« 元祖はこの革「パパス・ショルダー」 | ホーム | 修理完了、25年前製作のボストンバッグ »

2018年7月13日

「ネコリュック」らしくない?けど人気です。

ネコリュック完成しました。このリュックの原型が生まれたのは40年近く前、私達が独立して間もない頃。25年ほど前、この神戸のお店をオープンする頃にも作っていた。その頃は本体グローブ革でストラップ等のパーツは国産のタンニン革。その後一時ル・ボナーらしくなかなと製作していなかったけれど、愛用していた方々の要望が数多くあったので10数年前にシュランケンカーフ使って復活しました。途中からストラップもシュランケンの2枚貼り合わせにバージョンアップしてフィット感も向上。今回は大人しめで6色。

IMG_7064.jpg

ネイビーとトープ。

IMG_7062.jpg

ダークブラウンとゴールド。

IMG_7067.jpg

スカイとエッグシェル。

IMG_7057.jpg

背面はこんな感じ。ネコの顔に見えませんか?。背面に出し入れ口が集中しているのは何かと安心感があります。

IMG_7058.jpg

外についているファスナーポケットを開けるとその中にまたポケット。ここに色々入れると見分けにくくなる。そんな時、この内ポッケが効果有り。iPhone plusも収まりますよ。

税込み48,600円。背負って街を歩くと幸せな気持ちのさせてくれるリュックです。本人は勿論周りの見知らぬ人たちも。もしかしたらこのネコリュックが最もル・ボナーらしいのかも。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年7月13日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「元祖はこの革「パパス・ショルダー」」です。

次のブログ記事は「修理完了、25年前製作のボストンバッグ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。