« 「デブ・ペンケース」大量生産中、まずシュランケンカーフから | ホーム | 「ラミー2000」は凄いと思ったボンジョルノ。 »

2017年2月13日

新たな選択技加えて「コンフェ・ヴ」店頭に。

いやぁ〜、ちょっとバタバタしましたが、今回からハンドルを長短選択できるという販売方法で「コンフェ・ヴ」が店頭に並びました。長短両方を交換しながら使いたい場合は本体価格税込11,8800円に加えてハンドル代 税込8,640円となります。

それでは今回店頭に並んだコンフェ・ヴを短ハンドル付けた状態でご紹介〜。

_DSC4046.jpg

まず黒。内装はワインレッドというより小豆色のピッグシルキー。

_DSC4045.jpg

ネイビーはやはりブルーステッチ。内装もいつもようにステッチと同色のブルー。

_DSC4044.jpg

珍しや、ダークブラウンでも作りましたよ、内装はベージュ。これは男性を意識して加えています。

そして新色のアントラジス(墨色)でも作ったのですが、ブログで先日画像をアップしたのがまずかったのか、その後予約連続して店頭に展示する事なく売り切れとなりました。アントラジスの革は特注していていっぱい在庫するので、次回製作時にはいっぱい作るのでこんな事にはならないはずです多分。

そして前回作ったゴールドとバイオレットは店頭にまだ並んでいます。

_DSC4047.jpg

_DSC4048.jpg

でもこちらは長いハンドル限定での販売となります。

革が持つ豊かな包容力を内包したブリーフケースだと思っています。

それを楽しんで頂ければ愛着強く感じて頂けるはず。

さあ、あなたは長短どっちのハンドルが良いかな?

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2017年2月13日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「デブ・ペンケース」大量生産中、まずシュランケンカーフから」です。

次のブログ記事は「「ラミー2000」は凄いと思ったボンジョルノ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。