした。嫁さんがゆっくり鞄を見れなかったので、またボンジョルノさん、ハミさんとのお話を楽しみに、嫁さんと娘と伺わせていただきます。

Re: ボンジョルノ より

来店ありがとうございました。
使う前に乾拭きで磨きをかけるとブッテーロが活きます。
また来て下さい。

カッコいいです。文句なし。何だろう、このオーラ。

Re: ボンジョルノ より

いやぁ〜ありがとうございます。
ボウラーはシルクハットの次に難しい帽子ですね。
でもこのハードタイプが好きです。
めざせポワロ〜?。

か、かっこいいじゃないですか

別人みたいです。

Re: ボンジョルノ より

スタイリスト三好さんに褒められると自信になります。
帽子趣味を楽しみたいと思います。

素敵です!
とても素敵です!!

カジュアルな装いの時とは違う緊張感が、まだ寒さの残る今の時期の緊張感とつながり...
とにかく素敵です!!!!

Re: ボンジョルノ より

コートは親父が私が生まれた時に誂えた品で、赤いベストは下北の古着屋さんで買ったイギリス製で、ワイシャツは鎌倉シャツで、ネクタイはイタリア物、ズボンは近所のオーダースーツ屋さんでイタリア生地で誂えた品。靴はミネルバボックス革使ったオーダー靴です。楽しんでおります。

なかなか決まってると言うとすぐに木に上りそうなので、これぞまさしく、馬子にも衣装!

Re: ボンジョルノ より

正装用のボウラーハットを普段違和感なくかぶるのは難しいですね。戦前の日本人は当たり前に和服でもかぶっていたのに。

British and italian gentleman!
この服装で颯爽とコルサに乗る姿!いいんじゃないでしょうか?オープンカーだったらボウラーハットが見えてもっといいのでしょうが?

Re: ボンジョルノ より

歴代でボウラーが印象的なのは、チャーチルそしてポワロ。なぜか二人とも太っているなぁ〜。

カッコイイ!
松本さん用の特注帽子みたいに似合ってます。

三脚&セルフタイマーで撮ろうと試みていた様子は見てみたかった(笑

Re: ボンジョルノ より

本当に特注したかのようにピッタしサイズです。
貴殿の結婚式にボウラーかぶって出席したのを懐かしく思い出します。

ボウラーハットが板についてますね。日焼け防止対策の意味も少しかねてですが,私も中折れ帽が欲しくなってきました。「鎌倉シャツ」はボタンも白蝶貝を使っていてコストパフォーマンスに優れますね。そうそう,レンズ交換のできるfujiのX-E1を使ってみましたが,OVF(素通し)がないのです。それに電源が入っていないときでもスイッチが機械式なので触れてしまうと,ストロボがポップアップしてしまうのです。X-E1にOVFがつくとX-pro1になり大きくなります。X100が私にはあっていることを再認識しました。

Re: ボンジョルノ より

夜の偽色がと言っていた本当はゴーストが解決しました。フィルター装着時のレンズとの間で乱反射が起こる事が原因でした。夜フィルターを外して撮ったら問題なく撮れました。X100面白いです。

そうでしたか。原因がわかってよかったですね。私はフィルターもフードも所有してません。どうしようかと考え中のままなんです。何にもついていない素のデザインが気に入っているもので。でも,所有していたらはずせばいいだけですからやっぱり購入しようかな?

是非この出で立ちで名古屋へ一度来て下さい。ボルサリーノでお待ち致します(笑)

Re:ボンジョルノ より

名古屋のペンランドカフェさんには是非表敬訪問したいなとハミと話しております。その時は階下でラーメンも楽しみだなぁ〜。X100S馴染んできましたか?。梅の花はX100のマクロで撮りました。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2013年3月 8日 21:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「デブ・ペン」桜咲く前に何とか出来ました」です。

次のブログ記事は「ブッテーロ革小物お手入れ名人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。