« 年末ドドーンと「デブ・ペンケース」 | ホーム | 「年末年始の営業予定」と「ハンコマット」 »

2017年12月10日

有るよで無いよ「ポーチ・ピッコロ」

年末最後に登場したバッグは「ポーチ・ピッコロ」。今回はシックな色合い中心でいっぱい作りました。縦120mm×横210mm×幅43mm。このサイズバランスと外にも内にもコバが出っ張らない縫製方法が功を奏して、見た目のコンパクトさから想像出来ない収納力を持っています。ファーストサンプルでは内側を財布の様な仕様にしましたが、それだと収納力が損なわれる事と価格アップに繋がるからと、スッキリお札が収まるポッケット付き仕切り1つだけにしました。

IMG_4694.jpg

私が長年使い続けているシュランケンのバオレットのポーチピッコロはこんな感じで収納。コンパクトサイズなのにホントいっぱい収まる。

それでは今回並んだポーチ・ピッコロご紹介

IMG_4683.jpg

やはりピッコロの一番人気はシュランケンカーフの黒。冠婚葬祭に使う事を考えたらまずはこれ。今回シュランケンカーフは黒とアントラジスで作りました。黒は黒ステッチいっぱいと赤ステッチ少々。税込み37,800円。

IMG_4686.jpg

内装は黒(黒ステッチ)とアントラジスはブッテーロの黒。黒の赤ステッチは内装も赤のブッテーロでちょっと遊んでみました。

IMG_4682.jpg

クリスペルカーフの黒(47,520円)とデンマークカーフのネイビー(37,800円)。ボックスカーフは牛革の最高峰、そのボックスカーフにもう一手間加えてクリスペルカーフは生まれる。扱いには大変気を使わないと傷だらけになる繊細な革です。でも光沢感は特別です。内装はブッテーロの黒。デンマークカーフはデンマークからウエットブルーで原皮を入れて日本のタンナーで仕上げたカーフ革。日本のタンナーの底力を感じさせる昔あったねっとりとしたイタリアンカーフのような革です。内装はブッテーロのネイビー。

IMG_4676.jpg

これまた日本らしさ満載の黒桟革の黒とブラウン(47,520円)。国産黒毛和牛の原皮を白なめしという日本伝統の鞣し技法で革にし、それを染料(アニリン染め)で仕上げた後もみシボに本漆を十数回塗っては乾かしを繰り返し出来上がる伝統工芸革。内装は黒はブッテーロの黒、ブラウンはブッテーロのチョコです。

IMG_4678.jpg

そしてそして、最強革のエレファントでも黒とグレー濃淡で作りました(税込み88,560円)。エキゾチックレザーと呼ばれる革は基本使わないル・ボナーですが、エレファント革は好きです。黒は今回遊ばなくてステッチも内装も黒。エレファントらしいイメージはグレー。そのグレーは濃淡作ってみました。そして現在濃いグレーの方は店頭から消えてます(予約のお客様が薄い方をチョイスされたら店頭復活)、南青山の「サークル」さんには送ったのであるかも。

IMG_4699.jpg

それにしてもエレファントの表情感は特別です。私はクロコよりオーストリッチよりこの高級皮革がお勧めです。

クリスマス前に出来上がって良かったぁ〜。奥様方、ご主人へのクリスマスプレゼントに是非。絶対喜んでくれる事間違いなし。それほど優れたバッグinバッグにもなるコンパクトサイズでありながらいっぱい収納できるポーチは有るよで無いよね?メリークリスマス〜。

コメント(12)

「神戸の150年」という、写真集が発売されましたが、買いましたか?

ポーチピッコロのシュランケンカーフの黒(黒ステッチ)が欲しいのですが、店頭販売のみでしょうか?

お世話になります。
シュランケンカーフ、赤ステッチの在庫はありますか?

恐れ入ります。
シュランケンカーフの赤ステッチのピッコロはまだございますでしょうか?
在庫がある場合は通販希望ですとどのような形になりますでしょうか?
お手数をお掛けしますがよろしくお願い致します。

ご返信ありがとうございました。
赤ステッチは今後作成予定はありますでしょうか?
アントラジスはまだ在庫ばございますでしょうか?

ピッコロを使わせてもらっています。仕事柄、名刺、キーケース、長財布、スマホを携帯することが多いのですが、ピッコロにスマホを入れるとパンパンで不恰好になってしまいます。原因はキーケースに車のリモコンがついており厚みがあるためです。また、仕事柄名刺を100枚近く入れていることが多く厚みがあります。そのため、スマホを入れることができません。

ぜひ、ちょっぴり厚めのピッコロを機会がありましたら検討してください。5mmでも使い勝手がかなり違うと思います。

あるいはピッコロとパパスショルダーの間を埋めるサイズのバッグの中をぜひ開発して下さい!ピッコロだと少し小さく、パパスショルダーだと大き過ぎるというケースがあります。ちょうどそれらの中間辺りに紳士バッグの使いやすいサイズがありそうです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2017年12月10日 15:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年末ドドーンと「デブ・ペンケース」」です。

次のブログ記事は「「年末年始の営業予定」と「ハンコマット」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。