2018年12月アーカイブ

2018年12月24日

年末年始の営業日のお知らせ

DSC06677.jpeg

遅くなりましたがル・ボナーの年末年始の営業予定をお知らせします。

2018年は30日まで定休日も休まず営業します。

ただ26日以降は閉店時間が早くなってしまう日も多々あるかと思います。

2019年は4日よりのオープンとなります。

宜しくお願いいたします。

2018年12月23日

多面体キャップレスが大好き

私はキャップレス万年筆が大好きだ。ただ現行のキャップレスには不満がある。1ヶ月書かないで放置してても乾かず書けちゃうパイロットの技術力には脱帽するけれど、クリップ周りのブリキ板をプレスしただけのような佇まいには抵抗がある。こんな素晴らしい無二の万年筆なのだから、もう少し意匠にも気を使って欲しいと願うボンジョルノ。そんな私がびっくり仰天したのが90年台に販売されていた多面体キャップレス。ラミーにも負けない素敵なフォルムに魅了された。私は質実剛健デザイン無視のパイロット万年筆において奇跡だと思った。そして揃えたくなった。

国内ではシルバーパーツに光沢黒軸とマット黒が発売され、輸入用に赤、緑、青の5色で全部。

DSC06603.jpeg

そして5年の歳月をかけて5色揃える事に成功。シルバーパーツに光沢黒軸以外はNAMIKIブランド。

DSC06606.jpeg

その中の青軸はこんな素敵な箱に入ったデッドストック品。

DSC06604.jpeg

説明書や換えインクも入ったまま。これはワシントンのペンショーで購入した人がいて、それを関西の万年筆趣味世界では知らない人はいないという重鎮が譲り受け、探し求めていた哀れな子羊ボンジョルノの処へ来たという流れ。だがこの素敵なケースには1本しか入ってないのにペンを止める場所が3箇所、それって〜

DSC06605.jpg

輸入専用3色を収める為と私は勝手に判断した。緑は青の前から入手していた。あとは赤、イーベイで入手した奈良の万年筆趣味人にプッシュかけ続けて一年半、その執念に根負けして私の元へ。これで色物の多面体キャップレス全3色揃って収めてみた。

DSC06609.jpg

これは素敵ではないでしょうか?一度手放したマットブラックも新たに手に入れる事が出来てこれで多面体キャップレス収集の彷徨は終焉を迎えるかに思えた。

だが知ってしまった。古いパイロット万年筆ならこの人、御年78歳N御大から聞いてしまった。多面体キャップレス輸出初期の短い時期、NAMIKI刻印ではなくてPILOT刻印の赤、青、緑があると。その赤を見てしまったぁ〜。

DSC06618.jpeg

その赤がこれです。ラベル付きのデッドストック品。言い値で入手するしかない。私の多面体キャップレス収集の彷徨はまだ続くというのかぁ〜いやいやパイロット刻印のいった短い期間しか販売していないカラー3色揃えるなんてそれは無理でしょう。でもこいう感じで赤を入手出来たのだから可能性はあるよね、幸運な出会いがあれば頑張ります。

今年最後を飾るバッグは「プティ・トート」

2018年最後に店頭に並んだバッグは「プティ・トート」。これは何度もブログで書いていますが、40年作り続けて今も作り続けているル・ボナー最古参のバッグです。部分的には色々変更は加え続けてきましたが、基本型紙とフォルムは40年変わらずに作っています。見た目小さく見えて実は結構な容量が収まり、和服でも良い感じで合います。新品の時は革が元気でパンパンに張り出しているけれど、使うと革が馴染んで柔らかくなって口元もちゃんと閉じてくる。そして愛着も増してくる。このバッグも色違いで何個もお持ちのご婦人が何人も。今回はシックなカラーで5色。

DSC06624.jpeg

黒はやはり合わせやすい色。

DSC06625.jpeg

やっぱ人気のトープは外せません。

DSC06623.jpeg

バイオレットは久々の登場かも、上品な紫色。

DSC06622.jpeg

ピンクなレッドのトスカニーでも作ってみました。

DSC06626.jpeg

そしてル・ボナー特注色のアントラジスでも。ただこの色はもう店頭に並んでいません。オーダーされたお客様の品と卸し先に納品したら無くなってしまいました。どうしてもアントラジスカラーのプティトートが良いと思われたお方は、南青山のサークルさんか銀座のC.O.U.さんに急ぎご連絡してみてくださぁ〜い。

今年いっぱい税込み50,760円、来年1月1日より税込み5,4000円です。宜しくお願いいたします。

2018年12月21日

ようやっと「残心名刺入れ」が

多くのお客様が首を長ぁ〜くして待ってもらっている残心革小物シリーズ。残心シリーズの組み上げをお願いしている職人さんはル・ボナー製品を作ってもらっている職人さんの中で最も丁寧な仕事をする職人さん。その丁寧さが災いして完成予測が大幅にずれる。今回も予定では11月中には全て出来上がると予測していたけれど、これが今回やっとシュランケンカーフの残心名刺入れが完成しました。この後順次出来上がってくるはずだけど、今年中に頼んだ全部はどうだろか?。出来上がり次第順次ブログアップするので気にしている製品がブログアップするのをおみのがしなく。

DSC06610.jpeg

前左からライムグリーン、トープ、ジーンブルー、トスカニー、ミント。後ろ左がミコノス、右がオレンジ。今回このシュランケンカーフの7色が出来上がってきました。税込み8,640円で来年1月1日から9,720円。名刺入れはあとシュランケンの黒とアントラジスと、クリスペルの黒と、黒桟革の黒と、デンマークカーフのネイビーが出来上がる予定。

DSC06592.jpg

使っている名刺だと25枚ずつ50枚収まった、なので2個で100枚。3目のステッチで名刺を固定する、固定するけど出し入れ楽々。この発想は我ながら感心する。

DSC06597.jpeg

両側に25枚ずつの名刺を収めた状態でも開けてもこんな風にスッキリ。右の2重になった差し込み部分は交換した名刺を収める為。

DSC06594.jpeg

そして裏にある折財布とドッキングするための切り口はこんな風にカードを収めると定期入れとしても使えるよ。

この後残心革小物シリーズの名刺入れの残り半分と、長札入れ、折財布、コインケースが順次出来上がってきます。さあ今年中に全て揃うでしょうか?神のみぞ知る〜東に向かって手を合わせています。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。