2019年4月アーカイブ

2019年4月30日

お久の「パパス・ショルダーバッグ」

久々「パパス・ショルダーバッグ」が出来上がりました。まずは元祖パパスのイタリア・バタラッシ社のバケッタ製法革のミネルバボックス革タイプから。エージング世界一じゃなかと私は思っているミネルバボックスで作るバッグもル・ボナーではこのパパスだけになりましたが、これからもお客様のご要望有る限り作り続けていきたいと思ってます。シュランケンカーフタイプは値上げ(税込み70,200円から75,600円)せざるおえませんでしたが、ミネルバボックスタイプは変わらず64,800円です。今回もいつもの4色です。

IMG_9013.jpeg

コニャック。パパス・ショルダーはミネルバボックスのこの色から始まった。

IMG_9015.jpeg

タバコ、赤みを持ったダークブラウンカラーは独特。

IMG_9012.jpeg

グリージオ。エージングすると茶系が強くなってくるグリーングレーカラー。

IMG_9017.jpeg

後から加わったオルテンシア。色抜けするのではないかという当初の不安は良い意味で裏切られ、使って頂いている皆様のその後は深みを増したグリーンブルーにエージング。

現在シュランケンカーフタイプのパパスも製作中、来月末ぐらいには店頭に久々並べられると思います。使うと分かるその使い勝手の良さ。エージングを楽しめるミネルバボックスとふくよかな柔らかさを楽しめるシュランケンカーフ、どちらのパパスも皆様宜しくお願いいたします。

2019年4月21日

じゃじゃぁ〜ん「コンフェッティ」登場〜

お待たせしていた「コンフェッティ」やっと店頭に並びましたぁ〜。去年末このコンフェッティを大手通販「カタログハウス」さんで販売したらびっくりするぐらい売れました。ただ販売価格が3/5指定、当然革はシュランケンカーフは使えません。内装もピッグシルキーではなくてナイロン生地。製作工程と部分仕様も変更しています。他色々工夫して3/5に。ということから分かると思いますが、シュランケンカーフは本当に高価な革なんです。でも大好きだからル・ボナーは使い続けています。そして今回は値上がり後一発目、さあ今まで通り売れるでしょうか?。税込み57,240円です。

今回は8色作りました。

IMG_8885.jpg

黒とアントラジス。黒は冠婚葬祭に使いやすい。ル・ボナー限定カラーのアントラジスカラーは、メンズだけでなくレディースでもじわじわ人気が出てきてます。

IMG_8884.jpeg

ゴールドとトープ。やっぱゴールド良いんだよね。カタログハウスさんではこのトープ色のみで、デンマークのステア原皮に型押し併用シュリンク使って作りました。今年の年末も色を増やして作る予定ですがどうなるでしょうか。

IMG_8883.jpeg

ジーンブルーとミコノス。青系は夏に爽やかな風が吹く。

IMG_8882.jpeg

ライトグレーにトープのコンビを今回作りました。ピンクにエッグシェルとジャングルグリーンにエッグシェルのコンビも少しまだありますよ。

IMG_8880.jpeg

トスカニーでも作ったのですが、製作途中にオーダーが入りル・ボナー店頭在庫は0。今日出荷したCIRCLEさんかC.O.U.さんにあるかどうか。この色レディースで人気です。

小さく見えるけれど、見た目を裏切る容量にびっくり。ル・ボナーの量産レディースバッグの中で、最もシュランケンカーフのふくよかな質感を表現出来ているバッグです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年3月です。

次のアーカイブは2019年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。