2013年4月アーカイブ

2013年4月30日

ジャスタス95

IMG_1618.JPG

1980年頃にパイロットから「ジャスタス」という
ペン先を支える部分が可動して書き味を変えられる万年筆が発売された。
その万年筆は面白いギミックと柔らかな書き味が特別だった。
幼友達ちが司法試験の勉強の時に使っていたという想い出のジャスタスを、
もう使わないのならもったいからプチ万年筆コレクターの私が、
大事に扱うから譲り受けようじゃありませんかと、強制的に奪い取る事に成功した。
特別なとろけるような書き味に魅了された。しかし危うい書き味。
書き続けるとインクフローが不安定になり、
もどかしさを覚え使わなくなっていた。
でも私の脳裏には強くあの特別な書き味がインプットされた。

IMG_1622.jpg

IMG_1625.jpg

そのジャスタスが30年の時を経て「ジャスタス95」として復刻した。
凄く興味を持ったけれど、あの危うさが改善されていないとしたらイヤです。
でも実際に書いてみると初代ジャスタスの柔らかな書き味は望めないけれど、
不安感を一掃した堂々とした魅力的な書き味に進化している。
パイロットの技術力は凄いです。
意匠の工夫に目を向けてもらえたら、
世界一の万年筆メーカーになれる潜在能力は十分。

IMG_1620.jpg


入手してしまったぁ〜。
それも何をとち狂ったのか、
中細と細の二本を。でも後悔はない。

久々に新品の万年筆を買ってしまった。
気に入っております。

そして購入から一ヶ月。
ハミが気に入って細字のジャスタス95を毎日使っています。
私も中細の方にインクを入れて卓上に常備し書き味を楽しむ日々です。

不満は軸の意匠。
パイロットなのでその部分は目を瞑るしかないと思います。
そんな時新情報が届いた。これは魅力的な軸の万年筆です。
エボナイトを轆轤で削ったメイドインジャパン。
まだまだ煩悩の彷徨は続く。

21792268.jpg
日興エボナイトさんのホームページより

2013年4月28日

シティーヒルを一周

神戸東灘の六甲アイランドの住宅地を囲うように、
シティーヒルという一周5キロほどの遊歩道がある。
有酸素運動を意識したハミは早足。
私は写真撮りながらなので追いつく為に、
駆足繰り返すインターバルトレーニング。

DSCF3749.jpg

DSCF3752.jpg

DSCF3754.jpg

DSCF3759.JPG

DSCF3764.JPG

DSCF3771.JPG

DSCF3780.JPG

DSCF3785.JPG

DSCF3787.JPG

DSCF3791.JPG

DSCF3793.JPG

2013年4月25日

GWに間に合ったぁ〜「プティ・トート」

「プティ・トート」もゴールデンウィークに間に合った。
プティ・トートは30年以上作り続けている、ル・ボナーのカタチです。
小さく見えて実際はいっぱい入るチャーミングなトートバッグ。
作り立ての時は革の張りが強く口元が広がろうとしますが、
使い込んで革がもっちり馴染んでくると絶妙なフォルムに収まってきます。
シンプルなカタチだけれど、使えば使うほど愛着が増すトートバッグです。

今回は〜

IMG_1713.jpg

ジーンブルーとオレンジ。
シュランケンカーフを使い始めた10年ほど前から、
このカラフルな2色はありました。
これからの季節に合う色です。

IMG_1714.jpg

トープとゴールド。
落ち着き持った茶系の2色です。
閉じたホックを外すと容量が倍増するプティ・トート。

IMG_1716.jpg

ライムグリーンの発色の良さは、
シュランケンの定番12色の中でダントツ。

%E5%92%8C%E6%9C%8D.jpg

和服で持っても良い感じ。
ず〜っと作り続けているル・ボナーのカタチです。

2013年4月24日

GWに間に合ったぁ〜「タンクトート』

レディースの人気定番トートバッグの「タンク・トート」が、
お客さまがいっぱい来られるであろうゴールデンウィークに間に合った。
A4ファイルが収まるこのレディースのトートバッグは、
ビジネスユースにも対応する事を考慮して補強を加えています。
その為シュランケンカーフらしい
もっちり柔らかく経年変化する部分においては損なわれますが、
大容量の荷物を支えてくれます。

今回作った6色は〜

J%EF%BC%86S.JPG

春夏シーズンに涼しく感じられる
ジーンブルーとスカイ。

IMG_1709.JPG

レディースでイマイチ出足が鈍いゴールドだけれど、
タンクトートにおいては人気色。
シュランケンカーフのいっぱいある色の中で一番人気はやはりトープ。
この色はカタチを問わず人気色。

IMG_1710.JPG

オレンジと赤も発色が素敵なシュランケンカーフ。
特にオレンジは黒や白の単色の装いに映える色だと思う。

銀座と京都のC.O.U.さんと名古屋のペンランドカフェさん、
神戸三宮のカルマさんでも好評販売中です。
税込50,900円也。

2013年4月22日

「Facebook」始めています

DSCF3738.JPG

地方都市・神戸の
それも離れ小島のような六甲アイランドで20年続けられたのは、
ネットの発達が大きく寄与していると思う。
ネット販売等は非積極的なル・ボナーではあるけれど、
販促活動?には積極的にネットを利用している。
特にこの『ル・ボナーの一日」のブログを始めて良かった。
ブログを始めてから驚くほど広範囲のお客様たちと知り合う事が出来た。
ただ未だにパソコンのキーボードは片手打ちしか出来ない私には、
ネットとのつながりの間合いを計りかねている。

なのに「Facebook」も始めてしまったぁ〜。
「松本佳樹」のページは趣味中心で、
「ル・ボナー」では仕事の断面を。
ツイッターもやってはみたけれど合ってなかったようだ。
なので始めたばかりのFacebookはどうなりますやら。

昨日はびっくりしたぁ〜!。
一日1400〜1500アクセス平均のこの「ル・ボナーの一日」が、
昨日は3300アクセスをマークしているではありませんか。
ネットに詳しい顧客の方に聞いたら、
きっとどこかの人気ブログでリンクを貼ったのではと。
確かに次の日からはいつもと同じアクセス数に戻っていた。

2013年4月19日

KIITOで「Hearts and Crafts」

水曜日の夜、
お店を早めに閉めてハミと二人でエルメスのドキメンタリー映画を見に行った。
東京や大阪で上映されたのは知っていたけれどチャンスがなく、
一夜限りの限定予約制で神戸で見る事が出来ると知って行く事にした。
ハミと映画を見に行くなんて神戸に来て始めての事。
デート気分で腕を組んで、
会場まで行く途中に見つけたアンティークショップに立ち寄ったりしながら、
デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITOへと向かった。

IMG_0452.JPG

会場のKIITOは1927年築の元生糸検査場の建物。
外観は特別ではないけれど中に入ると特別な空間。
アンティークを残しながらモダンと融合し居心地良い。

DSCF3712.jpg

「Hearts and Crafts」の上映会は始まった。
美しい映像と革のしなる音、道具たちの音色が心地良い。
そしてモノ作りする普通の人たちが美しく思えた。

エルメスと言えば皮革製品では特別なブランド。
多くのブランドがグローバルスタンダードなるビジネスプランで、
ブランドを食い物にして増殖している時代に、
豊かなモノ作りの世界を創造している数少ない世界ブランド。
その事を再認識するドキメンタリー映画だった。

DSCF3711.jpg

上映会が終わり特別な空間から出ると9時半になっていた。
神戸らしい海風を心地良く感じながら二人手をつないで家路についた。

2013年4月16日

「太ダレス」徐々に完成

IMG_1564.JPG

現在太ダレスのトップ枠の手縫い中。
枠を本体に手縫いするのに一個あたり2時間半かかります。
私の場合ここのところその時間内に一個を縫い終わるのも厳しくなっております。
でもこの作業は一年に一度はこれからも続きます。

そして太ダレスは徐々に完成しております。
このブリーフケースはル・ボナーでは安定した人気を維持しています。
前回からは枠錠前タイプも作り始め、多くの方に支持されました。
特にネイビー色は両タイプで人気ダントツで、
今回はネイビー色を多く作りました。

まず枠錠前タイプは

IMG_1629.JPG

ネイビーはブルーステッチで内装もブルー。
シルバー金具が主で金色金具でも少し作りました。

IMG_1657.jpg

黒は同色ステッチで内装はグレー。
銀色と金色の金具半々で。

IMG_1630.jpg

チョコはワインステッチで内装は小豆色。
金具は金色のみ。

使い勝手はこの枠錠前タイプに軍配が上がります。
ダレスらしさなら前錠前タイプ。その前錠前タイプはー。

IMG_1626.jpg

ネイビーは銀色金具のみで作りました。

IMG_1627.JPG

黒の金具は銀と真鍮色両方。

IMG_1628.jpg

ワインは銀色金具のみ。
ワインステッチで内装は小豆色。

税込157,500円で店頭に並んでいます。
ご注文頂いていたお客様方には順次御連絡させて頂きます。
威風堂々、それでいて軽いル・ボナーの「太ダレス」。
まだトップ枠の手縫いは続く〜。

2013年4月14日

絣のパッチワークの手作りワンピース

IMG_1447.jpg

二年前に行ったスペン旅行でご一緒した、
豊田市のヨーコさんが手作りした絣のパッチワークのワンピースです。
ル・ボナー初来店時にプレゼントでハミが頂いちゃいました。
ポシェットもヨーコさん作の素敵な品。

古山画伯が「プロですればいいのに」と言ってる
あの「工房ヨーコ」。

2013年4月11日

カメラのストラップ制作

R0016240.JPG

私のカメラ趣味の唯一の優位な部分は、
革張りやその他革付属で愛機を武装出来る事。
これは万年筆や時計や自転車などの他の趣味でもそうだけれど、
私のような職業に従事していない人たちには特別なようだ。
この楽しみは個人的な範囲でと思っているけれど、
顧客のご要望には時々応えている。

IMG_1600.JPG

それで今日は定休日だったけれど、
仕事場に来てカメラ用ストラップを作っております。

パーツはオプテックのカメラ用ストラップを新品で購入し、
それを分解してパーツのみ利用して作ります。
なんか本末転倒の部分は感じておりますが、
このパーツが優れものなのです。

%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97.JPG

フルサイズ一眼デジカメに重い大口径レンズ装着でも大丈夫。
シュランケンカーフの質感が絶妙なフィット感を生む。

この2本のカメラストラップは、
オレンジ色大好きでカメラに夢中のMさんとプロのカメラマンさん用。
お二人とも参加する時計の祭典「バーゼルフェア」になんとか間に合った。

2013年4月10日

今夜は「RICO」さんへ

今夜は家族3人でスペイン料理の「RICO」さんでお食事。
ル・ボナーから歩いて20歩たらずで到着です。
つまり同じショッピングビルのご近所さんです。

スペインらしいタパス料理を色々頼んで、
その後イタリア系&デザートで締め。
3人でシェアして食べてお腹いっぱぁ〜い。
半分以上お父さんが食べたぁ〜と言われました。
美味しく頂きました。

R0016226.JPG

R0016227.JPG

R0016228.JPG

R0016229.JPG


R0016230.JPG

R0016231.JPG


R0016232.JPG

R0016233.JPG

2013年4月 9日

シュランケンの「パパス」多色登場〜

大変多くの方に待って頂いていたショルダーバッグの「パパス」が、
やっと店頭にシュランケンカーフタイプのみですが多色並びました。

カラフルな色調が魅力のシュランケンカーフですが、
それ以上に使い込んだ時のもちっとした質感に魅了され、
愛用のライムグリーンのパパスは手放せません。

IMG_1590.JPG

右ネイビーで左は黒。
今回は両方ブルーステッチなので、
室内だと違いがわからない。

IMG_1594.JPG

トープとゴールド。

IMG_1595.JPG

バイオレットとライムグリーン。
私はやはりライムグリーンのパパスが好きだなぁ〜。

IMG_1591.JPG

チャイナレッドとオレンジ。
シュランケンの定番12色にはないチャイナレッド。
そのチャイナレッドで作ったパパスはレアかも。

東京・銀座の「C.O.U.」さんでも好評展示販売中。
ル・ボナーの一番人気のショルダーバッグ「パパス」は、
この後もリピート生産を続けていきます。
この後ミネルバボックスタイプの完成は、5月下旬ぐらいか。
ただグリージオとタバコの革は確保して作れるけれど、
コニャックは革を確保出来ず次々回生産となりました。

「パパス」は自分自身で使いたいと思ってデザインしたカタチ。
使うとその良さを実感して頂けると思います。

2013年4月 6日

ノーマン・ロックウェルのチェア復活

ノーマン・ロックウェルの描く古き良き時代のアメリカが好きです。
特に描かれた人物の身の回り品は私の琴線に触れる。
その中に特に気になった事務椅子があった。

%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF.jpg

それがこの椅子。
そして米軍払い下げ家具のお店でこれとよく似た椅子があり、
躊躇なく大枚叩いて入手したのは何年前だったろか。

4本足まで木で組んでいてそれが魅力だった。
ただその四本足が木である事が問題になった。
アメリカ人はこの木の4本足を安易に補強金具を木ネジで止めているだけ。
その為経年劣化で木ネジが緩み、座ると分解してしまいそうな危うさ。

なので現行の安楽楽々事務椅子を久しく使っていたけれど、
楽だけれど満たされない思いがここに来て強く生じた。
そこで不器用な鞄職人ボンジョルノは一念発起修理する事にした。
補強金具に新しく補強金具を重ね合わせ、
裏返すと見れた状態ではないけれど強度は何とか。
そして復活しました。

DSCF3522.jpg

ヨーロッパアンティーク家具にはない無骨な佇まい。
座り続けるとお尻が痛くなる人間工学無視設計。
座り心地より愛着感じる佇まい優先こそボンジョルノらしい。

これを修理して復活させてもう一度使いたいと思ったのには訳がある。
「ブログで何でも公開するのは恥ずかしからやめて」と釘を刺されたけれど、
やはり言ってしまうのがボンジョルノ。

ル・ボナー20周年記念に、
ハミが前々から欲しがっていた事務机をプレゼントした。
それがこれ〜。

IMG_7558.jpg

IMG_7562.JPG

イギリス製のアンティーク家具でライティングビューロと椅子のセット。
マホガニーの塗装は薄塗りで木が生きている。
天板は革張りでその革がまだ生きている。
アンティークの場合革がボロボロになっている家具がが多いけれどこれは違う。
アングロサクソンの家具は無骨という先入観が強くあったけれど間違っていた。
この繊細な細工は素晴らしい。
その上天板の開き方が一瞬悩むギミックが楽しい。

ここ数年の中で最も満足感を得た購入品。
私も使いたいと言ったら「おとうさんは汚すし壊すから駄目」と・・・・・。
だったら俺だってお気に入りのアンティークを復活させて使おうと、
ノーマン・ロックウェルの椅子を復活させた。

只今アンティーク家具ゆっくり増殖中。
フランス、イギリス、アメリカ、日本と多国籍不統一だけれど良い感じ。

ノーマン・ロックウェルの椅子?には座らずに、
現在立って太ダレスのトップ枠手縫い中。

2013年4月 3日

すてきなあなたへ

IMG_1506.JPG

「暮しの手帖」という雑誌は戦後の日本を代表する雑誌です。
多くの雑誌が広告収入に頼る形で刊行されている雑誌販売の中で、
広告は一切載せずに長きに渡り刊行されている。
なので説得力がある訳だけれども声高かには主張せず、
私達の小さな日々の生活を応援する視点で60年以上続いている。

その雑誌の「すてきなあなたへ」のページで「ル・ボナー」の事を書いてもらった。
そのライターのS女史とはその後も親しくさせて頂いている。
そのS女史が大橋鎮子さんと一緒にル・ボナーに来店されたのは、
大橋さんが90歳になられる少し前だったように記憶している。

%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%208.jpeg

「暮らしの手帖」創刊から今日まで、
編集長、社主として長きに渡って素敵な仕事を続けられた女性。
カラフルな色のル・ボナーのバッグを買って頂いた。

人の一生なんて本当に短い。
でも生きた証をその時代に残せたら素敵です。
大橋鎮子さんは本当に素敵で、
その時一度しかお会いしていないけれど、
私達二人にとって想い出に残る女性だった。

その大橋鎮子さんが先日93歳でお亡くなりになったと、
ハミが新聞を見ていて知った。
心よりご冥福をお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮しの手帖2005年春4・5月号「すてきなあなたへ」より

「神戸の鞄屋さん」
夜、旅先の神戸でひっそり静まり返った街を、ホテルに向って歩いていました。
ふと、ウインドウから漏れる灯りに誘われて近づいてみると、そこは鞄屋さんで、壁に飾られた幾つかのバッグがライトアップされています。
色を楽しむかのように、明るいブルー、深い茶色、上品なベージュに元気なオレンジ、どれも使いやすそうなつくりです。
歩道に面した一面がガラス張りのお店で、ひとつづきになった工房の様子も、薄明かりのなかにぼんやり浮かんで見えました。
工房の片隅に小さな妖精がいて、鞄を作ってやしないかしら、、、、、。
職人さんがいるこのお店が、昔読んだ童話に重なってみえるのでした。

翌日、そのお店を訪ねました。
工房には、ミシンが数台、壁際の棚には革が積み上げられ、作業台では、ジーンズの青年と前掛けをした鼻めがねのおじさんが、一心に手を動かしています。
その足元には、大きなビーグル犬が、暖かそうな座布団を敷いてもらって気持ちよさそうに寝ていました。
扉を引いて中に入りました。
「いらっしゃいませ」
工房から声がかかり、ビーグルがひょっと頭をもたげましたが、静けさはそのまま。
店内のバッグは、上質な革の風合いが生かされたシンプルな形のものばかり。同じデザインで、材質や色の違うものが数点ずつ置かれ、ほかにお財布やベルトなどの小物も並んでいます。
お店の一番奥の棚で足が止まりました。つやのある栗色の旅行鞄に高鳴るむね。この鞄なら長いおつきあいができそうです。思い切っていただくことにしました。
工房から出てきたおじさんは、
「この革にはしっかり油を染み込ませてありますから、ときどき乾いた布で拭いてやるだけで、傷が目立たなくなります」
そういって、同じ革の切れ端を取り出して爪ですっと傷をつけ、布で拭いてみせました。そして、
「使い込むほど手になじんで、いい表情になりますよ」
と言いながら、いとおしむようにていねいに鞄を包んで下さいます。

神戸の六甲アイランド、アイランドセンター駅の北側にある「ル・ボナー」さんというお店です。

2013年4月 2日

「コンフェッティ」赤ちゃんのふくよかさ

IMG_1470.JPG

顧客のご夫婦が赤ちゃんを連れて来店。
赤ちゃんの笑顔は癒される。
一緒に笑顔になってしまう。

そんな赤ちゃんのような、
小さくてふくよかなバッグ「コンフェッティ」が店頭を飾っています。

IMG_1475.JPG

ミコノスとライムグリーン

IMG_1476.JPG

バイオレットと黒

IMG_1477.JPG

トープとスカイ。

作り始めた頃は2色のコンビを主に作ったけれど、
単色の方を求めるお客様が多くて今回も単色のみ。

シュランケンカーフの定番12色にないミコノスを、
コンフェッティで使うのは今回のみとなるでしょう。
ライムグリーンの発色はコンフェッティの可愛いフォルムが映える。
黒革のレディースバッグはル・ボナーではあまり人気がないけれど、
冠婚葬祭でもコンフェッティを使いたいとご注文多く有り作りました。
バイオレットとトープは男女問わずル・ボナーでは人気のあるシュランケンの色。
それと淡い春の微睡みのような水色のスカイ。

ご注文多く受けて作ったコンフェッティー。
小さな外観、でも入れてみると予想外の収納力にびっくり。
ル・ボナーのレディースバッグの一番人気の座もあと少し。
46,200円で好評販売継続中。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。