2016年5月アーカイブ

2016年5月30日

「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」がやはり良い。

親しくしているシステムエンジニアの友人が、乗用車は最終的にベンツ、フェラーリ、ポルシェ、ポンコツに分類されるという屁理屈をさも正しいかのように論理的?にプレゼンした。そしてアルファはその中でポンコツに属すると。まったくもってこれは納得できない論理ではあるけれど、ある意味納得してしまって反論できなかった。でもこれだけは言える、そのポンコツが愛しい。

この所、最新の車を運転する機会が多くある。そして愛車の「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」をドライブすると、この方が楽しいと改めて思うのだった。車を愛おしく思えるキャプターは人それぞれ違う。私はこのポンコツが楽しい。

L1002280.jpg

本当はイタリアで多く見かける一度も洗った事のない車たちと同じコンデションなのに、写真写りはすこぶる綺麗に見える。

現行の車たちはどんなパワフルなスポーツカーでも重い鎧のような厚みがあるけれどそれがない。その上車とドライバーの間にコンピューターが介在するワンクッションが現行車にはあり、それが五感を鈍らせる。それに比べこのアルファロメオ145クワドリフォリオ前期型は手足にストレートに路面状況を伝達するので緊張感という危機管理意識が働き安全だ・・・?。そしてエンジンは非力だが精一杯回って健気さに涙する私だった。

L1002279.jpg

20世紀に作られた車の中で最も美しい2ドアハッチバック(縛りが狭いが)だと思う。ただ薄い安い塗装なのでアルファレッドは屋根部分はピンクに変色している。でもそれもイタリアらしくてエージングするものだと私は思うようにして許せる。

L1002271.jpg

このテールラインの美しさは見惚れる。

もう全然下取り価格なんて付かない一般的にはポンコツ車ではあるけれど、この車を運転していると本当に楽しい。信号で横にポルシェが並んでも私の場合は全然劣等感なんて感じない、というよりプライスレスな価値を見出せる自分を褒めたく思える。

移動手段として考えると疲れます。競うと負けます。タダでも入手可能ですが維持はそれなりにかかります。ビンテージとしての価値は全然ありません。でも乗るたび思う、こんな面白い有機的(ここが肝)な車は私の場合他に知らない。ただ年間走行距離が3000キロ以下だからそう思えるのだろうなぁ〜。

2016年5月24日

「デブペン」人気継続中。

_DSC0158.jpg

「デブ・ペンケース」はル・ボナーで年間生産本数が最も多い製品です。そして今回も多くのお客様にお待ち頂いていましたが、ようやく完成しました。今回はデブペン製作史上最も多い数を作りました。卸先店舗への発送も済ませたので、明日以降販売開始となります。予約頂いていたお客様方には金曜日以降順次ご連絡させて頂きます。今回はブッテーロで9色、シュランケンカーフで4色作りました。

_DSC0152.jpg

まずブッテーロで右からチョコ(ダークブラウン)、バイオレット、ワイン。今回特筆すべきは、今まで製品になると色の差が判別しにくかったバイオレットとワインが、はっきり違った色と判別出来る事。これはバイオレットが今回のロットが今までより濃く深い色になっている為。今後はどうかというと、次のロットを見ないとなんとも。

_DSC0148.jpg

上左から茶、オレンジ、レッド、そしてグリーン。おお、オレンジと赤とグリーンが同色の顔料でコバを処理しているので優しい見え方になった。ず〜っと茶はグリーンステッチなのは敬愛するイタリアブランドのバレクストラの影響です。

_DSC0153.jpg

黒とネイビー。黒は赤ステッチ、ネイビーはブルーステッチ。

_DSC0147.jpg

シュランケンカーフでは前回好評だったのでターコズとピンクは今回も作って、それに加えアイリス、それに初めてダークグリーンでも作ってみました。

お手入れしてエージング楽しめるブッテーロ、使い勝手の良いソフトなシュランケンカーフ、さあ貴方はどっちで何色?。名称のデブはなあ〜と思われている方もおられるでしょうが、この命名者はハミですのでしかたありませぬ?蔑称とは思っていないので変えません。税込み12,960円。

2016年5月11日

学士会館で結婚披露宴

_DSC9799.jpg

5月7、8日とお店を休ませてもらいました。30代後半に入った息子が10歳年下のお嫁さんをめとり、その結婚式を東京で8日にするので前日に行った。結婚する二人は沖縄で職に就いているので何も東京でしなくてもいいという思いも私にはあったけれど、学士会員になれた時から思っていた「結婚式をするなら此処で」という思いを息子は実行した。

_DSC9815.jpg

学士会館は東京大学が最初にあった場所に昭和3年に旧帝大出身者の会員制のサロンの場として建てられた。今も戦前の昭和を思い描かせてくれる数少ないビィンテージな内外装が特別な時間を演出する。近年会員以外でも宿泊、レストランの利用は可能になり、私も息子に勧められて東京出張時の宿として利用している。今回の結婚式の為、半分ほどの宿泊の部屋を遠方からの出席者用に抑えていた。

息子は現在琉球大学の森林関係の准教授をしている。幼かった頃は全ての発育が遅く、普通の大人になるのは難しいと医療機関に指摘された事もあった。そんな息子は一浪して何とか地方の国立大に入り、その時「興味を持った森林」と「昔風のバンカラな学生寮」が彼を変えた。好きな事は一生懸命出来るし、理不尽な事を強いられる他人との共同生活は社会性の芽を生んだ。その後名古屋大で博士号を取り、京大、九大で研究職に就き、その後現在に至っている。彼は今でもコンプレックスの塊だ。幼かった頃は運動や勉強が秀出てる子供、明るく活発な子供が人気ある。彼はそのどれも持ち合わせていなかった目立たぬ子だった。森林系の研究職に就くと周りは地方大学出は少なく大部分が旧帝大出で基本的な頭脳の差を強く感じた。そんな中で彼は研究者として生き残る方法を見出した。それは研究データーの中から新たな方程式を読み取る力。それを唯一の武器としてこれからも研究者として、この時代に生きた証のような仕事を残してくれると信じている。それにしても隔世遺伝を感じる。私の父は大学の研究職に就きたかったが戦後すぐの頃で食べるのにも困る時代だったので兵庫県の林業試験場に勤めた。その祖父の現役時代を知らない息子が今その職に就いている。そしてそのお嫁さんも沖縄県の森林関係のテクニカル公務員。私が父に何一つ出来なかった親孝行を、息子たちが変わってやってくれて感謝、感謝。

DSC09924 (1).jpg

披露宴会場はクラシックなインテリア。それ風に仕上げた結婚式場では生まれない、年月が醸成した深みがある。新郎側は親族と私の友人を除いて90%が森林関連の人たち。新婦側も親族以外の半分は森林関連。森林分野の日本の頂点・京大の教授や4月にウィーンであった学会に一緒に行った研究仲間たちも、それより何より大学時代寮長してたナカガワ君に逢えて私たち夫婦は嬉しかった。私たちが経験したことのないアカデミックな宴は和やかに過ぎた。

DSC00033.jpg

新郎の父は新郎と新婦の次に儀式の間の担当部分が多い。親族紹介、宴の間に来賓へのご挨拶、親族を代表してのご挨拶。そんなの慣れてないので数週間前からドギマギ動揺していたが、何とか無事乗り切った。私たち夫婦は着慣れない留袖とモーニングを着ることになったが、馬子にも衣装で結構楽しんでいた。写真好きの私は新郎の父でありながら撮るつもりで3台デジカメを用意してきたが、やはり撮れる状況ではなかった。そこで一緒に参列してくれた私の友人にカメラを渡しいっぱい撮ってもらったが、私たち夫婦以外は露骨に出してはいけないと思い公開はこれがギリギリ。

_DSC9869.jpg

引き出物は沖縄のお菓子とこの木の文具たち。インドネシアの小さな村の間伐材で作られたこれらの木の文具たちをチョイスした二人。自分たちのアイデンティティーを表現していて素敵です。プライスレスに大事にしたくなる価値を伝えてくれる可愛い文具たち。

_DSC9872.jpg

伐採したモッコクの木を輪切りにして、そこにレーザーで焦がして息子の書いた絵。このコースターもプライスレスな価値。

この頃、結婚式の引き出物もカタログから選ぶなんていう合理的な方法もよく見かける、私は新郎新婦二人で選んだ品の方が良いと思うな。上の品々は出席者の多くの皆様に大好評だった。

DSC00076.jpg

多くの人たちに祝福されて二人の結婚式は終わった。そして松本家にお嫁さんが加わった。新婚旅行は時間の都合がつく時に行くとの事。元々日本の自然が好きで海外は仕事で嫌々。2ヶ月に一度のペースで行ってるボルネオの熱帯ジャングルや最初に長期で行ったシベリアのタイガ樹林帯へはまず行かないだろう。多くの研究者が英語をネイティブに話せる中、読むのと書くのは大丈夫なんだけれど話すのが未だに苦手で英会話教室に通っているらしい。

決して心強くはない二人です、故にその弱さを理解し助け合いながら二人が心休まる家庭を作れたらと願っています。私とハミが七転八倒しながら過ごした時期に彼は育った。それは良し悪し両面で大きな影響を与えてしまった。そして私たち二人を反面教師として平和な家庭を作ってくれると思ってます。それにしてもいい結婚式でした。

2016年5月 2日

男女問わずお散歩時には「オブレ」良いと思う。

コンパクトなサイズなのに予想を超える容量が収まるショルダーバッグ「オブレ」が久々店頭に並びました。男女を問わずお散歩時のお供にベストチョイスなショルダーバッグです。書類が収まるサイズではないけれどiPad miniが丁度収まるかな?。ポーチ・ピッコロならメイン部分に2つ収まるけどそんな使い方する人はいないよねー。標準ズームレンズ付けた一眼レフだって収ってしまう。その上マチ付きの前ポケットとその蓋裏に目立たなくあるポケットも使って分かる便利さ。

縦横比に比べて似つかわしくないマチ幅が予想を超える収納力を生む。それは人気のハンドバッグのコンフェッティと共通する。そのバランスがチャーミングな容姿も生み出すけれど、数センチバランスが違うだけで残念な容姿を生み出す危うさも秘めています。「オブレ」を並べながら「何とも愛らしいバッグだよね?誰がデザインしたんだろう、この絶妙なカタチ、あっ俺だったよ〜俺って天才〜」と声を出して言っているのに誰も突っ込んでくれない〜。

今回はシュランケンカーフ5色で作りました。

_DSC9747.jpg

何か此の所このネイビーという色はどんなル・ボナー製品においても支持率急上昇。でもってオブレでも作ってみました。いつも思うのだけれど、この黒に限りなく近いネイビーにブルーのステッチは効いていると思う。

_DSC9744.jpg

トープは当然作ります。どんな色の洋服着て持っても収まるシュランケンカーフの色はトープが一番かなとつくづく思う。出しゃばらないけど存在感ある色。

_DSC9745.jpg

シュランケンカーフを使い始めた最初からあるゴールド。あまりにオーソゾックスな色と感じたからなのか、ある時期使用頻度が少なくなっていたけど、此の所時々この色を加えて作った時、やっぱり良い色なのかもと思う事度々。

_DSC9742.jpg

スカイも加えました。ジーンブルーと近い色ですが、ジーンブルーは春夏限定色と言っていいほど寒い時期には止まりますが、スカイは季節差がそんなにない。色って不思議。

_DSC9748.jpg

ライトレッドでも少し作ったのですが、生産計画を立てた後から予約が連続して店頭には並ばないでお嫁入り先決定。ご希望の方は卸先のC.U.O.さんにお問い合わせください。

小さなショルダーバッグですが、使うと価格以上の価値を感じていただけるはずです。税込み54,000円にてライトレッド以外の4色が店頭に並んでいます。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。