« 一本挿し8色が店頭に | ホーム | フランス旧婚旅行(4)オランジェリー美術館 »

2018年5月26日

フランス旧婚旅行(3)

今回のツアーのハイライトは此処かな、ジヴェルニーのモネのお家とお庭、向かいの睡蓮の池。

DSC02330.jpg

睡蓮の池を見る前に竹林が迎えてくれた。

DSC02331.jpg

あのモネの蓮池です。蓮の花は咲いていないけれど周りは花いっぱい。この紫は藤ですね。

DSC02333.jpg

やはりモネはこの柳の木が印象的。日本の美意識に魅了されていた事を感じさせる。

L1007480.jpg

ツツジ、芍薬、もみじ、竹、藤、etc。良い〜。

DSC02342.jpg

L1007495.jpg

L1007502.jpg

このモネの庭と建物はライカM9+ノクトン50mmF1,5で撮りました。良いんじゃないでしょうか。

海外旅行するたびに日本人に生まれた事を有難く思う。イタリアなら住んでみたいかなとは少し思ったりするけれど、いやいややはり日本が良い。それをこの場所はより強く感じられた。モネは日本に憧れならが来ること叶わず、東洋的な庭を作り浮世絵を収集した。

その後、多くの印象派の画家たちが訪れ描いたセーヌ河の中洲・シャトゥにある「ラ・メゾン・フルネーズ」で昼食。

DSC02360.jpg

大好きな画家・ルノワールの名画「舟遊びの人々の昼食」はこの2階ののテラスに集う仲間を描いた。描いたのは100年以上前、今でもその頃の空気を吸う事が出来た。

DSC02352.jpg

DSC02354.jpg

DSC02356.jpg

美味しく頂きました。

その後ゴッホが最後を過ごしたオーヴェル・シュル・オワーズへ。

DSC02373.jpg

あの揺れる教会です。

DSC02379.jpg

ラヴー亭。左奥の2階の部屋に下宿していたそうだ。

ゴッホ、それほど好きな画家ではないけれどじっくり鑑賞してみようかと思わせた。

DSC02380.jpg

そしてパリ、雨のエッフェル塔が迎えてくれた。エージング感が素敵だと思った。パリの二日間は雨の予報、予報がはずれると良いけれど。

コメント(1)

作者が誰か忘れちゃったけど「ラ・ムーランド・ギャレット」って、「絵」を、学生時代に、美術の教科書で観た時は、感動しました。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年5月26日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一本挿し8色が店頭に」です。

次のブログ記事は「フランス旧婚旅行(4)オランジェリー美術館」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。