« 「フェルディー」ナチュラルな色気 | ホーム | 臨時休業のお知らせ »

2016年9月30日

残心シリーズが久々完成。

残心シリーズはル・ボナーが発想した革小物の終着点。必要な部分は残し出来る限りシンプルにしたそのカタチが生み出す使用感は未体験の心地良さ。作る時はいっぱぁ〜い作らないと生産工程が機能しないので一度にまとめて作らないといけない訳だけれど、欠品するとすぐに補充が効かない側面も持っているのが残心革小物シリーズです。その残心シリーズの革小物が出来上がりました。まずは「長財布」と「名刺入れ」。この後残心シリーズ一番人気の「小銭入れ」も出来上がりますので、出来たらブログアップします。

_DSC1901.jpg

「長財布」はシュランケンカーフのミコノス、トープ、黒、バイオレット(税込み12,960円)とクリスペルカーフのトープと黒(税込み16,200円)が並んでいます。シュランケンのミコノスとクリスペルのトープは前回製作分のそれぞれ最後の1つ。黒桟革は今回製作開始時には多く在庫があった為入れてなかったのですが、製作の歳月の間思った以上に売れてしまい並んでおりません。次の製作はいつになるかは分かりませんが、その時は必ず作ります。

_DSC1871.jpg

カードは3箇所差し込めるようになっています。お札100枚は収まります。前に五千円札と千円札を入れ後ろに一万円札を入れて私は使っています。なんせ薄くてジャケットの胸ポケットに収めても違和感ないのがこの残心長財布の最大の長所。

_DSC1897.jpg

「残心名刺入れ」は、シュランケンカーフがライムグリーン、黒、ネイビー、オレンジ、トープ、ジーンブルー、バイオレット、アイリス(税込み8,640円)。クリスペルカーフが黒、トープ、ダークブラウン(税込み9,720円)。黒桟革のダークブラウン(税込み9,720円)が並んでいます。シュランケンのライムグリーン、クリスペルのトープとダークブラウン、黒桟革のダークブラウンは前回製作分なので残りわずか。

_DSC1888.jpg

上部の3目のステッチが肝、こんな風に差し込むように名刺を収めます。名刺30枚は余裕で収まりました。

_DSC1892.jpg

シュランケンカーフはソフトな革なのでもっといっぱいの名刺が収まります。

_DSC1891.jpg

残心折財布とカードでつなげる為の切り込みなのですが、別の利用方法で多くのユーザーの方が使っています。定期入れ等を併用したり、受け取った名刺を収めたり。

年齢と共に厚み重みのないそれでいて豊かにしてくれる革製品を生み出したいと思うようになりました。それをル・ボナーなりに具現化した革小物が残心シリーズです。これからも作り続けていきます。

コメント(3)

今、使ってる安物の財布が傷んできたので、クリスマスにでもそちらで財布買わせて貰おうかと思ってます。

東京在住でクリスペルカーフの残心(黒)を購入したいのですが、ネット通販等購入手段はあるでしょうか。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2016年9月30日 09:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「フェルディー」ナチュラルな色気」です。

次のブログ記事は「臨時休業のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。