« 「紐財布」愛しや | ホーム | まずはシュランケンカーフのデブペン。 »

2018年8月15日

多面体キャップレス揃い踏み

万年筆はこれぐらいでもう増やさなくて良いかなと思っている。ただまだ所有したい万年筆が数本はある。その1本が90年台に作られたパイロットの多面体キャップレス。キャップレスは進化し続け、現行のキャップレスは本当に良く出来ていて乾かない。ただデザイン的には90年台の多面体キャップレスが最も美しいとボンジョルノ的に思っていて、NAMIKIブランドも含めて全5色揃えて愛でて満足していた。

だが親しくしているチャーミングな若き女性独立系鞄職人のKさんが、エルメスから発売された中身はパイロット・フェルモの超高価なノーチラスに興味を持っていることを知り、ノーチラスならラミーのダイアログ3でイイじゃんと思っているので、それよりデザイン的に魅力的なキャップレスがあるからプレゼントするよと言ってしまった。私は多く出回ってる黒軸にシルバーの多面体キャップレスを勧めたが、入手しにくいオールマットブラックを彼女はチョイス。

その後、再び5色揃えたいとボンジョルノは願い求めた。それに応えて万年筆マニアな学校の先生に(赤もその先生から)半年の歳月を費やして探し出して頂いた。それがこの個体。

IMG_7537.jpg

良いですね〜。その上NAMIKIブランドのマットブラック。

IMG_7535.jpg

そして全5色再び揃い踏み。黒にシルバーのオーソドックスな多面体キャップレス以外はNAMIKIです。これで全部だと思うけれど、他にも色あったのかな?

それにしても美しい万年筆だと思う。あのパイロット万年筆が生み出したラミーに匹敵する奇跡のフォルムだと私は思っております。画像はキヤノン50DⅢ+EF100mmF2.8 L IS USMをF20まで絞って。

コメント(4)

結局、万年筆は、「何本持ってるんですか?」僕は10本、新品で買いました。セーラーとペリカンがメインです。

 探してはおりましたけれど、結局、確保してくださったのは御大でした。なかなかに苦労してくださったみたいですよ。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年8月15日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「紐財布」愛しや」です。

次のブログ記事は「まずはシュランケンカーフのデブペン。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。