« 「3本挿しペンケース」も並んだよ | ホーム | 元祖はこの革「パパス・ショルダー」 »

2018年7月 4日

日本初かな?「SD版」革試作

日本では基本牛革を半裁にして鞣す。それに対してヨーロッパの場合、成牛は両側のお腹部分(ベリー)を裁断し首周りから前足辺りまで(ショルダー)とお尻周り(ダブルバット)に分けてそれぞれ専門のタンナーが鞣す。原皮の価格はダブルバットが一番高くてショルダーそしてベリーの順。それって原皮の背骨部分を中央にする事が目的、半裁で鞣すと中心が革の端になってしまう。機会あるたびにこのヨーロッパ方式の裁断方法で革を鞣してほしいと頼んでみるけれどいつも拒絶されてしまっていた。しかしやっとこの裁断方法で革を作ってくださるタンナーさんに出会えた。

それも質の良い特別な国産黒毛和牛原皮使って。屠殺した時に出る廃棄物扱いの皮は、その後手間を掛ける事で革に変わる。日本の原皮は決して悪くない、ただ欧米のように原皮産業システムが機能していない為に、90パーセントは廃棄されているのが現状。でもそれを変えようとする人たちが日本の業界にもいた。待つこと数ヶ月、試作革が出来上がって来ましたぁ〜!。

DSC03319.jpg

ただヨーロッパ方式とは違ってベリー部分だけを切り落としてショルダー(S)とダブルバット(D)は切り離さずにSD版です。最大長250mmが中心部分です。これなら傷だけ気にしながら無駄なく使える。

DSC03323.jpg

試作にしては革の表情も良い感じ。ベリー部分も、顔料厚く仕上げて延び止の芯材貼って使えば十分用途はあるのだけれど、革の表情活かす表面仕上げして革なりのしなやかさを活かす革製品に使うと支障が出る。

DSC03325.jpg

ステア(成牛)の半裁だと全体の1/3がベリーで裏床は毛羽立っているけれどSD 版だと端まで繊維がしっかりしてる。

DSC03332.jpg

約300デシのサイズ(1デシは10cm四方)。国産黒毛和牛は半裁200デシオーバーサイズなので、100デシオーバーのベリー部分を切り取った事になる。

DSC03333.jpg

実現出来た、これを煮詰め込んで行きます。そして生かせるバッグを作らないと。まずはヨーロッパ皮革高騰で休止中のフラボナシリーズのバッグを復活する時に使ってみよう。楽しみ〜。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年7月 4日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「3本挿しペンケース」も並んだよ」です。

次のブログ記事は「元祖はこの革「パパス・ショルダー」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。