2015年12月アーカイブ

2015年12月31日

直しながらでも使い続けたいと思えるモノたちが好き

L1001393.jpg

私はこの戦前にアメリカで作られた事務椅子が気に入って使っていた。古き良き時代のアメリカを描く画家のノーマン・ロックウェルの絵にも登場する1940年代前後に作られたであろう椅子。しかしこの椅子の足の部分が壊れかけて安心して座れないでいた。年に1つお店の什器を作ってもらっているTANBA NANBAさんに無理を承知でお願いしたら修理を受けて頂き復活した。消費使い捨てせざるおえない品ばかりの時代ですが、修理してでも使い続けたいと思えるモノたちが私は好きだな。そしてビンテージ品が増える。それって逆に大変贅沢な事かもしれないけれど。

そして今月も年の瀬迫って12月の「ボンジョルノのモノたち」何とかアップ。

_DSC6121.jpg

ルクルトのフューチャーマチック。買った価格は通常売買されてる価格より相当安く買う事が出来たけれど、その後修理代がいっぱいかかっている私の最も愛している時計。このダイヤルデザインが秀逸で、SFな空想をいっぱい語りかけてくる。本当はいつもこの時計を付けていたいけれど、トゥールビヨンより繊細な?この時計はそれを許してくれない。完全非防水、パワーリザーブは満タンにならないのを見張る為に必要(パワーを逃す機構が付いていないハーフローター自動巻、同じ時代のオメガのハーフローターにはあるのに)。そんなこんなでデリケートな時計の為、年末年始の10日ほどの間だけ年に一度付けている。それにしても魅力的な時計だ。

onotomaguna.jpg

オノトのマグナ。戦前に作られたイギリス万年筆の傑作。キャップをとるとびっくりするほど大きなニブ。私の持っている鍛造ニブの中で最大。鍛造ニブは鋼の弾性が独特なしなりを味わえる書き味、その書き味をこの大きなニブが深みを加える。プランジャー吸入方式が面白さを倍増する。しかしこれもいつ壊れるか不安を抱えての実用品。でも次の時代まで残したい特別な万年筆。

zumikuronnjpg.jpg

半世紀以上前の2つのズミクロン50mm。オーラを感じる金属の質感は人が作った宝物。

_DSC6113.jpg

白黒フィルム時代のレンズなので、デジカメで使うと思った絵が撮れない。でもそれを逆手にとって「特別な絵」を撮れるようになりたいと思ってしまう存在感。

_DSC6117.jpg

戦前に和歌山の山林王が三越を通してイギリスの老舗ハットメーカーにオーダーして作ったボウラーハット。蔵にデッドストック状態で箱付きで眠っていたという品を譲り受けた。アングロサクソンの国の既成のハットは黄色人種にはあわない事が多いけれど、これはオーダー品なので私が被ってもフィット感抜群。私の所有するハットの中で最も美しいラインを持ったきめ細やかなファーフェルトのボウラーハット。

2015年12月26日

シュランケンパパス連続生産第二弾出来てます。

シュランケンカーフタイプのパパスは製作数が多くて3回に分けて作っています。その第二弾が出来上がっていたのですがブログアップ遅れました。お待ち頂いていたお客様にはごめんなさい。今回の4色は。

_DSC5993.jpg

黒とネイビー。今回黒はグレーステッチでネイビーはいつもと同じブルーステッチ。

_DSC5996.jpg

ライムグリーンとダークブラウン。最初シュランケンのライムグリーンはカメレオンを思い浮かべて「良くこんな色を作るよなぁ〜」なんて他人事のように言っていましたが、使い始めたら他の色だと物足りないと感じるまでに好きになってしまったボンジョルノカラー。ダークブラウンでパパスはず〜っと作らなかったけれど、今年になって春に続き2回連続で作っています。

そんな感じで店頭に並んでいて、最終の第三弾は年明け登場予定。税込み70,200円。パパス・ショルダーバッグはこれからも作り続けていきます。

2015年12月23日

デッドストックしている革たちを愛でる

もうすぐ年に一度の本当の意味での棚卸し。その前に定番で使っていない革たちを整理整頓し巻き直すのが毎年の儀式。私は鞄好きという前に革フェチなのかもしれない。巻いた状態でも指先で触るだけでその革が何なのかは分かるし質の良し悪しも判断できる(色は見ないと分からないけれど)。昔日本最大のニッピの倉庫の山積みの革から指先で触ってチョイスした事があったが、そのチョイスは正解だった。今はもう入手困難な珠玉の革たちと出会える年に一度のボンジョルノレザーコレクションの一部をご紹介〜。

_DSC6034.jpg

あぁ〜こいう裁断をハミは躊躇なくしてしまうから、その後の利用方法を考える私は大変。革のシルクと呼ばれたフランスの最高級シープナッパの「ブロンジェ」をです。これは今回「ポンテ」で使う目処がついた。この繊細な肌触りはベビーカーフであっても牛革では作り得ない。_DSC6036.jpg

ブロンジェは一枚全裁で60デシ前後です。小さいですね〜。

_DSC6037.jpg

ベビーカーフでこれ以上繊細には仕上げれないであろう、日本のタンナー「TEIKA」が作った幻のメイドインジャパンレザー。私とハミはこの革を見た時世界一のカーフだと思った。その世界一の日本製レザーをル・ボナーの定番革として使いたいと願った。

_DSC6040.jpg

そしてサンプルで多色仕入れこの革を生かせるカタチを模索していた矢先、日本の市場はいくら良い革を作っても輸入革並みの価格のこの革より名のある輸入革を選ぶと、タンナー自体を廃業してしまった。在庫は借金してでも買いたいと伝えたが、この世界に誇れるカーフを認めようとしない日本での処分はしたくないと言い、中国で二束三文の値段で処分してしまった。そして現在このテイカの革は日本ではル・ボナーが少量持っているだけかもしれない。今見ても世界に誇れる革だとつくづくおもう。

_DSC6048.jpg

これがカーフヌバックです。トラ模様そのまま残ったヌバックなんて世界探してもないのではないでしょうか。

イエロー.jpg

これもテイカのカーフ。あまりに緻密ななめしでそれでいてしなやか。日本のなめしレベルは本気出せば世界最高峰であることを伝えたこの革たちはもう作れない。

_DSC6049.jpg

次はイタリア・フラスキー二社のカーフたち。今もタンナーは存在しているけれど私が愛してやまないねっとりカーフはもう作れない。型押しですらねっとりした質感。この革で数年前残心シリーズの革小物を作った事があったけれど特別だった。また作れるだけの革は残ってる。

_DSC6044.jpg

ビューカーフの赤。イタリアンレッド「ロッソ」はこれかなと思う。

_DSC6052.jpg

これが今まで見て触って最も驚いたボックスカーフ系の黒。手に吸い付く様なねっとり感は20年以上熟成されて増している。もう味わうことのできない過去のフラスキー二の革たちでこれからも小出しに作っていこうと思う。

_DSC6054.jpg

フランスのデュ・プイが作ったマットな質感が特別な「ロダニール」です。クロームなめしだのに素敵なエージングをする事に驚いた。この革以外にマローカーフやフジカーフも少しまだ持っている。今のデュ・プイ社には作れない素敵な革たち。

_DSC6046.jpg

ドイツのサイフィアンゴートの赤もまだあった。このタンナーも廃業しちゃった。

_DSC6060.jpg

世界第2位の規模だったスウェーデンのタンナー「ボルゲ」社のカリブー。この革はエルメスの革ジャンパーに使われていて良いなと思った。鹿系の革なので表皮は使っていて剥がれて起毛してくるだろうけれど、そうなってからが大変丈夫。私はこの革で何も入れないとクタ〜となるボストンバッグを作りたいと思った。

_DSC6062.jpg

これもボルゲ社の「フェルディナンドカーフ」。カリブーによく似た質感ではあるけれど、カーフなのでカリブーに比べると表皮は数段丈夫。この革で最初に作ったハンドバッグが「フェルディー」。バッグの名前は使った革が元。しかしボルゲ社も廃業してしまい今はル・ボナーに少し残っているのみ。大好きな革だった。当時シュランケンカーフより高価な革だった。

素敵だと思う革がこの世の中からどんどん消えて行く。革を作る国の個性が強く出ていた時代はもう思い出、そんな今という時代に抗いながら魅力を失っていない革を使っていきたいと思う。

2015年12月22日

ル・ボナーの年末年始の営業予定

L1001390.jpg

明日(23日)は祝日なので営業することにしました。

その後の年末年始の営業予定を告知させてもらいます。

年末は29日までの営業です。年始は3日からの営業開始です。

ただプライベートな事情で、1月の10(日)11(祝日)は休ませて頂きます。

宜しくお願いいたします。

2015年12月21日

予告「ポンテ」第三弾

バッグや大きな盤面を必要とする革小物は作れないけれど、小さな単一パーツで作れる革小物用だとル・ボナーには魅力的な革たちが倉庫の片隅にまだまだある。それらの革をカタチに変える上で「ポンテ」キーデルはうってつけの革小物ではないかと気付いた。シュランケンカーフはル・ボナーのメインレザーで多くの色があってこれからも作り続けるけれど、倉庫に眠っているもう作れない作っていない過去の魅力的な革たちをこのポンテで使ってみたくなった。早速ポンテ第三弾製作ではフランスのブロンジェで作る事に。まずは先作りで一つ作ってみました。

_DSC5999.jpg

出来上がって金具を付けて組み上げると、予想以上のしっとりとした肌触りとシュランケン以上の細やかな弾性に驚かされた。早速ポンテ製作第三弾はブロンジェ使って作る事に。

この「ブロンジェ」というシープナッパは「革のシルク」と呼ばれたパリのオートクチュールでも愛されたピレネー山脈フランス側の羊の皮をソフト仕上げでなめした傑作衣料革。ちなみにピレネー山脈スペイン側の羊の革を使った製品ではスペインを代表するブランドが使っている。その革より上質と言われていた羊革が「ブロンジェ」だった。サンプルでその革を仕入れてその質感に感動を覚えたけれど、その高価でありながら小さなサイズの革を生かすカタチを発想できないまま時が経って行きました。その革のシルク「ブロンジェ」がポンテで登場です。

_DSC6008.jpg

色は左から赤、ワイン、ブルー、茶の4色。平らな状態だとその魅力は画像から伝えられない。でも同じフランスのデュ・プイ社のソフトカーフと貼り合わせた時の弾性は特別。それが組み上がると画像からも伝わるはず。

_DSC5998.jpg

この特別は触れてみた時、本当の真髄を感じていただけるはず。羊革の弱点は表皮の弱さです。牛革に比べ使い込むと銀面(表皮)は剥がれやすく起毛を発生しやすい。しかしその弱点に目を瞑っても使ってみたい色気をこの革は持っている。革が持つ滅びの美学をこの革は伝えてくれるはず。ブロンジェで作った小さな革小物「ポンテ」が、今まで感じたことのない触感の感動を伝えてくれるはず。

ル・ボナーにある端切れ革で「ポンテ」を作るのは廃棄処分予定革の再利用の側面はある。でも処分するのは忍びない魅力的な端切れ革たちを日の当たる場所に登場させる事が出来る事はこの上ない幸せ。これからも色々な革を「ポンテ」で作っていきます。次はどんな革でポンテ作ろうかな。

今作っています。価格はシュランケンタイプと同じ5,940円。

2015年12月20日

「ポンテ」キーデル第二弾出来上がりました。

好評でファースト生産品はあっという間に売れてしまい、急遽再生産を始めて出来上がりました。今回は前回の倍以上作ったので当分はあるはずです。と思っていたらもう危ない数にになっている色も何色か出てきております。この人気は嬉しい限りです。税込み5,940円、この後「ポンテ」製作第三弾として少しだけ革のシルクと呼ばれた革(ブロンジェ)で限定生産を始めています。

_DSC5971.jpg

左からピンク、オレンジ、ライトレッド。ピンクの発色は凄いですね〜。あと赤系では「ルビン」という紫かかった赤でも作ったのですが、南青山のサークルさんに全部送ったので画像に出す事出来ないまま店頭にも当然並べる事なくル・ボナーから消えました。「ルビン」の色をご覧になりたい方は南青山のサークルさんの方へ。

_DSC5972.jpg

後ろ二つはアイリスとバイオレット。前にあるのはシュランケンカーフではなくてソフトスノーカーフのワイン。しっとり感あるシュランケンカーフとは違った感触が面白い。

_DSC5973.jpg

ブルー系は前からスカイ、ジーンブルー、ミコノス、ターコイズブルー。ターコイズの発色は凄いです。ミコノスは前回一番人気だった。スカイも作りましたよアエロさん。

_DSC5974.jpg

ライムグリーン、ネイビー、そしてトープも作りました。ライムグリーンはあと一つだけになっています。

_DSC5975.jpg

オリーブとホースも前回製作分が各1つ残っています。ただオリーブは極めてシボが荒い。

という感じで現在15色が店頭に並んでいます。ご予約頂いていたお客様方にはこの後順次ご連絡させて頂きます。使うと分かる既存のキーホルダーとの違いをあなたも味わってみてください。

2015年12月11日

レディースのベストセラー「コンフェッティ」が店頭に

12356776_903098996447159_936021334871315899_o.jpg

ル・ボナーのレディースバッグの中でタンクトートと人気を二分する「コンフェッティ」が店頭に並びました。まだこのバッグがデビューして数年しか経っていませんが作っても作ってもすぐに店頭から姿を消してしまう人気のカタチです。今回は52個作りましたが予約分が結構ありその上卸先でも要望多くある為、現時点でル・ボナーの在庫は10数個という状況です。これからも作り続けるル・ボナーのカタチです。。

今回は単色4色とエッグシェルとのコンビで2色作りました。

_DSC5863.jpg

エッグシェルとのコンビは発色抜群のピンクとターコイズブルー。シュランケンカーフの定番14色にはないこのカラフルな2色を特別注文したのは、このコンビのコンフェッティを作りたかった事が最大の理由。今までコンビで使っていたクリーム色のシュランケンカーフはライトグレーでしたが今回はエッグシェル。チャーミングさが増したのではないでしょうか?。内装のピッグシルキー革はピンクが薄紫で、ターコイズブルーの方が若草色。

_DSC5864.jpg

黒と限りなく黒みたいなネイビー。ネイビーはブルーステッチなので何とか区別できるけれどそうでないと無理。冠婚葬祭時にも使いたいと黒がこのカタチでは人気で、黒が全般的に不人気のル・ボナーでは珍しい現象。内装は両方薄紫。

_DSC5866.jpg

トープはやはり外せません。それに加えて今回はゴールドを作りました。内装は若草色。

小さいけれどいっぱい入る、それは大きさの割に幅広なマチが功を奏している。ただその場合、バランスが崩れやすい。その均衡をふくよかな内縫いによってチャーミングさに変える。腕に提げていて微笑んでしまう可愛いハンドバッグ。税込54,000円。

2015年12月 4日

再び「ビジィー・リュック」

構想から発売まで年月が長かった事も有り価格10万オーバーだのに、ファースト生産分はあっという間に売り切れてしまいました。そして、年に一度ほどの生産ペースが通常のル・ボナーのバッグたちですが、要望も多くあったので二度目の量産を決行して今日完成しました。今回は7色(黒、ネイビー、トープ、ダークグリーン、オレンジ、ライムグリーン、ジーンブルー)で作り、それに加え前回生産分の最後の1本だったバイオレットも加え8色店頭を飾る予定でした。でも卸先(レ・ザルティザンさん、サークルさん)のご要望を優先したら本家ル・ボナーには5色となりました。

_DSC5708.jpg

このビジネスリュックで絶対外せない黒とネイビー。ステッチを変えなかったら見分けられないほどネイビーは限りなく黒に近いブルー。

_DSC5710.jpg

トープ、ダークグリーン、ジーンブルー。人気色のトープもはずせません。最初作る予定のなかったダークグリーンは、大阪のYさんの強いご希望を汲んで急遽加えた色。その後ダークグリーンでの注文重なりジーンブルー共々店頭在庫のみ。

_DSC5707.jpg

ライムグリーン、バイオレット、オレンジは現時点で店頭には並んでおりません。卸先(レ・ザルティザンさん、サークルさん)にご連絡してみてください。銀座C.O.U.さんでは黒、ネイビー、トープを今日出荷しました。

_DSC5712.jpg

こういう仕様のリュックはそうないのではないでしょうか。このビジネスリュックは作ってからコストを考えています。革製リュックはコストを考えて背胴部分やショルダーベルトの裏部分はナイロンメッシュとかにする場合が多くありますが、スーツでも持てるビジネスリュックというコンセプトからオール革で仕上げました。内装がいつものピッグシルキー革でなくてイタリア製リモンタナイロンを使ったのも軽量化が理由です。結果税込151,200円となりました。

_DSC5719.jpg

この「ドイツホック」がこのバッグの肝かもしれない。ドイツの高級オープンカーの幌を止める為に開発された200kgを一つで支えるというオーバースペックの簡単着脱ホック。これがこのビジネスリュックの発想のスタートライン。

_DSC5716.jpg

前回のファースト生産ではこのタイプの金具で最後にあたふたした。オール金属のこのタイプの金具は2種類しか見つけられなかった。価格は一緒で見た目立派な見栄えの方を選択したら問題発生しこのYKK製に全て交換。やはり世界のYKKだけあって管理チェックがしっかりしていて安心感。もう迷いません、これでいきます。

使っていただいてるお客様方にはできるだけ使用後の感想を聞いています。今の処、使ってみて使う前に思った以上に背負いやすくて驚いているとの嬉しいご意見多く頂いています。ゴツゴツした金属質な、つまりぶっちゃけて言うとカメラやレンズをいっぱい入れて背負うと背中にゴツゴツした感触を感じるとのご意見ありましたが、ウレタンとかを東急ハンズやホームセンターで購入されて、背胴のポケットに入れる事をお勧めしています。というふうにより使い勝手良く使うには、基本のスペックは十分ですから工夫を加えると激変するはず。

今回の画像はALPAのKERN-MACRO-SWITAR 50mmF1,8ARで撮りました。このヴィンテージレンズ大気に入りです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。