2015年10月アーカイブ

2015年10月30日

「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」がやはり好き

_DSC5109.jpg

私の愛する1998年式のアルファロメオ145クワドリフォリオ前期型は夏に車検を受けた後すぐに電気系のトラブルで動かなくなり、その後もクラッチの頑強そうな金属パーツが割れるというアクシデントに見舞われ、パーツがすぐに入手できないという事も手伝って多くの時間を修理工房にあずけた(計1,5ヶ月以上)。今までで最も色々なアクシデントが続いている今日この頃。

_DSC5111.jpg

その間に新車を運転する機会や顧客の車に同乗する事が何度かあった。私が魅了された145に感じたスリリングなドライビング感は、安普請が生み出す不安定感だと知った。マイ145は量産アルファの中で軽量が功を奏して一番早い、ただその早さを楽しむには勇気と緊迫感を必要とする。現行車の時速120キロはアルファの時速80キロより安定している。コーナーを抜ける時もまるで安定している。正動能力は雲泥の差。

そんな時、古くからの友人がセカンドカーで維持している初期型「アウディーTTカブリオレ」を、あまり乗る機会がないので維持してくれるなら譲ってもいいよと提案があった。

アウディーCCウエブ.jpg

このダークグリーンの初期型TT。チャーミングさと運動能力を併せ持つ傑作オープンカー。

img_6.jpeg

この画像のインテリアのMT。21世紀になってからのレザーシートの中で、このシートがマセラティクーぺに次ぐ魅力を持っていると革マニアな私は確信する。アウディーの中でも最も美しいインテリア。

家族も親しい顧客たちも145を廃車にしてこの車に乗り換えることを勧める。それではアルフィスタである事を放棄する事になる。誰もそれを嘆く人はいないとあざ笑いながら皆言う。私は動揺した。

_DSC5110.jpg

そんな時、私の「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」が私の元に帰還した。やはりドライブすると面白い。安全性に目をつぶったというか無視したようなエンジンの唐突なバイクのような軽い吹け上がり。やはり五感を研ぎ澄ましてドライビングしないと危ないと感じる緊張感。中速でのコーナーでもやわなボディーとサスペンションが悲鳴をあげる。人馬一体感をこれほど感じれる大衆車は、安全最優先の現行車ではまず味わえない。

_DSC5114.jpg

チープな内装だって、精一杯デザインされていて居心地良い。ハンドルとシフトノブのしっとりした革の触感は最高でグリップする。現行車の合成レザーでも同じの革とは別物。

_DSC5115.jpg

アルファロメオというイタリアの大衆が愛したスポーツカーブランドが好きだ。そのスポーツする心を失わずに車作りを続けて100年。多くの問題点を内包しながらそれを許す価値を持っていると私は思ってる。移動手段として考えれば厳しいかもしれないけれど、こんな面白い悪女はいない。

でも「アウディーTT」は気になるし、漆黒のGTVアルファコルサも控えている。でも〜やっぱこの20世紀最後の問題車と揶揄されるアルファのファミリーカーが好きだな。

2015年10月27日

普段使いはこの辺りに落ち着いたボンジョルノのモノたち

今月もぎりぎりセーフ。今月は重複する品もありますが、よく持ち歩く私にとってフィットするモノたちをアッププゥ〜。何を今まで紹介したか調べ直せ無かったという真実もありますが、やはり紆余曲折した後フィットする品々に辿り着くのかなと思ったりするのでありました。

_DSC4962.jpg

机上でも鞄の中でもこの3本が此処の所ある。万年筆は色々コレクションしていて面白さや美しさや個性的な書き味はもっと秀出た品は色々ある。逆にこの3本にそれらの秀出た部分を探し得られない。でも普段書くには大変使い易い3本。フラストーレーションを感じずに書けるという部分で私の場合この3本が楽。あれれぇ〜3本ともパイロットだった。現行の意匠はイマ十不満なブランドだけれど、筆記具という道具としての万年筆を考えたら、パイロットは世界一番のブランドだと思ってるボンジョルノ。

_DSC5045.jpg

そして今最も気になっているパイロットの20世紀最後の傑作・多面体樹脂軸のキャップレス万年筆のコレクションもナミキの赤(ワイン)色の軸が揃えば完結いたします。お持ちの方で適正価格で譲っても良いよと思った方は是非お知らせください。パイロットで唯一ラミーにも負けないデザインされた万年筆だと私は思っております。これは使わず飾っています。

_DSC5036.jpg

時計はSTOWAの3針。私が自分自身でお金を払って購入した時計。バウハウス的なデザインではノモスがあった。しかし、その当時私にはちょっと高価に思えて、良いと思ったけれど買えずにいた。そんな時このSTOWAのアンテアを知り入手した。それ以後色々な時計と出会いはしたけれど、やはりこの時計がしっくりすると感じる。回り回って原点回帰。でも後悔は全然していなくてこれからも増える可能性はあるようなないような。

R0040076.jpg

これにプラスこれを撮ってるリコーGRをいつも持ち歩く。私は良い絵を撮れれば良いけれど、それ以上に撮るという行為自体が好きみたい。そんな私はやはりMFレンズの意匠が好きで、それを活かせるデジカメとなる。そしてこの有様。高性能な一眼レフのデジカメに大口径AFレンズの方が良い絵が撮り易い事は重々理解してはいるけれど、これでボンジョルノスタイルを通します。と言いながらキヤノン5Dの最新の前の機種が気になる今日この頃。

_DSC5040.jpg

パナマの季節も終わりフェルト系のハットの季節到来。秋冬に最もかぶる回数が多いのはこのウールのボウラー改かな。トップを中折れハットのようにつぶし、革のテープを巻いた数千円で購入したボウラーハット。好きですね〜。

DSC_9614.jpg

でもって、カメラ趣味仲間というより先達のレ・ザルティザンの三島の勤ちゃんに撮ってもらった画像添付(NIKON D810 に Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR II)。上に載せた品々(多面体樹脂軸キャップレスを除いて)は全部パパスにパンパンに詰まったポーチ・ピッコロと一緒に収まっていて時計もSTOWAです。カジュアルな服装にもこのボウラー改であれば違和感ないのでは?(ボウラーハット推奨友の会会員他1名)。

2015年10月19日

「ポーチ・ピッコロ」良いと思う。

冠婚葬祭用を意識して作りました。バッグインバッグとしても使えるコンパクトさでありながら、予測を遥かに超える収納力を持っています。それを可能にするサイズバランスと縫製方法を私と組み上げ職人さんと二人三脚で煮詰め込んで生まれたのがこの「ポーチ・ピッコロ」です。

今回は極めてシックな色ばかりで作りました。やはり冠婚葬祭では黒に黒ステッチ。今回はどの革も黒は黒ステッチで仕上げました。遊びがなくてつまんないかもしれませんが、やはりその需要が圧倒的なのは事実。カラフルなポーチ・ピッコロは次回生産を乞うご期待。

_DSC4852.jpg

クリスペルカーフは牛革の最高峰だと思う。ボックスカーフ系の革は生後六ヶ月の日本での名称で言うキップ革の原皮を使う場合が多いけれど、クリスペルカーフはそれより若くて繊維のキメが細かい。その上顔料の食いつきが特別強固(厚塗りで呼吸できない多くの顔料染め革と違い通気性を確保している)。扱いには神経を使わないと傷つきやすい革ではあるけれど、その弱点を補ってあまりある魅力を持ったキングオブレザー。クローム革ですが上質なエージングもお手入れ次第で楽しめます。

今回は新たに加わったクリスペルの定番色のトープとネイビー、そしていつもの黒。なので今までクリスペルの黒はブルーステッチ仕上げでしたが、ネイビーが加わったのでオール黒仕様で黒は作りました。それに加えトープはしっとり良い感じ。税込47,520円。

_DSC4855.jpg

やはり気にせずガンガン使うならシュランケンカーフ。シュランケンのソフトな質感が功を奏して、革の種類別でいうと容量的に一番入る。今回は前回すぐに売り切れた反省もあって、黒に黒ステッチタイプはいっぱい作りました。それにネイビーにブルーステッチを作りました。カラフルな色が唯一多くあるシュランケンカーフではありますが、今回はダーク系で揃えました。税込37,800円。

_DSC4856.jpg

黒桟革は日本人の美意識を伝えます。国産革の中では破格に高価な革ではありますが、特別な味わいを持った革です。人が精魂込めて人工的に作り出したエイ(スティングレー)の革の風合いとでも言えばいいのか、この革を生かす最良のバッグとしてピッコロは誕生しました。税込47,520円。

_DSC4857.jpg

中はシンプル。最初財布の中みたいな仕様でファーストサンプルを作りましたが、それだと高価になるし、使い方に制約多くて自由にアレンジしては使えない。そして行き着いた仕様がこれ。自由に発想してこのスペースを使ってみてください。私は長く使い続けて光沢が出てきたピッコロ(シュランケン/バイオレット)にいっぱい詰めた使用状態をお客様にお見せするのが楽しみです。「わぁ〜こんなにいっぱいはいるんだ!」と驚かれるお顔を見ると、嬉しくなってしまいます。

2015年10月11日

ちょっと遅れて「残心コインケース」

少し遅れて「残心コインケース」ができあがりました。残心革小物シリーズはどれも良いと思っているのですが、中でもコインケースが最も良く出来ていると思っています。私は今まで自分が作った色々な小銭入れを使ってきましたが、この残心小銭入れが一番使いやすいと感じています。今回から裏張りの革がソフトなバングラキップに変わり、益々使いやすさがアップしました。

_DSC4742.jpg

シュランケンカーフタイプがやはり残心コインケース中最も柔らく仕上がっているので使いやすい。バイオレット、アイリス、ライムグリーン、ジーンブルー、ミコノス、オレンジ、ネイビー、トープの8色でいっぱい。税込8,640円。

_DSC4746.jpg

クリスペルカーフタイプはやはり高級。使い続けるとその魅力がジワ〜っと実感していただけるはず。ダークブラウン、ブルー、黒、トープの4色。税込9,720円。

_DSC4749.jpg

国産黒毛和牛の原皮を姫路の伝統なめし技法の「しろなめし」した革を揉んでシボを出し、そのシボの頂点部分に10回以上本漆を塗り染み込ませた手間を惜しまずかけて生まれた日本皮革の至宝「黒桟革」ではブラウンと黒。「まるでエイ(スティングレー)の革みたい」と言っておられたお客様がおられましたが、自然が生み出したエイ革の輝きを、人が手間と情熱で同等の輝きを人工的に作った革です。エイは硬質で縫えませんが黒桟革は縫えます。税込9,720円。

_DSC4751.jpg

コインはこんな感じで。お札だって三つ折りにすれば内ポケットに収まります。

_DSC4752.jpg

コインいっぱいで膨らんでも切り込み部分にカードを挿せば曲がらず収められます。

普段のちょっとしたお買い物ならこれ一つで不自由しません。また残心折財布にはカードを介して挿す事が出来て、小銭入れ付き折財布にも残心折財布がバージョンアップします。一度使ってみてください、その良さが分かり手放せなくなる事請け合い。

2015年10月 8日

残心シリーズの革小物たちが徐々に登場

これも遅れに遅れておりました残心シリーズの革小物たち5型が登場です。まずは3型(長財布、折財布、名刺入れ)今週末には残り2型(コインケース、前回とは違うA7カバー)も出来上がります。これ以上はシンプルには作れないであろう革小物、それでいて使う上での物足りなさはないカタチ。そしてシンプルゆえに使ったときの所作が美しい革小物を私なりに考えてデザインしました。

この革小物を作る上で最も意識したのは裏表0,5mmの革の接着。まず非破壊強度の接着剤を調合し、そのまま0,5mmの薄くした革をいつものようにヘラで塗ると凸凹が表面に出てしまうので均一に濡れるようにスプレー接着。そのスプレー接着が厄介。シンナー系の接着剤をスプレーする時は換気機能がしっかりある部屋でマスク付けてすることになる。それが出来る工場はか零細な革業界には数少ない。あっても受けるロットが大きくないとやってくれなくて、なんとかお願いしていた東京の工場はしてくれなくて部材を渡したままやってくれずに、一時生産が進まなかった。新たに豊岡の工場にその作業を頼むようになってからスムーズにリピートできる体制が整いました。でも今回ちょっと遅れたのはその後の組み上げ。トホホ・・・、でもボンジョルノの渾身の革小物シリーズはこれからも作り続けていきますので宜しくお願い致します。

_DSC4704.jpg

長財布はクリスペルが4色(黒、ダークブラウン、トープ、ブルー)で、シュランケンカーフが3色(トープ、バイオレット、ミコノス)で、黒桟革が黒とブラウン。今回はクリスペルカーフはネイビー以外の4色作りました。シュランケンのミコノスは珍しいかも。

_DSC4713.jpg

この長財布だとジャケットの内ポケットに差していても違和感なく持てます。二層式なので一万円と五千、千円札を区分けして入れられます。いざとなればお札100枚入ります。そしてカードを差し込める場所が3箇所あり、これが何かと便利。クリスペルカーフ、黒桟革は税込16,200円でシュランケンカーフは税込12,960円。

_DSC4709.jpg

折札入れは前回作った在庫も含めて、クリスペルカーフ(黒、ダークブラウン)黒桟革(黒、ブラウン)税込12,310円とシュランケンカーフ(ジーンブルー、オレンジ、ライムグリーン、バイオレット、トープ)ブッテーロ(チョコ、茶)は税込10,800円です。

_DSC4710.jpg

ここまでシンプルな折財布は他にあるだろうか。札ばさみ並でありながら金属の棒がないからポケットに入れても収まりが良い。カードを挿せる切り込みが残心長財布と同じ三箇所。残心コインケースや名刺入れをカードで繋げて小銭入れ付きおり財布やカードをいっぱい入れられる折財布にもアレンジできる。

_DSC4706.jpg

残心名刺入れはクリスペルカーフ(ダークブラウン、トープ、ブルー)黒桟革(黒、ブラウン)税込9,720円とシュランケンカーフ(ネイビー、黒、ライムグリーン、オレンジ、ジーンブルー、トープ、バイオレット)税込8,640円。

_DSC4714.jpg

これで名刺30枚、シュランケンカーフだと柔らかさが功を奏してもっと入る。左右トップ3目のステッチが名刺の束を止める。裏にある折財布と繋げる為の2本の切り込みが工夫次第で別の使い方も出来て重宝。

使う時の所作を意識して作った残心革小物シリーズ。それでいてシンプルでありながら使い勝手は犠牲にしないバランス。使うと「わびさび」の味わい感じて頂ける革小物たちだと思っています。

という感じで南青山のサークルさんより遅れて本家もブログアッププ〜。東京ではサークルさんで実際に見れます。宜しくお願いいたします。

2015年10月 2日

レディースの一番人気「タンク・トート」が出来上がりました。

ル・ボナーのレディースバッグの中でやはり「タンク・トート」が一番人気。店頭から消えて久しいかった。年に基本一度しか作れる枠がないので、今回も多めに作りました。だが、年に一度しか作れない間に予約分が増え、卸し先へ送ったら6色作った内の黒とダークブラウンは店頭に並べる事なく無くなり、ル・ボナーに並んだのは4色。黒とダークブラウンは卸し先のサークルさんかC.O.U.さんにお問い合わせください。

_DSC4692.jpg

今回は人気色のバイオレットは作らず、特別に仕入した妖艶な魅力を持った色・アイリスで作ってみました。

レディースでも人気急上昇のネイビーは今回もタンクトートで登場です。

_DSC4691.jpg

人気トップのトープは他色の倍の数を作ったのでかろうじて在庫がまだあります。

それに加え、今回は爽やかブルー系はジーンブルーにしました。

L1000806.jpg

ル・ボナーでは珍しくシュランケンカーフにしっかり芯を貼って作っています。

L1000808.jpg

底は特にがっちり厚めの底板いれてます。内縫いの玉縁も丈夫なビニール芯いれない二つ折り。それでもしっかり丸みが出ています。

L1000805.jpg

このレディーストートは最もル・ボナーらしくないバッグなのかもしれない。でも人気がある理由は分かるような気がする。これからも多くの女性に支持され続けて作り続ける事になるだろうバッグです。税込59,400円にて好評発売中。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。