« 「ラミー2000」は凄いと思ったボンジョルノ。 | ホーム | 「プティ・トート」ルビン、ティングレーでも »

2017年2月24日

ブッテーロ「デブ・ペンケース」見慣れぬ色でも

「デブ・ペンケース」の本命はやはりブッテーロタイプ。お手入れ次第で劇的なエージングが楽しめるイタリア・ワルピエ社のブッテーロ革。お手入れはマメに乾拭きを繰り返すことで刺激を受けて内側から油分が滲み出てコーティングされて清潔感のある光沢が出るわけですが、その反面お手入れせずにカバンに無造作に入れてると傷だらけになる弱点もある。どちらにしても使い続けた痕跡が良くも悪くもはっきりと残るのがブッテーロ。その痕跡を楽しんでください。

今回はブッテーロは11色で作りました。トープとキャメル(茶)は少し遅れて完成となりますので、まずは出来上がったばかりの9色をご紹介〜

_DSC4137.jpg

前 人気のグリーンとダークブラウン。後ろ左からブルー、黒、ネイビー。ブルーは作ったのは初めてかも。黒は赤ステッチ、ネイビーはいつものブルーステッチ。ブッテーロお手入れ名人のグリーンのエージング具合を何度かブログで紹介した事が影響したのかグリーンは特に人気がある。

_DSC4139.jpg

奥左からオレンジと赤。前左からバイオレットとワイン。バイオレットとワインはステッチ色とファスナー色の違いで判別出来るけれど、内光下での革色での判別は至難の技。ただ外光下だと違いは確かにある事を確認できる。

これに加えて来週中にはトープとキャメルが出来上がります。その後シュランケンカーフのオリーブを組み上げて今回のデブペン大量製作は完結です。この後予約頂いているお客様には順次ご連絡させて頂きます。卸先のお店にも明日以降出荷します。税込み12,960円。

コメント(2)

デブ・ペンケースについて質問なのですが、ステッチの色をかえてもらうことは可能なのでしょうか?例えば、ブッテーロのブラックにグリーンのステッチといった感じです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2017年2月24日 18:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ラミー2000」は凄いと思ったボンジョルノ。」です。

次のブログ記事は「「プティ・トート」ルビン、ティングレーでも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。