« 愛車「アルファロメオ145クワドロフォリオ前期型」の帰還 | ホーム | M9が私の処へ来てしまったぁ〜 »

2015年7月13日

ル・ボナーの「太ダレス」はこれからも作り続けます

このダレスバッグは使うとその良さが分かって頂けると思います。このバッグを大変気に入ってくださったお客様が、一時東京方面で太ダレス普及委員会なる慈善組織を結成され、多くの方から注文が殺到した時期がありました。今は落ち着いておりますが、いつでもいいからと予約頂いていたお客様のバックオーダーも相当数貯まってきてしまっていたので、それに店舗用在庫を含めて作りました。やはり太ダレスは良いと自画自賛しています。軽いのに容量たっぷり入るル・ボナーの太ダレス。それでいて前錠タイプだと、荷物少なめで使うとスマートにも持てる。今回は前錠タイプも枠錠タイプも3色(黒、ネイビー、ワイン)での登場です。

_DSC3529.jpg

枠錠タイプは枠の幅とか枠コーナーのカーブが前錠タイプと違う為スマートには持てないけれど、ハンドルを持ったままでも口元の開閉が楽。

_DSC3566.jpg

前錠タイプはダレスバッグとしてオーソゾック。でも縦横比が正方形に近いバランスが独特なル・ボナーのダレスバッグ。

_DSC3533.jpg

時代の要望にそって金具類は一つを除いてシルバー色で作りましたが、ネイビーの前錠タイプ一つだけブラス無垢でも作ってみました。

_DSC3536.jpg

ダレスらしいカタチに拘りのある方は前錠タイプ。

_DSC3535.jpg

使い勝手優先なら枠錠タイプがお勧め。

_DSC3534.jpg

この肉盛りが表情出している。枠錠タイプはこれがなければ成立しない。

_DSC3539.jpg

一般的なバッグの仕切りとは違って、パターンの工夫で中2つの仕切りも重みを支える。四点支持と言いましょうか、外コバより中央2つの仕切りで支えているような。変形を防ぐ工夫。

と言うように結構色々な所に工夫を加えています。当然枠は手縫い。税込み172,800円で現在自社内で枠と本体の手縫い中。ご予約頂いていたお客様には順次ご連絡させて頂きます。

コメント(12)

ダレスバッグの在庫状況を色別、金具別に教えてください。

塚本恭夫と申します。私が注文しているネイビーとワインのダレス2本の仕上がりはいつ頃になるでしょうか?
ご連絡をいただけますと幸いです。

偶然、このページを見つけ、黒に青のステッチのダレスバッグに心奪われています。お店に在庫あったりしますでしょうか?

これはネイビーなんですね。今後、製作の予定はございますか?

ありがとうございます。ぜひ、ネイビーできあがりましたら拝見したいです。それまでに機会を見つけて、お店を訪れ黒の方も拝見させて頂ければと思います。宜しくお願い申し上げます。

何度も申し訳ありません。次回生産時というのは、数年先になったりしますでしょうか?あるいは数カ月先といった感じでしょうか?

オガワユウヤと申します。
ネイビーかっこよくてほしいです!
どこで購入できますか?

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2015年7月13日 21:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛車「アルファロメオ145クワドロフォリオ前期型」の帰還」です。

次のブログ記事は「M9が私の処へ来てしまったぁ〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。