2017年3月アーカイブ

2017年3月28日

いっぱ〜いの色でiPhoneケース

アイホンケース.jpg

いっぱいの色でiphoneケースが並びましたぁ〜。スマートホンケースは手帳タイプが主流ですが、その流れに反してル・ボナーはボンジョルノオヤジの独断と偏見からこのタイプのケースにしました。私は基本的にiPhoneを素のまま持ちたいタイプで、それをポケットに入れてたら屈んだりする時に滑り落ちたり何度かした。それで作ったこのタイプのケースに収めて持つようになってからその悲劇は一度もない。付属の革紐を首からさげてスーツの内ポケットに入れるというのがイメージ。

_DSC4474.jpg

ただ私はその使い方に飽きたので、今はこんな感じでパパスのショルダーベルトに付けて使っています。。使い方は工夫次第で色々とあるはずです。

_DSC4475.jpg

iPhoneもiPhone plusも左からネイビー、バイオレット、オリーブ、トープ、ライムグリーン、ピンク、ジンブルー、オレンジ、ゴールドの9色作りました。iPhone以外にも収まる機種があるので実際にお店で入れて確かめてみてください。

_DSC4512.jpg

薄いプラスチックケースを装着した状態でも入るように余裕を持たせています。そうでなくて素で入れても裏に起毛したピッグシルキーを貼ったのでブレーキかかって滑り落ちたりしません。

シール.jpg

誰かさん(私がアップルの宣教師と呼んでるお方)のようにアップル信者ではないけれどアップル製品好きの私は、いつかそれに関わる革製品を作りたいと思った。iPhoneケースを展示する傍らにはレインボーアップルのシールたちが額に納まっている。パーソナルコンピューター・アップルなんて記されたレインボーアップルシールは超超レアじゃないでしょうか?。大も小も税込み15,120円にて販売〜。

2017年3月25日

低照度撮影

色々なデジカメで帰宅時繰り返し低照度撮影をしている。そして大きな画像でも破綻のない写真が撮れた時はワクワクする。それをもういいでしょうと言われるほどfacebookでアップしているけれど、大画面のパソコンで確認した時ほどの画質は伝えられないのがストレス。もしかしてブログでアップすると少しはマッシに伝える事が出来るかもと思いやってみることに。

_DSC4458.jpg

_DSC4459.jpg

_DSC4461.jpg

_DSC4462.jpg

_DSC4464.jpg

_DSC4465.jpg

_DSC4466.jpg

α7R+Vario-Tessar FE 24-70/F4+ミニ三脚でISO400でF8で。スローシャッターだから撮れる光の放射光は低照度撮影の醍醐味。フェイスブックよりやはり相当いいぞ。これからはこれだな。

ジャジャァ〜ん「ネコリュック」

_DSC4454.jpg

幼稚園児から80歳を超えた婦人まで、幅広い年齢層の女性と少しの男性に支持されて衰えぬ人気を維持している「ネコリュック」が店頭に並びました。やはりリアル過ぎないネコ的フォルムが良いのだと思う。トータルな製品構成をしてないル・ボナーの中でも特に異彩を放つ存在ではあるけれど、これからも作り続けるのだろうなぁ〜。

_DSC4453.jpg

最初の画像のトープはやはり変わらず人気がある。尻尾はダークブラウン。

そしてバイオレットと黒は尻尾も同色で今回はシックに作りました。

_DSC4451.jpg

そして今回作ったカラフルタイプのネコリュックはピンクとエッグシェル〜。良いですね〜ピンクの尻尾はエッグシェルで、エッグシェルは勇気を出してイエローにしてみました。予想以上に馴染んでると思いません?。汚れるのを気にしないならこの2色はこれからの季節バッチグ〜。

この5色で今回は登場です。卸先のサークルさんには明日送り出します。ご予約頂いていたお客様には順次ご連絡させて頂きます。今回はいつも以上に予約がいっぱいだ。税込み48,600円で販売しています。

2017年3月24日

「CIRCLE」さん3周年記念制作〜

南青山の「CIRCLE」さんの3周年記念に特別な革たちで文庫カバーとポンテ・キーホルダーを作りました。実は去年頼まれていたのにすっかり忘れていて、青山さんに言われて慌ててル・ボナー内制作で何とか3周年に間に合わせる事ができました。今回はもう出会う事が出来ないであろボンジョルノのデッドストック革も加えて魅力的な革たちで作りました。

まずは文庫本カバー。

_DSC4371.jpg

フランスの名門デュ・プイ社が15年以上前に作っていたソフトカーフのグリーンのロダニール。この質感に惚れ惚れしたけれど、その後会社の経営の傾きと共にこの質感のソフトカーフも消えた。革棚で熟成されてより魅力的な質感に馴染んでいる。

そして私の大好きなイタリアのフラスキー二社の型押しカーフ。こんなねっとり感を持ったカーフは他に知らない。型押しすると熱で表面が硬くなって普通だとこのねっとり感は出せない、特にクローム革は。今はない特別なピット槽でなめした故。クロームなめしの場合なめし終えるとピット槽を洗浄し新たなクローム液でなめす。しかし昔あったフラスキー二のカーフをなめしたピット槽はうなぎのタレと同じ原理で使い続けた。その事で多くの弱点に目を瞑っても許されれると思える特別なネットリ感を持ったクロームなめし革を作っていた。しかし時代の主な要望にそう方向に向かいこの魅力的なイタリアンカーフは消えた。

_DSC4373.jpg

奥のキャメルは兵庫県川西でヨーロッパ皮革を超える日本的なカーフを作ろうとした今はないテイカのカーフヌバック。本当にテイカの革たちでバッグを作りたいと心底思った。しかしヨーロッパ皮革と同価格帯だと私たちのように特殊な革好きしか売れなかった。その為、一時の夢と消えた特別なタンナーだった。

ネイビーのカーフはそんな「テイカ」で見た夢を実現してくれそうな姫路のタンナーさんに作ってもらったデンマーク原皮のカーフ。フラスキーニー的なねっとり感のあるなめしを、原皮の最高峰と言われるダッジカーフより今は上と思われるデンマークカーフ使って作ってもらった。日本のタンナーの技術力に感服しました。ル・ボナーの定番革として使って行きたいと思っているので、順次色を加えて作ってもらう予定です。

それと坂本商店さんが作り出す黒桟革の黒でも。国産黒毛和牛の原皮を姫路の伝統なめし技法の「白なめし」で革にし、それを絞って型押しした後、本漆を何度も繰り返し生まれた革の工芸品。この黒桟革は坂本さんが作り続けてくださる限り使い続けて行きたいと思っている革です。

次に「ポンテ」キーホルダー。

_DSC4376.jpg

もう作ったドイツのタンナーが廃業して二度と生まれない特別な山羊革の「サフィアンゴート」。私の持っている在庫も残り少なくなった。魅力的な革が世界的に本当に少なくなってきた。特にクロームなめしの革は顕著で、顔料厚塗りの合成レザーでも違いがよく分からないような革が世界中を席巻している。これは革好きのボジョルノには心底残念な事だと思う。

_DSC4377.jpg

それとエレファント革でもポンテ作りました(税込9,720円)。やっぱエキゾチックレザーと呼ばれる革たちの中で、エレファント革が特別好きなんだよね。その最大の理由は丈夫さ、世界最強革ではないでしょうか。それに加え質感も特別個性的。これからもワシトン条約の特例で使える間は使い続けたいと思ってます。

ブログアップが遅かったみたいで、納品から一週間の間にサークルさんではほんの少しあるだけみたい。ル・ボナーには?さあどうでしょうか。ご来店お待ちしています。

2017年3月 3日

「デブペン」残っていた3つ完成〜

_DSC4255.jpg

シュランケーカーフに始まったデブ・ペンケース大量製作も最後に残ったシュランケンタイプのオリーブとブッテーロタイプの茶(キャメル)とトープが出来上がりました。ブッテーロのトープは初登場でブッテーロらしくなく顔料多め、その為トラ模様等は隠れて均一な革表面。ブッテーロの他の色と同じようなエージングをするかどうかは顔料強いから分からないなぁ〜。これで今回の大量デブペン製作は終了、明日以降卸先各店舗にも並びますので宜しくお願いいたします。しかし、今回は相当多めに作ったので数ヶ月は店頭に多くの色を並べていられるかと思っていたけれど、時期(入社入学時期)がばっちり合致してしまった為かもう欠品色も多く出ています。少し驚いております。さあ、次回制作の計画立てないと。少し大きめの革のペンケースをこれからも作り続けていきます。税込み12,960円。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。