« キヤノンEOS 5D markⅢも私の元へ | ホーム

2018年1月28日

作り続けて「プティ・トート」

考えてみたら独立した当初からこのカタチはあった。かれこれ四捨五入したら40年ほど作り続けているル・ボナーの定番中の定番レディーズバッグ。革や部分的な仕様は変わったけれど、本体の基本型紙は作り始めた頃から変わっていない。タンクトートは男性も使っているお客様は少数いるけれど、このプティ・トートは完全レディースオンリー。結構張りが有り最初はパーンとしているけれど、使い込むと口元が閉まってきて良い感じ。

今回は7色での登場です。

IMG_5666.jpg

本体ライトグレーにトープのコンビ、それとトープ。

コンビはプティの新境地ですね。

トープはレディースでは絶大な人気カラー。

IMG_5665.jpg

トスカニーとジーンブルー。

新色のピンクレッドのトスカニーは人気色。

それと春に向かってジーンブルーも、ただまだ寒い〜。

IMG_5662.jpg

オリーブとジャングルグリーン、両方珍しいグリーン系。

特にジャングルグリーンは多色あるシュランカーフのカラーの中でも目立つ発色。

このカラーを持てれば貴女は色彩の魔術師〜。

IMG_5667.jpg

黒も作ったのですが、作り始めてからオーダーが連続し店頭には今回並びません・・・・。

黒がどうしもと思われている方は、今日出荷して明日届く卸先の南青山の「サークル」さんか銀座の「C.O.U.」さんにお問い合わせください。

IMG_5669.jpg

マチのホックを外すと名前はプティだけど結構大容量、使い方色々。内装は一般的なグレーのナイロン生地、ファスナポケットが一つ付いてます。初期のプティは裏地もポケットもついていない革1枚仕立てだった。

コロンとしたチャーミングなトートバッグ「プティ・トート」税込み50,760円。

コメント(1)

今日は、三宮の「ナガサワ文具」で「神戸開港150周年記念万年筆」を、買って来ました。白と青のボディカラーが気に入ってます。3月に、ペンドクター川口さんに、ペン先調整して貰おうと思ってます。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年1月28日 18:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 5D markⅢも私の元へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。