« 今週の木曜日は営業しています。 | ホーム | 残心シリーズが久々完成。 »

2016年9月25日

「フェルディー」ナチュラルな色気

静かに、それでいて存在感持って「フェルディー」。北欧のタンナーが作ったしっとりとしたカリブー革のような質感でそれでいてカーフ革の持つきめ細やかさ併せ持ったフェルディナンドカーフに魅了された。その革を最大限生したカタチをと10数年前に作り始めた。それでこのバッグの名は「フェルディー」。その後フェルナンドカーフを作っていた北欧のタンナーはなくなり、その後シュランケンカーフでこのカタチを作り続けている。小柄な女性が小脇に提げるとぴったりサイズ、カジュアルにたすき掛けの長さにもなって二度美味しい。そのフェルディーが久々店頭に並びました。

フェルディートープ.jpg

トープと

フェルディー黒.jpg

黒は予約も受けていたのでやはり外せません。

それに加え革屋さんでシュランケンカーフの定番色としては置いていないル・ボナーが特注した2色で。

フェルディーエッグ.jpg

フェルディーにはこのエッグシェルの色が合うと思うんですよね〜。

フェルディーアイリス.jpg

それと妖艶な紫色・アイリス。

「フェルディー」は色っぽいバッグだと思う。決して色気を誇張するよな装飾パーツやテキスタイルを使った演出ではない、デザインとパターンと縫製技術によるナチュラルな色気。

フェルディータック.jpg

厚みのない素材だと産まれないふくよかなタック。厚みがある素材が重なる部分を強度を持たせてスマートに見せるのは相当技術を要する。

フェルディードレープ.jpg

そのタックが前ポッケト両脇にナチュラルドレープを生み、本体にマチがない仕様なのに柔らかな厚みを作り出す。

フェルディーファスナー.jpg

本体ファスナー口が前に寝るのも前後本体パターンを微妙に変えていることが功を奏している。最初サンプルで作った時は前後同じパターンで、それだとファスナー口がうねって綺麗なフォルムが出なかった。

思ったより小さくてA4サイズの書類などは曲げないと収まらない。でもその弱点を補うに十分な特別チャーミングな印象を与えるレディースバッグです。税込み77,760円にて久々店頭に並びました。

コメント(6)

フェルディーは、東京では販売しないのでしょうか?
C.O.U.とCIRCLEのホームページを見たのですが、入荷の案内がありません。
トープ、アイリス、エッグシェルをぜひ拝見して、1個購入したいのですが、
東京での販売予定がありましたら、教えていただければ幸いです。

ありがとうございました。東京で問い合わせてみます。もし、東京で入荷の予定がたたないようでしたら、直接、そちらにアイリスを注文することはできますでしょうか?

フェルディは、本日、c.o.u.で実物を拝見し、エッグシェル色を購入いたしました。
そして、店頭にコンフェッティのアイリスがあったので、こちらも一緒に購入。
(コンフェッティは,主人がつくりのよいお洒落はバッグだね、とプレゼントしてくれました。)
どちらも素敵!大切に使います。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2016年9月25日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今週の木曜日は営業しています。」です。

次のブログ記事は「残心シリーズが久々完成。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。