« 帰宅路に撮った私の住む街 | ホーム | 兄貴のように慕った人のお城へ »

2014年4月 3日

残心シリーズの折り財布がやっと店頭に

残心シリーズの中で最も中心的アイテムの折り財布がやっと出来上がりました。それに加えシュランケンカーフの残心名刺入れも完成し、今週末に出来上がってくるシュランケの小銭入れで一応一段落します。しかしまだまだ要望多くある残心シリーズ革小物シリーズは、この後もリピート生産をくり返します。今回から裏貼りする革をソフトな質感のナッパ革に変更したので、触った時の質感がバージョンアップしましたよ。

また4月より消費税が3%上がり、その為ル・ボナー製品も税抜き価格は一緒ですが、全品税込価格が値上がりとなりました。皆様宜しくお願いします。

DSC03256.JPG

シュランケンカーフはトープ、バイオレット、ライムグリーン、ジーンブルー、オレンジ。税込10,800円。

1011027_582692395154489_1656261221_n.jpg

エージングを楽しめるブッテーロ革では、ワイン、チョコ、茶、黒(赤ステッチ)。税込10,800円。

DSC03259.JPG

黒桟革とクリスペルカーフの黒とチョコはやはり高級な風合い。税込12,310円。

DSC03261.JPG

シュランケンカーフの名刺入れもオレンジ、ライムグリーン、バイオレット、ジーンブルー、トープ。他の革では出来上がっていて販売していた名刺入れでしたが、やっと大本命のシュランケンカーフも登場です。税込8,640円。

実は

DSC03262.JPG

DSC03266.JPG

デッドストックしているイタリア・フラスキーニ社のネットリクロームなめし革や、エレファントの革でも少量作ってみました。フラスキーニ社の革を使った残心は、この後出来上がる小銭入れと一緒に3点セットで店頭販売のみの予定。エレファントの方は漉き損じが連発して、注文品のみで販売用は用意できませんでした。ごめんなさい。

使い勝手を犠牲にすることなく、革の質感の魅力を最大限引き出しながら、出来る限りシンプルに。ル・ボナーらしさを追求して生み出した残心革小物シリーズは、使うとその魅力を実感して頂けると確信しています。

コメント(4)

楽しみにしてました。
名刺入れのオレンジ、まだございますか?

ワァー、できましたね。支払い金額などお知らせください。

ぜひ、御願いしたいです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2014年4月 3日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「帰宅路に撮った私の住む街」です。

次のブログ記事は「兄貴のように慕った人のお城へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。