« 「鞄談義2」の原稿なんとか書き終えました | ホーム | 「ブッテーロ天ファスナーブリーフ」真夏に登場。 »

2013年8月 1日

ル・ボナーで最も売れている革小物「デブ・ペン」

ル・ボナーで最も売れ続けている革小物はデブ・ペンケースです。リピート生産をくり返しているけれど、一度に作る数は100オーバー作っているけれど、出来上がるたびに1~2週間で大部分の色は売り切れます。このペンケースは30年以上前から作っている形。しかしフィーバーしたのは、私が万年筆に何故か興味を持ち、その後Pen andmessage.さんや分度器ドットコムさんと親しくなって卸すようになってから。なので主に売っているのはこの2軒と名古屋大須のPEN LAND CAFEさんです。ル・ボナーにも当然並んでおりますが。

今回はブッテーロで8色。それと久々にシュランケンカーフ4色でも作りました。

DSC02975.JPG

ブッテーロの茶、赤、オレンジ、グリーン。茶はグリーンステッチ。オレンジは分度器さんで人気の色です。

DSC02976.JPG

ブッテーロのワイン、ネイビー(青ステッチ)、黒(赤ステッチ)、チョコ・・・あちゃ間違えて茶を撮っちゃった。チョコも作りましたので画像間違いごめんなさい。

DSC02977.JPG

久しぶりにシュランケンカーフのデブ・ペンを作りました。今回はオレンジ、ターコイズブルー、ライムグリーン、ジーンブルー。エージング楽しむならブッテーロのデブ・ペンですが、柔らか質感のシュランケンのデブ・ペンの方が実は使い易いはず。さあ貴方はどの革のデブ・ペンを選ぶ?

DSC02979.JPG

今回は作らなかったけれど、ミネルバボックスのグリージオとタバコはあります。ただタバコは店頭展示している一個だけだけれど。

主戦場での販売は土曜日以降になります。それはデブ・ペンケースを入れる化粧箱がまだ届いていないので。なのでル・ボナーだけ金曜日からの先行販売。箱無しでも良ければ。税込9,450円。

コメント(4)

たくさん種類があると余計に選べません。(涙)

昨日は楽しい時間を過ごさせて頂きました。楽しさのあまり、お二人のお仕事のことも考えず、長時間になってしまい申し訳ありませんでした。コスト単価を考えると…。
そして無事にP&Mさんにうかがうことも出来、充実した一日になりました。本当にありがとうございました。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2013年8月 1日 11:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「鞄談義2」の原稿なんとか書き終えました」です。

次のブログ記事は「「ブッテーロ天ファスナーブリーフ」真夏に登場。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。