« 「ニューヨーク&ニューオーリンズの旅」 ニューオリンズ編 | ホーム | 久々「ミセス」〜 »

2017年6月 8日

ミネルバボックスの「パパス・ショルダー」は不滅です。

不滅の人気を維持している「パパス・ショルダー」のミネルバボックスタイプが久々店頭ににならびました〜。パパスは今ではシュランケンカーフで多色作るようになりましたが、元祖はやはり世界一のエージング王、ミネルバボックスタイプ。そのエージング具合は凄すぎて新品時の色を思い出せないほど変わる、その変化を楽しんでください。いつの間にかバタラッシー社のバケッタ製法の革を使った製品はル・ボナーではこのパパスだけになった。でもミネルバボックス使った「パパス・ショルダー」はこれからも作り続けていきます。

今回も4色で。

_DSC5295.jpg

タバコとコニャック。最初はこの2色だった。

_DSC5296.jpg

オルテンシアとグリージオ。その後にグリージオが加わり最後に加わったのがオルテンシア。

私自身が使いたくてデザインしたパパス。その後使っていて気になった部分に改良を加え現在のパパスになった。内装をピッグシルキーにグレードアップする時はポケットの内側とかはナイロン素材でも良いんじゃないのと思った貧乏性の私でしたが、親しい顧客がどうせアップグレードするなら全て革でやろうと言うのでそうなりました。ファスナーポケットの内側とかベタポケットの内側とかの部分です。今ではその進言をありがたく思っています。

若者から私より年上の団塊の世代の熟年まで幅広い世代に長く支持されるパパス・ショルダー。値上げした時には人気も衰えを見せるだろうと思っていたけれど、その予測は嬉しい事に外れた。ミネルバボックスのパパスは税込み64,800円。

コメント(1)

こんにちは。先日circleさんを通して、コニャックのパパスショルダーを購入いたしました。
昨年からずっと購入を考えていましたので、届いた時は本当に嬉しかったです!
大事に、日常に取り込んでいきたいと思います。
素敵な鞄をありがとうございました♪

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2017年6月 8日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ニューヨーク&ニューオーリンズの旅」 ニューオリンズ編」です。

次のブログ記事は「久々「ミセス」〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。