2018年10月アーカイブ

2018年10月29日

大好評「ビジィーリュック」店頭に。

今ル・ボナーの高価格帯製品の中で最も人気のある「ビジィーリュック」が店頭に並びました。今回は色数少なく一色あたり多めの個数を一色を除いて作りました。使うと分かるこのビジネスリュックの魅力。都心に行くとリュックを背負ってるビジネスマンの多い事に驚かされる。その多くがナイロンリュック、このビジィーリュックを背負って闊歩すれば貴方は見た目勝ち組だよぉ〜。

DSC05248.jpeg

黒は必須、幼友達ちの弁護士君はこれで法廷行ってます。

DSC05258.jpeg

ネイビーも良いです、アントラジスが加わるまで一番人気の色でした。

DSC05251.jpeg

アントラジスです。登場以来ビジィーリュックにおいてトップに躍り出たカラー。

DSC05253.jpeg

そしてティングレーでもアルティザンの勤ちゃんのご要望にお応えして少し作りましたが、ル・ボナー店頭に並べる事叶わずに卸し先に〜

シュランケンカーフのビジィーは来年から税込162,000円に。税込151,200円なのは年末まで。

DSC05261.jpeg

デンマークカーフのネイビーでも作りました。これ軽くてエージングして良い感じ。これは来年もそのまま税込151,200円。

この革は、デンマークのカーフをウエットブルー原皮で輸入し、それを私の大好きな昔のイタリアンカーフ的な質感に国内のタンナーさんにお願いして仕上げた革。

DSC05264.jpeg

これが使用後の感じ。私が普段私用で使っているトープのビジィーリュックです。背にフィットし始めたらもうやめられません。スーツスタイルで是非使ってみてください。いざとなればストラップを完全収納して大容量縦型ブリーフケース。

詳細は卸し先の「CIRCLE」さんのブログを見てください。よろしくお願いいたします。

2018年10月15日

ブッテーロの「デブペン」登場〜

多くのお客様にお待ち頂いていたブッテーロ革タイプの「デブ・ペンケース」が出来上がりました。お手入れ名人の方々にブッテーロ革のエージングの楽しさををお伝え頂き、それも理由なのか此の所今まで以上に要望多く嬉しい悲鳴。イタリア・ワルピエ社のブッテーロという革は、ヨーロッパでは一般的な成牛原皮のマル革を両脇(ベリー)と上(ショルダー)下(ダブルバッド)に裁断して(他の地域では中央で切り分けて半裁で鞣す)鞣したショルダー部分をタンニン100%で鞣し植物性オイルを含ませた革。お手入れ次第で清潔感のある特別なエージングを楽しめます。

今回もブッテーロ革の色々な色で登場です。

IMG_7824.jpg

左からネイビー、黒(赤ステッチ)黒(グレーステッチ)そしてブルー

IMG_7823.jpg

左からキャメル(茶)、オレンジ、グリーン、赤。

IMG_7822.jpg

左からワイン、バイオレット、チョコ(ダークブラウン)。いつもは見分けにくいですが、今回はワインはワイン、バイオレットはバイオレットですね。

そんな感じでそれぞれいっぱいつくりました。ただ、いつまであるかは神のみぞ知る。税込み12,960円也。

2018年10月 4日

「ポーチ・ピッコロ」衰えぬ人気

多くのお客様に待って頂いていた「ポーチ・ピッコロ」の登場です。このサイズバランスと端まで無駄なく収納出来る縫製方法が、コンパクトポーチ「ピッコロ」の特別を生み出した。見た目からは想像出来ない収納力を持ちながらブリーフケースに収めるバッグインバッグのサイズはなかなか無いはず。使うと実感出来る特別を多くのお客様に知って頂きたく思ってます。

DSC04934.jpg

ポーチ・ピッコロの発想は、冠婚葬祭用に男性が違和感なく持てるポーチがあればという知人の一言から生まれた。だからメインは黒、その中でも爪傷等が気にならないシュランケンカーフの黒は外せません。今回も黒ステッチでいっぱいと赤ステッチで少し作りました。税込み37,800円。

DSC04938.jpg

黒以外のシュランケンカーフはミコノスとアントラジスとゴールド。アントラジスは前回からピッコロでも加わりましたが人気です。ミコノスは久々、ゴールドは今まで作った事あったかな?税込み37,800円。

DSC04929.jpg

クリスペルカーフの気品ある光沢は特別ですね。デリケートな革なので気を使いますが、使い込んだ時の深みのある光沢感を一度知ったら虜になります。今回は黒に加えネイビーでも作りました。黒は黒ステッチ、ネイビーは青ステッチで仕上げました。税込み47,520円。

DSC04941.jpg

それと国内タンナーが仕上げたデンマークカーフのネイビーと黒桟革の黒も作ってます。デンマークのカーフをウエットブルーで輸入した原皮を、私が最も好きだったネットリしっとりの昔のイタリアンカーフを見本にして国内のタンナーで仕上げてもらった革(税込み37,800円)。国産の黒毛和牛原皮を伝統的なめし技法の「白なめし」して揉みしぼの上に本漆を10数回塗布した日本らしさ満載の特別な革(税込み47,520円)。

エレファントの黒(88,560円)はまだ少し残ってます。是非皆様使ってみてください。内装のブッテーロの色等の詳細は卸先の「CIRCLE」さんのブログ見てください。宜しくお願い申し上げます。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。