2014年11月アーカイブ

2014年11月28日

修理完了、勤ちゃんのオレンジのパパス・トート

_DSC7975.JPG

時計業界で一匹狼でスイスと日本の架け橋として活躍している勤ちゃんが、月一回のペースで行く欧州出張(主にスイス)時や全国各地を飛び回る時に、いつも使ってくれているオレンジ色のパパス・トートの修理完了。30キロ以上の荷物も入れたりしながらハードに使って頂いている。その為、ショルダーの根革の部分が重さに悲鳴を上げて少し裂けてしまった。その部分のパーツ交換。より頑強なパーツにしたので、勤ちゃんのハードな使い方でももう裂ける事はないはず。

シュランケンカーフのオレンジ色は汚れやすい。ハードな使い方の勤ちゃんのパパス・トートは特に汚れが目立つ。でもその汚れも愛着持って使って頂いている風情(年輪)感じてしまう勤ちゃんのパパス・トートです。

_DSC7989.jpg

修理が出来上がった事を知らせると、丁度週一度の関西出張から東京へ戻る途中の名神入り口手前でUターン。今回もいつものように車で。ル・ボナーに5時間ほど滞在して、夜の東京での打ち合わせの為帰って行った。彼と話していると楽しくて、あっという間に時間が過ぎる。その上まだいつ完成するか確定していない「ビジィー・リュック」のご予約も頂いちゃいましたぁ〜。当然オレンジ色で。リュックを納品したら、この良い感じになったパパス・トートも少しは休息の時間が増えるかな。

自身で生き方や仕事を創造出来ないゆとり世代が現在日本には多いと実感する事が多い。そんな中で突き抜ける人と知り合えると大きな刺激を受ける。三島の勤ちゃんもそんなエネルギーを持った老いた私に刺激を与えてくれる人。知り合えて良かった。 

2014年11月22日

知らせ

今日は午後6時までの営業とさせて頂きます。

ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いいたします。

でもって「ビジィー・リュック」のイメージ画像。

モデルは身長175cm。標準体型。

_DSC7880.jpg

_DSC7882.jpg

_DSC7883.jpg

(追加)

「コンフェッティ・ブリーフ」イメージ画像追加。

ハンドル長めでもメンズでいけるかも。

_DSC7886.jpg

2014年11月21日

「ビジィー・リュック」サンプル追加画像

付属品を取り付けて「ビジィー・リュック」のサンプル完成。

背面を中心に工夫した部分の追加画像。

_DSC7866.jpg

キャリーケースのハンドルに挿した状態。

来年の海外出張?はコンパクトにこのパターンで行けたらいいなぁ〜。

_DSC7849.jpg

「マエストロ」と違ってキャリーケースに差し込むベルトは上一本だけ。

左右を止めるベルトが下部を固定してくれるから。

_DSC7850.JPG

中央の取り外し兼長さ調節用のパーツは、

アウトドア関係で良く使われるタイプの金属タイプ。

_DSC7874.JPG

リュック関連のパーツを収めるとスッキリ。

_DSC7876.JPG

革、ウレタン、ナイロン生地、メッシュ生地のの四重構造は肩に優しい。

しかし、厚すぎるという意見多数あるので、ウレタンをもう少し薄くする予定。

2014年11月20日

「コンフェッティ・ブリーフ」のサンプル完成。

_DSC7811.jpg

ハミが作っていたA4ファイルが余裕を持って入るサイズの「コンフェッティ・ブリーフ」のサンプルが完成しました。ビジネスで活躍する女性に持って頂く事を念頭に考えました。その為、ハンドルを少し長めにして女性の肩にも通る長さにして作っています。ただFacebookにブログに先んじて公開したら男性からの要望も多く有り、短めハンドルタイプも検討中。

_DSC7808.jpg

正面から見るとこんな表情。芯材は底板以外使っていないので、荷物か少ない状態だとこんな風に沈んで独特のフォルム。玉芯を入れていない内縫いなので革のふくよかさがストレートに感じられます。同じ縫製のコンフェッティより大きい分、その表情もより強く出ています。

_DSC7809.jpg

サイドから見るとそのふくよかな革の表情はより感じれると思います。マチは肩から下げた時よりフィットするように、トップ方向に幅狭になる台形のパターンになっています。

_DSC7810.jpg

ファスナーを全開すると、サイドからこぼれないように内側には内装に使うピッグシルキー革を使った三角マチ。内側のポケットはベタのポケット2つとファスナーポケット。

_DSC7813.jpg

このもっちり感がシュランケンカーフの魅力。本来生後6ヶ月のカーフ(日本ではキップという名称)は厚み15mm以下が大半。そのカーフをシュリンク液に浸して繊維を凝縮させて厚みも増す。その柔らかな厚みを活かさないともったいない。素敵なシュランケカーフの質感が生きてるブリーフケースが生まれる予感。

2014年11月19日

良いんじゃないでしょうか「ビジィー・リュック」

要望多くあったビジネスシーンでも持てる「リュック」のサンプルがもう少しで完成します。ビジネスでも使えるリュックはナイロン素材を中心に色々あるとは思いますが、どうしてもカジュアルなタイプが主流です。弁護士の方が法廷に持って行っても違和感ないリュックをコンセプトに作ってみました。

_DSC7800.jpg

廃盤となったビジネスバッグ「ビジィー」を縦型にして、マチはハードに固めず全体に柔らかな質感で仕上げました。サイズバランス、ファスナー二層式、前後ポケットの仕様は「ビジィー」と同じです。それが縦型になった事で、A4ファイルを収納した上にポーチ・ピッコロが収まるスペースが生まれました。「ビジィー」と違ってハニカム枠が入っていないので、同じサイズでありながら収納力もこの「ビジィー・リュック」の方があります。前後のポケットのインナー上部にはスマートフォンやその他の小物を収めることの出来るスモールポケットが付きます。背中側ポケットのインナー上部にあるポケットに収めていれば、携帯電話を消音モードにしていても、背負っている時にバイブレーションを感じる事が出来ます。

_DSC7796.jpg

芯材を極力使っていないで、背負うと上部のマチが閉じてリュックらしい上窄みの形状にになり、ビジネスバッグを背負っているというイメージは和らぎます。娘が背負っているので鞄が大きく感じるかもしれませんが、男性の背中であれば相当な容量を収める事が出来るリュックですが収まりは良いです。背負う時は縦型で手持ちする時は横持ち出来ると良いなという要望を多く聞きましたが、その方向で考えると背負った時のの収まりが納得出来なくてしませんでした。それは正解だったと思っています。

_DSC7798.jpg

背負うベルト類はすべて収納可能です。収納してしまうと上部にあるドイツホックが残るのみです。二層の中央インナー部分には13インチ(もう少し大きくても大丈夫かも)のノートパソコンを収めるポケットがあり、両側に荷物や書類を詰めると、それらがパソコンを防御する役目もします。ショルダーは革、相当厚いウレタン、ナイロン生地、メッシュ生地、の四重構造になっていて、背負った時の重みを和らげてくれるはずです。

加えて左右のベルトが身体にフィットするように、左右のショルダーが広がらないように為る為のベルトが加わります。自転車を漕ぐ時背負っていても安心です。それと作ってみて気づいたのだけれど、背に2本ベルトを通してキャリーケースに挿せる工夫も加える事にします。出張用ソフトブリーフケース「マエストロ」で付けたそのベルトが重宝していると言って頂けているので。内装は軽量と強度を考慮してヨーロッパの有名バッグブランドが表素材で使っているイタリア・リモンタ社のナイロン生地を使う事にしました。

今回は基本的な修正箇所はない状態でファーストサンプルを作る事が出来ました。まとめ作り時にスムーズに作業が進むよう考えなが型紙を少し変更&追加してGO〜です。桜が咲く季節までに作れると良いなと思っています。

2014年11月14日

過酷で無謀な挑戦かも

親しくしているT社長が泣きそうな顔して来店。2年ほど愛用していた細ダレスに何かこぼしてしまったみたいで、取ろうとしたら余計に酷い状態になってしまったと。見てみるとどうやら瞬間接着剤をこぼしてそれが染み込んでいて取ろうとすると革の銀面を完全に削り取らないと取れそうにない。そうやって取ったとしてもそのシミ以上の傷が革には残る。その状態を隠す為に全体に厚く顔料を塗れば誤魔化せるかもしれないけれど、そうすると革の魅力は完全に失われる。もし失敗したら許してねと持ち主にお断りを入れて、ブッテーロの復元力があればうまくいくかもしれない方法に挑戦しみることにした。

昔、あるお客様が細ダレスを持って京都の鴨川沿いを歩いていて転んでしまい、石の粒が捲れ込むほどの傷を付けってしまった事があった。これは復元はいくら何でも無理だと思っていたら、数年後にその細ダレスを見たら傷が気にならない程度まで復元していた。その時、ブッテーロという革の復元力には驚かされた。その後も何度かブッテーロの復元力の凄さを見た。そのブッテーロの復元力を頼りに試みる方法とは

_DSC7706.JPG

瞬間接着剤がこびりついた部分だけでなく、盤面全体の銀面を紙ヤスリで削ってしまう。削り方はある程度銀面部分も残し、削る部分はシンメトリーに模様のようになることを想定して。削った部分には同色の染料をしみこませると良いかもしれない。今回は模様の様になって欲しいと願ってコーヒー液を染み込ませてみている。

_DSC7703.JPG

後はひたすら乾拭き。この広さを満遍なく磨く素材は、目の詰まったハンカチのような素材がベストみたいだ。あとは毎日時間があると磨く。それを1年も続けるとブッテーロという革なら復元するはず。と、想定して私は無謀かもしれない再生方法を試す事にした。これは持ち主の了解を得て試し始めたのだけれど、成功する可能性は半々。ただ数日磨いた時点で、良い方向になって来ているのが確認出来てウキウキ。

ブッテーロ以外の革だとこの方法は絶対試さない。でもこの革なら行けそうな気が強くする。この後、オイルが内側から摩擦によって浮き出しコーティングし始める前に、何度かコーヒー液を染み込ませ磨き続けてみます。ブッテーロには過酷で無謀な事をこれから強いる事になるけれど、期待に応えて欲しいと願いながら毎日欠かさず磨き続けてみます。どうなっていますか、1年後をお楽しみに。

2014年11月11日

昔作っていた「文庫本カバー」復活

_DSC7680.JPG

10年ほど前までは常時作っていたタイプの文庫本カバーを復刻生産しました。

中央にあるバイオレットのトラ模様は見事ですね〜。こういう方が少ないです。シュランケンカーフではないみたい。

_DSC7698.JPG

ブッテーロではオレンジとイエロー。

シュランケンカーフでは画像の12色。上左からブルー、ライムグリーン、ジーンブルー、黒、ライトグレー、トープ、ゴールド、ホース。下左からダークグリーン、ネイビー、アイリス、バイオレット。

_DSC7682.JPG

調節が効くベロ部分はしおりとしても使えます(本はループが止めてくれるので)。

税込7,560円での販売です。ストレートに革の魅力を伝えるアイテムです。

2014年11月 2日

提げて魅力的なフォルム「ミセス」

_DSC7412.JPG

「ミセス」が6色店頭に並びました。このバッグはこういう風に置いていると本来のフォルムではありません。肩から提げた時の幅に収まった時に、丸みを持ったパターンが本来の幅より寄せられフィットし、最も魅力的なフォルムになります。そして、厚み側にも膨らみを持たせた事で、八分目ほどの荷物容量だったら身体へのフィット感は抜群。フィット感は大事です。その事で形状違いのバッグに同じ荷物を詰めた時に全然重さが違って感じられる。

_DSC7405.jpg

ジーンブルーとバイオレット。

_DSC7406.jpg

ネイビーとトープ。

_DSC7407.jpg

ライムグリーンとゴールド。

お待ち頂いていたお客様には順次ご連絡しています。税込み75,600円。

_DSC7413.jpg

ハミが使い込んだトープ色の「ミセス」。革の質感が馴染んで良い感じ。

2014年11月 1日

ボンジョルノの11月の万年筆と時計とetc

毎月初め、その一ヶ月の間に主に使うようにしている万年筆と時計をFacebookに登場させていた。これは同じ歳でモノ好きの親しいお客様のK先生がFacebook上で始めていて、これは面白いではないですかと私も始めたのが半年前。K先生とは違ってモノ好きでもそんなに資金を投入する事が出来ない私ですが、ささやかな品たちではありますが1年分は紹介するぐらいは持っている事に気づいた。万年筆に至ってはもっと持っている。いっそFacebookではなくてこのブログで月初に登場させる事にしましたのです。

_DSC7369.JPG

万年筆はパイロットのカスタム823。世界で最も技術力のある万年筆ブランドはパイロットだと私は思っている。その中でもこのカスタム823のプランジャー吸入機構はすごい。私は書く度にこの豊かなインク容量に感動する。ただこのブランドは90年代のキャップレスは素晴らしいと思うけれど、エクステリアデザインにはまるで興味を持っていないのではないかと思う程、魅力的なデザインの製品が少ないとも私は凄く感じている。特にこの823の間延びしたモンブランもどきのデザインは好きではない。スケルトンのキャップがインクで汚れたのをきっかけに一本は革巻きしちゃいました。私の短い筆記具革巻き趣味の歴史の中で最高傑作がこれ。これを見てカスタム823だと気づく人はまずいない変身ぶり。グリップ感も良くなって書いていて楽しさ倍増。

_DSC7367.JPG

時計はSTOWAのアンテア。時計に興味を持ち始めて最初に入手したドイツ時計。バウハウス的デザインが爽やかで今でも大好きな時計。今マイブームのNATOベルトを付けて今日から一ヶ月メインで付けてます。

よく考えたら他にも1年以上は毎月違う品を紹介出来るジャンルがあった。だから今月からレンズと帽子も。

_DSC7373.JPG

現在最も強い興味を持っているのがレンズ。レンズ沼は底なし沼。そのきっかけがこの少し前の現行品より重いキヤノンEF50mmF1.4.。カメラに興味を持ち始めてからの海外旅行には必ず同伴した。潤いのあるボケ味が愛おしい。2度も私の不注意で落下破損したが修理して甦った。プロカメラマンの人が、このレンズはズミルックス50mm以上の絵を描く時があるんですよねと言われて増々愛着感じたレンズ。

今日カメラ好きの親しいお客様が来店し、現行のズミルックス50mmを半額以下で譲っても良いよと。中古でも値が下がらないカメラ好き垂涎のレンズです。ハミの居る前で言っちゃあいけません。いっぱいレンズはあるのでいらないも〜んと言うしかないじゃないですか。

_DSC7372.JPG

帽子もハゲおやじの必需品と言いながら増えた。2日に一度以上は「帽子も売っているのですか」と来店される方がおられる。その度に「いいえ、これは私物です」と言わないといけない。他の身の回り品の方が多いのに、帽子は目立つみたい。決して高価な帽子は買っていない。ボルサリーノは一つだけ。このボウラーハットもファーフェルトでなくてウールフェルトのカジュアルなボウラー。それに革のテープを巻いてトップをつまんでボンジョルノ風に。冬場は上着を一枚多く羽織るより、この帽子をかぶる方が暖かい。

11月のボンジョルノの万年筆と時計とレンズと帽子でした。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。