« 「第4回 神戸ペンショー」 | ホーム | 今年最後を飾るバッグは「プティ・トート」 »

2018年12月21日

ようやっと「残心名刺入れ」が

多くのお客様が首を長ぁ〜くして待ってもらっている残心革小物シリーズ。残心シリーズの組み上げをお願いしている職人さんはル・ボナー製品を作ってもらっている職人さんの中で最も丁寧な仕事をする職人さん。その丁寧さが災いして完成予測が大幅にずれる。今回も予定では11月中には全て出来上がると予測していたけれど、これが今回やっとシュランケンカーフの残心名刺入れが完成しました。この後順次出来上がってくるはずだけど、今年中に頼んだ全部はどうだろか?。出来上がり次第順次ブログアップするので気にしている製品がブログアップするのをおみのがしなく。

DSC06610.jpeg

前左からライムグリーン、トープ、ジーンブルー、トスカニー、ミント。後ろ左がミコノス、右がオレンジ。今回このシュランケンカーフの7色が出来上がってきました。税込み8,640円で来年1月1日から9,720円。名刺入れはあとシュランケンの黒とアントラジスと、クリスペルの黒と、黒桟革の黒と、デンマークカーフのネイビーが出来上がる予定。

DSC06592.jpg

使っている名刺だと25枚ずつ50枚収まった、なので2個で100枚。3目のステッチで名刺を固定する、固定するけど出し入れ楽々。この発想は我ながら感心する。

DSC06597.jpeg

両側に25枚ずつの名刺を収めた状態でも開けてもこんな風にスッキリ。右の2重になった差し込み部分は交換した名刺を収める為。

DSC06594.jpeg

そして裏にある折財布とドッキングするための切り口はこんな風にカードを収めると定期入れとしても使えるよ。

この後残心革小物シリーズの名刺入れの残り半分と、長札入れ、折財布、コインケースが順次出来上がってきます。さあ今年中に全て揃うでしょうか?神のみぞ知る〜東に向かって手を合わせています。

コメント(2)

札入れとコインケースは来年になりそうですね

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Le Bonheurが2018年12月21日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「第4回 神戸ペンショー」」です。

次のブログ記事は「今年最後を飾るバッグは「プティ・トート」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。