« シュランケンタイプ「パパス」最終弾 | ホーム | おわりにしたくない「絞り技法のペンケース」 »

2016年2月 1日

「ネコ・リュック」

紆余曲折を経て30年以上前から作っている「ネコ・リュック」ですが、多くのお客様に支持されて進化しながら作り続けています。初期は国産グローブ革を使って作り始めて大と小サイズがありました。その後その中間サイズのみとなり、シュランケンカーフと出会い細部変更しながら今の仕様になったのが5年ほど前。一時カジュアル過ぎてル・ボナー製品のアイテムから外していた時期もありましたが、多くの方からのご要望があり復活したこの「ネコ・リュック」です。これからも色々なシュランケンカーフの色で作り続けて行きたいと思っています。

その「ネコ・リュック」が店頭に並びました。

_DSC6670.jpg

可愛いですねぇ〜。年齢を問わず背負うと可愛いリュックです。私の知る範囲で80歳オーバーから小学年少の女の子まで。男性も何人か使って頂いてます。今回は画像左から、ゴールド、バイオレット、トープ、ネイビー、それと唯一カラフル系でピンクの5色で作ってみました。

_DSC6677.jpg

シュランケンカーフのネイビー色は現在メンズレディース問わず大人気の黒に限りなく近い紺。

シュランケンカーフのバイオレットは内光だとダークブラウンにも見える落ち着きある紫。

_DSC6678.jpg

トープの人気は不滅です。現在シュランケンを使ったル・ボナー製品は必ずこの色は加えて数は他の色より多めに作るけれど、いつも最初に売り切れてしまいます。

このところシュランケンの定番中の定番色のゴールドの魅力を再確認しています。。シュランケンカーフの質感の魅力をストレートに伝えてくれる色だと思うのです。

_DSC6679.jpg

そして唯一カラフル系カラーでピンクで作ってみました。最後までこの色が残るだろうと思いながらも作りたかったピンクのネコ。しかし、驚いた事に完成前から注文連続してル・ボナーには現在ピンクは店頭に並ぶこのピンクのネコのみ。ただそのピンクのネコが売れても、現在店舗移転の為20日までお休み中の東京南青山の「サークル」さん用には全色取り置いていますのでまだ買えます。

税込み48.600円。背負うのが楽しくなるリュックです。

コメント(10)

ネコリュックのトープの在庫はございますでしょうか?

こんにちは、「ネコ・リュック」と「L字ジップウォレット」の在庫状況を教えていただけませんか?
どちらも愛用しているのですが、プレゼントにと思いまして。

今から十五年くらい前に、池袋の東急ハンズで同じデザインのナチュラルレザーで作られたリュックを買ったのですが、今でも大事に使わせていただいています。御社の製品だったのですね。
我が家のリュックは、ストラップが1枚革で裏側が毛羽立っていたり、ナチュラルレザーなので雨天では使えなかったりするのですが、お写真を拝見する限り、現在の商品は質感が全天候型に改善されているみたいですね。

大変失礼しました。私が保有しているリュックは、偽物だったのですね。良く思い返してみると、もう二十年以上前になりそうですが、東急ハンズの売り場で、黒と私が買ったナチュラルレザの二種類が展示されていました。デザインは、御社の正規品と同一で、特徴的なシッポの形状も、ストラップの取り付け箇所のデザインも瓜二つです。完全に御社製品をコピーしたのですね。唯一、ジッパーのベロの形状が、御社の正規品よりも幅広の滴状になっています。
折をみて、御社の正規品を改めて買い求めさせていただきます。
大変失礼いたしました。

次回出来上がりは2017の年明けでしょうか。オリーブかダークグリーンか、ライム以外のグリーンでの制作はありですか?

御社のネコリュックを購入したく毎日ネットとにらめっこです。今年の出来上がりは「有り」でしょうか?

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2016年2月 1日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シュランケンタイプ「パパス」最終弾」です。

次のブログ記事は「おわりにしたくない「絞り技法のペンケース」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。