2015年7月アーカイブ

2015年7月25日

今月も何とか〜ボンジョルノのMONOたち

今月も何とか続けます。それにしても50歳過ぎてから色々なMONOたちに興味を持つようになりました。それまでは鞄と革だけの仕事一筋のボンジョルノでありました。何がそうさせたのか、人が作り出すMONOたちが愛おしくて増殖していきました。だからと言って闇雲に高級品を買える身分ではない訳で、自分の中での費用対効果を強く意識しながら、出来るだけ工夫して納得できる価格にて増やしていってます。でもよく考えたら、これぞという数点が決まれば、あとは処分しちゃえば楽なのでしょうが、それが出来ないボンジョルノ。

IMG_3109.jpg

久々新品の万年筆。関西の万年筆趣味世界では知らない人はいない通称「関西の親方」。その親方が始めたY,Y,Pen Clubも5年目を迎えました。毎年限定万年筆を作り続けていて、今回初めて私も予約しました。それがこのオレンジ軸のセーラーレアロ改モデル。最大の特徴はペン先が無刻印である事。この事が独特の書き味を提供してくれるらしい。一番人気は太字だったみたいだけれど、私とハミは実用を考えて細字をチョイス。ボンジョルノは書かないから実用どうのこうのは言えた立場じゃないとおっしゃる方は多くおられるとは思いますが、細字調整名人の親方から買うなら細字でしょう。

_DSC3672.jpg

スウォッチのシステム51。職人の手仕事からは真逆の製造が完全に自動化された世界初の機械式腕時計。構成するのはたった51個のパーツ。その製造システムを機械式自動巻き時計において組み上げた事に感服した。その工夫が楽しい時計にオリジナルでボンジョルノが作ったエレファント革のベルトが個性を加える。スウォッチの時計とのつなぎ目が独特なのでベルトを作るのは大変だった。軽いので付けていて楽。

_DSC3657.jpg

レンズはEF100mmF2.8マクロ。万年筆のペン先とか小さな部分を撮る時専用に使っている。まだ手ぶれ補正が付いていない頃のキヤノンのマクロレンズだけれど、三脚使って撮るので手ぶれ補正なくても不便しない。これを古いキヤノンEOS 50Dのコンビで液晶画面見ながらMFで。Y.Y.オリジナル万年筆はこのコンビで撮ってます。

_DSC3653.jpg

夏はパナマ帽の季節。特にハゲ頭30年の私には必需品。私は4月後半から10月まではパナマを外出時には被っている。消耗品である夏の帽子を少しでも長い年月使いたいとの思いから、現在パナマ帽は8個持っている・・・・。その中でもこの日本製のパナマが一番のお気に入り。消耗品だと思ってるパナマ帽だのに5万円前後するボルサリーノ社製は持っていないというよりも買えない。このパナマは戦前東南アジア方面に輸出していた商社の倉庫に眠っていた見切り品を、港町神戸の古き良き時代の思い出と共に3個1万円で入手。私のパナマはすべて夏の汗に負けないように、内側に補強を加えています。棺桶に入る時の死装束は、生成りの麻のシャツとスーツに生成りのキャンバススニーカーとパナマ帽が良いな。

そんな感じで7月もあと少し。

2015年7月18日

電話、ネット、カード決済が復旧しました。

L1000144.jpg

昨日午後から繋がらなくなった電話、インターネット、その他色々が復旧しました。これでカード決済もいつも通りに。原因は台風による雨漏り。今回の台風は凄かったのだと改めて思いました。このル・ボナーの素敵なセメント打ちっ放しの曲線の壁の裏のスペースにネットの回線のビル全体の親機が有り、それが運悪く濡れてお陀仏となっていたらしい。新品に交換して復旧。これで普段通りのル・ボナーのネット環境を取り戻す事が出来ました。初めて経験する雨漏り、製品が濡れなくてよかったぁ〜。皆様ご迷惑をおかけしました。

電話が繋がっていません、インターネットも〜

_DSC3593.jpg

電話もインターネットも同じ回線使っていて、その不具合で昨日の午後から両方使えない状態になっています。昨夕問い合わせたので、今日来れば繋がっているだろうと思っていたのですがまだダメでした。インターネットはiPhoneをルーター代わりに細々つながげていますが、会社の電話はアウトです。ご迷惑おかけしますが今しばらくお待ちください。ネット社会が発達して、昔感じなくて済んだストレスも増えます。お店はやってます。でも〜カードでのお支払いは現在出来ない状態です。

2015年7月17日

M9が私の処へ来てしまったぁ〜

_DSC3548.jpg

私はこんな対費用効果から考えて納得出来ないデジカメはいらないと考えていた。ライカは銀塩のM3があれば、その佇まいを味わい、撮るまでの所作を楽しみ、シャッターを切った時の音色に酔える。それで十分なはずだった。ただデジタルからカメラ趣味に入っていった私にはM3を楽しむハードルの高さを越えれないでいた。そんな時、甘い誘惑の声がかかった。友人が所有していたM9のセンサーが割れて、そのリコール交換修理に6ヶ月かかる。それが待てなくてMをローンで買っちゃた。なのでM9が戻ってきたら中古カメラ屋さんでの下取り価格で譲るよと言う。使って楽しくなければ売れば少しは手間賃ぐらいは出るし入手する事にした。これはボンジョルノ・テブレッソン松本にとって水戸黄門の家紋入り印籠ような存在だろうと思っていた。

_DSC3542.jpg

そのライカM9がこれ。ボディの材質の質感はデジカメで唯一無二の存在感。使って塗装が削れた角面も味わいあると思ってしまう私はライカマジックの術中にはまったかも。まず驚いたのが機能が極端にチープで画像がデジタルなだけで後は極めてアナログな操作は銀塩カメラ以下。その上よくバグる。

_DSC3543.jpg

凄いのはピントが合っているか確認出来ない荒い液晶画面。パソコンで見るまではちゃんと撮れてるか分からなく、見てのお楽しみ。ここまで液晶画面に依存できない粗末さに恐れ入る。

撮れる画像には期待していなかった。でも撮れた画像に驚いた。RAWで撮ってそのままでも抜けが抜群。高級なトイカメラ画像みたいと言う人もいるけれど、ライカの世界が確かに其処にはあった。ライカレンズじゃなくて他社の1/10の価格で入手出来るレンズで撮っても違いはあきらか。

L1000329.jpg

M91.jpg

アメリカ東海岸出張に間に合って撮った上二枚。これはノクトンクラシック35mmF1.4SCで。まだ慣れていなかったけれど楽しく撮れた。

L1000027.jpg

レンジファインダーでのピント合わせはこれからの課題。それさえ鍛錬し把握すれば、ボンジョルノ・テブレッソン松本の求めるカメラ趣味の理想形かも。

L1000081.jpg

慣れてきてCOLOR-SKOPAR21mmF4で撮った画像。抜けてます、抜けは画素数ではないと実感した。M9は1800万画素。

L1000073.jpg

その日のマジックアワーの空の色は、実際はもう少し淡かったと思うけれど、M9を通すと心象風景に近い絵となる。RAW撮って出し。

L1000518.jpg

夜だって三脚使えば抜けた画像が撮れる。

現行のライカMは今やボディだけで100万オーバーの高嶺の花。その一世代前のM9も、中古市場で確認しても手の出る価格ではない。しかし縁あって私の元へやって来た。いつも提げてる大きなアクセサリーとしてだけでなく使いたい。

2015年7月13日

ル・ボナーの「太ダレス」はこれからも作り続けます

このダレスバッグは使うとその良さが分かって頂けると思います。このバッグを大変気に入ってくださったお客様が、一時東京方面で太ダレス普及委員会なる慈善組織を結成され、多くの方から注文が殺到した時期がありました。今は落ち着いておりますが、いつでもいいからと予約頂いていたお客様のバックオーダーも相当数貯まってきてしまっていたので、それに店舗用在庫を含めて作りました。やはり太ダレスは良いと自画自賛しています。軽いのに容量たっぷり入るル・ボナーの太ダレス。それでいて前錠タイプだと、荷物少なめで使うとスマートにも持てる。今回は前錠タイプも枠錠タイプも3色(黒、ネイビー、ワイン)での登場です。

_DSC3529.jpg

枠錠タイプは枠の幅とか枠コーナーのカーブが前錠タイプと違う為スマートには持てないけれど、ハンドルを持ったままでも口元の開閉が楽。

_DSC3566.jpg

前錠タイプはダレスバッグとしてオーソゾック。でも縦横比が正方形に近いバランスが独特なル・ボナーのダレスバッグ。

_DSC3533.jpg

時代の要望にそって金具類は一つを除いてシルバー色で作りましたが、ネイビーの前錠タイプ一つだけブラス無垢でも作ってみました。

_DSC3536.jpg

ダレスらしいカタチに拘りのある方は前錠タイプ。

_DSC3535.jpg

使い勝手優先なら枠錠タイプがお勧め。

_DSC3534.jpg

この肉盛りが表情出している。枠錠タイプはこれがなければ成立しない。

_DSC3539.jpg

一般的なバッグの仕切りとは違って、パターンの工夫で中2つの仕切りも重みを支える。四点支持と言いましょうか、外コバより中央2つの仕切りで支えているような。変形を防ぐ工夫。

と言うように結構色々な所に工夫を加えています。当然枠は手縫い。税込み172,800円で現在自社内で枠と本体の手縫い中。ご予約頂いていたお客様には順次ご連絡させて頂きます。

2015年7月10日

愛車「アルファロメオ145クワドロフォリオ前期型」の帰還

アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型が好きだ。私にとってペットのような存在かもしれない。移動の道具としては不備で不安な部分が色々あるけれど、それもまた刺激となって心地良かったりする。そのアルファロメオ145クワドリフォリオ前期型が車庫にいなくなって一ヶ月が経った。車検&整備完了後2時間ほど帰宅したが、その後突然エンジンがかからなくなりJAFのお世話になりまた入院。それから二週間が過ぎた。そして、修理が完了したと今し方電話があった。私はすぐさま引き取りに向かった。

_DSC3504.jpg

今日は大変蒸し暑い。六甲ライナーでの指定席である最前列の席よりパチリ。

_DSC3506.jpg

神戸のダウンタウンを走る阪神電車は阪急電車と正反対のローカルな味わいがいい。青木(おおぎ)駅はアルファ君のおかげでよく乗り降りする鈍行しか止まらない駅。

_DSC3508.jpg

ここがマイアルファの主治医の修理工房。ここを知るまでディーラーに修理は出していた。エルサンクさんと出会っていなかったら、マイアルファを維持するためにかかったであろう修理代金を考えると恐ろしくなる。

今回のエンジンがかからない理由は、最初エンジンポンプの問題ではないかと推測し調べてみたらそうではなかった。テスターをあててみるとどうもコードの断線が原因らしい。国産車だと電気コードはきっちり固定するのでこういう問題はないらしいけれど、欧米車はきっちりコードを固定するという観念がないらしく、その為、走行振動の長年の影響を大きく受けて起きる。きっとディラーなら電気コード丸ごと交換とついでにエンジンポンプ交換なんてことになるところだろう。テスターで断線部分を探しあて、その部分だけの交換で済んだ。探し出すまでの地道な手間を思うと頭が下がる思いだ。そして代金は15,000円也、ありがたい。

_DSC3510.jpg

これからもこの車を維持し続けたい。不安と緊張感を持ちながら壊れれば直せば良いと割り切って、これからもこのやんちゃ娘を楽しみたい。ただ車を移動の道具として考えている多くの方にはオススメできない車ではある。エアコンのガスをたしたけどやっぱ効きが悪いぞ、この車はしかたない。

2015年7月 8日

店舗ちょっと模様替え

_DSC3449.jpg

定休日を利用してちょっとだけル・ボナーの店舗部分の模様替えをしました。奥の方を広くするのが今回の模様替えの趣旨。誰も共感してくれないので、蒸し暑さで汗をかきながら一人せっせと頑張りました。ついでに現在の在庫状況も確認してください。

_DSC3450.jpg

_DSC3453.jpg

ここは変わりません。ただ大きな台が前側に移動してきました。

_DSC3451.jpg

奥が広々、前よりは。前より鏡が使いやすくなったはずです。

_DSC3454.jpg

これで今まで見えにくかった棚の一番下の段の製品も相当見やすくなりました。

_DSC3455.jpg

このカーブした壁の奥のスペースが死んでいた。配電盤とかあってあまり綺麗じゃなかったし隠していた。そうだ、額を飾れば隠さなくて済むんじゃないかとやってみました。オオォーいけるじゃないですか。これで広く使うことが出来ると思ったら模様替えのプランが湧き出てきてやりたくなってしまいました。良いのではないでしょうか。また替えたくなるとは思いますが、しばらくはこれでいきたいと思います。

2015年7月 6日

久々ダレス、まずは「細ダレス」から

_DSC3436.jpg

久々にル・ボナーのダレスバッグたちが店頭に徐々に並び始めています。まずは細ダレスから。黒、ネイビー、ワイン、チョコの4色で作りました。グリーンは前回作った最後の一つ。枠を最後に手縫いで本体に縫う工程は自社内での作業となるので、ダレスバッグの場合店頭には徐々にしか並べられません。1日3個のペースで縫っていますので、スームーズに作業が出来たとしても、全て縫い終わるのは先になります。

_DSC3441.jpg

ル・ボナーのダレスバッグの特徴は、一般のダレスバッグに比べて縦横比が長方形というより正方形に近い事と軽さ。ダレスは横から見ると上しぼみの三角形。其の為、高さが低いとマチ幅ほどには書類が収まらない事になる為、書類をマチ幅めいっぱい収められるように高くした。書類を収めた上部分で枠に向かって上しぼみが始まる歩留まり部分としてこの高さをチョイスした。スマートだのに入れるとその大容量に驚かされる。軽さの追求は素材の質感を損ないやすい事と型崩れの原因を生む可能性をはらんでいる。そのデメリットをカバーし補強した上でなら軽い事にこしたことはない。本体は1.8mmにブッテーロを割ってそこに心材を貼っています。これが1.5mmだとブッテーロの質感を損なうし2mmだと重く感じられた結果決めた厚み。型崩れを防ぐ為に、左右本体の肉盛りやコバ3面で重さを支える仕様も寄与している。そして最大の補強は枠の手縫い。

_DSC3439.jpg

細ダレスの場合、菱目打ちで菱を切り丸針で手廻しすれば手縫い風にミシンでも縫う事が出来る。しかし軽量を求める為にアルミ枠を使っているので手縫いしないと型崩れの原因になる。硬い鉄枠ならミシンでも大丈夫かもしれないけれど重くなる。ただ、手縫いの工程は量産で頼む事は不可能なので、その工程は自社内の作業となってしまう。それでもこの部分は手縫いでしっかり絞って縫って、枠が変形する緩みを生まない方を選んだ。その工程があるので、ル・ボナーの他製品に比べてダレスバッグは割高感がある価格設定になってしまう。細ダレス140.400円、太ダレス172.800円。

_DSC3442.jpg

この後、太ダレスの前錠タイプ、枠錠タイプも徐々に組んで店頭に並べていきます。全部揃ったら太ダレスもブログアップします。その前に予約頂いているお客様のを先に組んでいき、順次ご連絡させて頂きます。2年お持ち頂いていたお客様もおられるので恐縮しています。

ダレスバッグはル・ボナーで現在も定番で作り続けている唯一のハードタイプ。これからも作り続けていきます。

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。