« 臨時休業のお知らせ | ホーム | 「山の上ホテル」昭和な日本の慎ましさ »

2016年1月13日

「デブ・ペンケース」いっぱい作ってもう少しだけ

卸先の仲間のお店が文具関係が多い事もあって、衰えを見せない人気が続く「デブ・ペンケース」が完成していました。化粧箱の出来上がりを待って卸し先へは昨日出荷しました。このデブペンは東京のサークルさん、名古屋のペンランドカフェさん、神戸元町のPen and message.さん、ネット文具販売の分度器ドットコムさん、それとル・ボナーで販売しています。

今回はシュランケンカーフの派手な珍めの色で3色と、絶大な人気を誇るブッテーロ革タイプで8色。今回からLeBonheurの刻印を入れることにしました。ちょっと中央寄りで目立つ場所になってしまいましたがお許しを。税込み12.960円。

_DSC6221.jpg

シュランケンカーフタイプはピンク、アイリス、ターコイズブルー。定番では入っていないシュランケンカーフの3色を使ってみました。刻印はシルバーの箔押しで。

_DSC6226.jpg

左からチョコ、茶、黒、ネイビー。今回黒はグレーステッチで仕上げました。ネイビーはいつものようにブルーステッチ。ブッテーロタイプの刻印は素押しで控えめに。

_DSC6222.jpg

左からオレンジ、赤、グリーン、ワイン。オレンジは前回作った残りなので刻印なし。オレンジだけ前回いっぱい残っていたので今回は作らなかったけれど、その後ぽつぽつ売れてしまいあと1つ。グリーンは人気色なので他の色の倍の数作っています。

あれれ〜何か忘れた色がある・・・・・あっそうだ。

_DSC6453.jpg

前回人気だったのでブッテーロのバイオレットでも作りました。ワインとバイオレットが似てて危うく忘れるところでした。

という感じで今回もいつも以上にいっぱい作りましたが、予約分と卸先分が予想以上に多くあった為在庫はわずか。まあ主戦場は卸先各店舗なのでまあいいか。そんな感じで半年に一回のペースでいっぱい作るデブ・ペンケースの登場です。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2016年1月13日 13:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「臨時休業のお知らせ」です。

次のブログ記事は「「山の上ホテル」昭和な日本の慎ましさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。