« 待望の短ハンドル「コンフェ・ヴ」もうしばらくお待ちください | ホーム | 「デブ・ペンケース」大量生産中、まずシュランケンカーフから »

2017年2月 9日

絞り後半戦、クロコも絞れましたぁ〜!

_DSC4033.jpg

3本挿しと一本挿しの絞り工程は私の仕事。2/3は送り出したのですが残り1/3の絞りを定休日を利用してやっています。革を濡らしてその塩梅で絞っていくので量を絞り始めたら作業を止められません。湿り具合で段階的に一昼夜乾かして絞って、明日最終の絞り。集中して出来る定休日は仕事がスムーズに出来ます。ワインと初登場のトープと赤を絞り中。_DSC4035.jpg

そしてそして出来ましたぁ〜!。ダメ元で試しで絞ったクロコダイル、それが3行程ほどブッテーロより増やしましたが絞れました。クロームなめしの革はブッテーロのようなタンニンなめし革のように絞るのは厳しい。前回シュランケンカーフを絞ってみたら裂けてしまったのでクロコは1本挿しは何とか絞れたとしても3本挿しは難しいのではと考えていましたが絞れました。クロームなめしで表面溝が深くて薄く漉けないクロコを絞れたということは、どんな革でも工夫すれば絞れるという事。これはこれからの絞り技法のペンケースの可能性が広がって楽しみ。

お待ち頂いている皆さまもう数ヶ月お待ちください。2枚貼り合わせ(ここが肝)絞り技法のペンケース復活間近。

コメント(5)

出来上がりが楽しみですね。
販売価格は幾らになりますか?

素晴らしい絞りですね!商品化が待ち遠しいです。
ところで、ビジィーリュックの赤と青は制作予定はゼロなのでしょうか?
もしお願い出来るのであれば重ねてお願いします。
マイワイフと娘用にぜひとも欲しいのです。

3本用は買い損ねたままだったので、復活は嬉しいです。
クロコ気になります。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2017年2月 9日 11:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「待望の短ハンドル「コンフェ・ヴ」もうしばらくお待ちください」です。

次のブログ記事は「「デブ・ペンケース」大量生産中、まずシュランケンカーフから」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。