« 今年から水・木曜日定休日 | ホーム | 「ゴローズ」は私の中に生き続ける »

2014年1月11日

残心革小物シリーズ復活

「残心」の意味は日本人が本来大事にしていた心の有り様と知り、そんな革小物を創造したいと博識な顧客のお知恵を借りて命名しました。この革小物シリーズは間合いとか余白に味わい求める日本人の美意識を念頭に置いて、使うと豊かさ感じれるシンプルな革小物たちを作り出したいと考え生み出しました。そして大変好評を得た。しかし生産工程の機能不全の為、一度作ったけれど追加生産が出来ないまま1年以上の月日が経ってしまったぁ〜。忘れ去られるかと思ったこの時期にやっとスムーズにリピート生産出来る方法を見つけ出して、今回折り財布と小銭入れと名刺入れの残心人気トップ3を店頭に並べる事が出来ます。それに加えA7ノートカバーも新しく登場させます。ただまだ新しいシステムでの生産工程は始ったばかりで、もう安心とは言い切れません。だってA7ノートカバー以外はシュランケンカーフタイプを作り忘れちゃってたぁ・・・・なので急ぎ追加生産を指示。1年以上の空白はあまりにも大きく予断を許しません。そんな中、まず小銭入れと名刺入れがシュランケンタイプ抜きで店頭に並びました。今月中には折財布とA7ノートカバーが登場します。カバーの方はシュランケンでも作っています。小銭入れ、名刺入れ、折財布のシュランケンタイプをご希望の方には、もう暫くお待ち頂く事になってしまいました。ごめんなさい。

DSC01641.JPG

ブッテーロの黒、チョコ、茶、ワイン(8,400円)と、黒桟革とクリスペルカーフの黒とダークブラウン(9,450円)。ヨーロッパ皮革の値上げに伴い価格は前回より高くなりました。その為国産革の黒桟革とクリスペルカーフは今回から同じ価格での販売となっています。

DSC01642.JPG

この小銭入れは本当に使い勝手が良い。小銭入れだけでなくお札も三つ折りすれば収まるポケットが内外に有り重宝。

DSC01643.JPG

その上この折財布とドッキングさせる為の切り込みに、カードを挿して使うという手も有り。私は財布はポーチピッコロにしまって、ポケットにはこの小銭入れのみ入れて不便を感じた事がない。

DSC01637.JPG

名刺入れも小銭入れと同種類同価格。

DSC01644.JPG

上部3目のステッチが効いていて、出し入れの所作が良い感じで、名刺30枚は楽々。

DSC01645.JPG

この切り込みも何かと便利。

このシリーズをル・ボナーのメイン革小物としたいと願い始めました。でも思うようにいかず月日は経ちました。今度こそ常時店頭に並べ続けられると願いつつ、作り続けて行きます。

コメント(14)

こんばんは。

シュランケンの小銭入れは何色が入荷予定でしょうか。
よろしくお願いいたします。

以前、ブッテーロ天ファスナーブリーフの購入予約をした者です。今日のブログのエントリーを見て、是非、黒桟革の折り財布と小銭入れの購入希望をします。後で、メールにて連絡致します。宜しくお願いします。

残心、心待ちにしておりました。
黒桟革、黒の名刺入れを購入したいです。
遠方にてなかなか店舗にはいけませんが連絡いただけると幸いです。


残心シリーズ
首を長くしてお待ちしておりました。
シュランケンタイプの、折財布と小銭入れ(トープ)を
購入希望ですが、予約できますでしょうか?

オレンジを強く希望しております。。。
同じシリーズのライムグリーンのお財布をいただいているので、併せて使いたいです。
お財布はとても便利で、重宝してます。

残心シリーズ、クリスペルカーフのダークブラウンの長財布、コインケースを所有している者です。大変気に入っております。因みに天ファスナーも愛用しております。
クリスペルカーフ、ダークブラウンの名刺入れは在庫がありますでしょうか?
当方遠方につき、購入方法などご連絡いただけますと幸いです。よろしくお願いします。

クリスペルカーフのダークブラウンのコインケースは在庫がありますでしょうか?
購入したいので、ご連絡いただけますよう、よろしくお願いします。

突然昨年残心の黒ざん革をサークルさんから購入させていただきました
非常に気に入り愛用させていただいております
そこで合わせて残心の黒ざん革の名刺入れを購入させいただきたいのですが、今後作成の予定はありますでしょうか?

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2014年1月11日 19:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年から水・木曜日定休日」です。

次のブログ記事は「「ゴローズ」は私の中に生き続ける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。