鞄職人松本氏の優雅な生活の最近のブログ記事

2018年5月29日

フランス旧婚旅行(7)最終日

今日20時発のANA便で帰国の途へ。乗り継ぎ便だとこの一日は無い訳で、夜出発の直行便はありがたいですね。という事でパリは16時まで彷徨える。ただ昨日購入した靴の免税書類をもらっていない事が判明、朝一番90ユーロ返還のためにラファイエットへ。しかし今日も雨、タクシーで行く事にした。タクシーは正解だった、日本では見る事が出来ない事を体験できた。それは凱旋門を通過する時。凱旋門は数え切れない程の車線が交わるラウンドアバウト。私がここで運転していたら永遠にラウンドアバウトの輪から抜け出せないだろう。その万華鏡の中を勇気と度胸でですり抜けるドライバーに敬服します。ジェットコースターより全然スリルある体験をさせて頂きました。これは凱旋門のラウンドアバウトを経験しないと分からないだろうなぁ〜。

img_0027.jpg

画像拝借、まさにこのラウンドアバウトです。この画像の何倍もの車が四方に走りそれに加え雨です。来年は晴れた日に凱旋門に登って動画撮影したいと思う。

DSC02711.jpg

パリの思い出に入手したのはこのJ.M.ウエストンの「ゴルフ」。万力締めなどと言われておりますが無理せず自分にあったワイズを選べばそんな事はなかった。帰国した翌週の一泊二日の東京出張時に履いて3万歩以上歩いたが問題を感じなかった、というより革靴を一日履き続けた夜は今までむくんで痛くなっていたけどそれがなかった。大正解でした。

デパートは良いですね〜日本人女性の方に免税書類を親切丁寧に作成してもらった。そして外に出てみるとまだ雨が降っている、最後のミッションが待っている。急ぎ地下鉄へ、目指すはサンジェルマン・デ・プレにあるパン屋さん「ポアラーヌ」。三ツ星レストランのシェフも一目置くという知る人はしっている名店。私達が知っていた訳では当然ありません、ル・ボナーの顧客の方に「ここのクッキーが食べたい」と要望があり、日曜日は休みと確認していたので帰国日に訪れた次第です。グーグル・マップ便利ですね〜地下鉄乗り継ぎながら到着。

DSC02696.jpg

間口は狭いチャーミングなお店。奥が深くて工房になっていて京都の町家みたい。

DSC02695.jpg

「写真撮っても良いですか?」と訪ねたら笑顔でOK頂いた。パリジェンヌ&パリジャンはフランス語が使えない外国人に愛想が悪いと聞いていたけれど全然そういう思いはしなかったよ。左に見える丸い大きなパンが有名、でもびっくりするほど高いぞぉ〜。

DSC02694.jpg

ちゃんと目的のショップに辿り着けただけで嬉しい〜。

その後カフェに立ち寄りパリ最後のランチはクロック・ムッシュと具沢山オムレット。パンは今訪れた「ポワラーヌ」のパンだぁ〜!。

DSC02697.jpg

DSC02699.jpg

やはりパリはカフェですね。それも外の席で煙草くゆらせながら街行く人を眺めながら。

カフェを出た時には雨もやみ始め、センスの良い個人店が多くあるサンジェルマン・デ・プレの街を散策。今回ふたりでパリを散策してみて、スマートフォンのアプリを使いこなせるようになれば大丈夫かと。来年は二人でパリをじっくり堪能する旅へ行きたいな、今回はその予行演習。

DSC02704.jpg

ド・ゴール空港には17時過ぎに到着、あっという間に帰国の20時。やはりイタリアが好きだけれど、パリにはもう一度訪れてじっくり散策したいと思う二人でした、楽しかったぁ〜。

2018年5月28日

フランス旧婚旅行(6)パリのオペラ座凄ぉ〜

開演していない時は見学出来るみたい。でも見学の入り口がみつけられない。グルっと一周してもそれらしき入り口が見当たらない。もう一周して探そうかとした時、白人の老夫婦が階段脇の勝手口のようなドアを開けて中へ。私達も恐る恐る後について入った。そこが正解だった。

DSC02466.jpg

パリの繁華街の中心にオペラ座は鎮座し存在感抜群。この建物は日本の明治時代の1875年建造なんですね。もっと昔の建物かと思ってしまう存在感。そして入場料11ユーロを払い中へ。

DSC02467.jpg

DSC02469.jpg

入ったすぐから圧巻の天井。そしていの一番に目指したのは

DSC02474.jpg

此処、凄い〜!こんなの見るの初めて。シャガールの天井画のなんて巨大な事、そして何だこの巨大なシャンデリアは!オペラ座の怪人はきっといるぞと思わせる。

DSC02475.jpg

オペラ上演していなくてもいつまででも居たくなる場所だ此処は。

DSC02480.jpg

DSC02481.jpg

調度品の一つ一つが見惚れてしまう。

DSC02484.jpg

テラスに出ることができます。カラフルな大理石が美しい。

DSC02487.jpg

テラスからの景色。パリのこの街並みは魅力的。

DSC02489.jpg

そしてそして、ここ凄いと思いません?。今回ベルサイユ宮殿に行くと一日使ってしまうので残念したけれど、ベルサイユの超豪華な回廊を見れなかった事の幾らかを補ったのではないでしょうか。

DSC02490.jpg

床だって細かなモザイク。

DSC02492.jpg

素晴らしものを見せて頂きました。

その後、ギャラリーラファイエットは営業していたので、お目当てのJ.M.ウエストンの「ゴルフ」は何とか購入できた。

DSC02507.jpg

ホテルに戻って窓越しに午後10時の日没のパリの空を眺める。

これが見納めで明日は帰国の途へ。

ハミが「ルノワールの色だよね」と言った。

2018年5月27日

フランス旧婚旅行(5)

オランジェリーを出てセーヌを眺める。ホテルを出る時は降っていた雨はやみ、何とかギリギリ持ちこたえている。雨男と言われた私でありましたが年取ってからはその逆に、今回の旅行も何とか持ちこたえております。「お父さん凄い〜」などとハミに言われますが、それぐらいしか褒めることはないのかとちょっと思ったりするのでありました。

DSC02432.jpg

ボードレーヌの「巴里の憂鬱」を思い浮かべるその日の空模様。でも雨はかろうじて降ってこない。隅田川もこんな風情あると良いのだけれどと思ったり。

コンコルド橋からエッフェル塔が見える。ブランド街を散策する前に行ってみる事に。これが結構遠い。

DSC02435.jpg

エッフェル塔近くの公園にちょっとへとへとになりながら到着。入場する人の多さに怖気づいてこの写真撮ってすぐ引き返しました。

DSC02437.jpg

シャンデリゼ通りをひたすら歩きブランドショップ街をめざす。

DSC02438.jpg

途中コンコルド広場に隣接する高級そうなクラシックホテル前に高級な車たちが駐車する中、このヴィンテージなシトロエンDSが超目立って見えた。普通に乗っている事に敬服いたします。それにしてもカッコいい〜!。

そしてブランド街に突入、目指すはエルメス本店。あれ?あれあれ?日曜日は定休日だったぁ〜。日本ではありえないこの現実。ほかのショップも同様に日曜日は定休日。

DSC02440.jpg

エルメス本店前で呆然自失。仕方ない、飾り付けられたウインドウの製品を見て撮って良しとしよう。

DSC02454.jpg

前を通り過ぎる紳士がカッコいい〜。

帰国した翌週、ペリンガー社のウルリッヒ社長との年に一度のミーティングが東京であったのですが、その時この事を話したら「私はこの本店の屋上のりんごの木の前でエルメスの役員の人たちと一緒に写真を撮ったよ」とスマートフォンに入っているその画像たちを見せて頂いた。何か悔ちい。

DSC02457.jpg

おお〜世界屈指の宝飾店が軒を並べるヴァンドーム広場。

DSC02456.jpg

買える訳ないから良いのだけれど、ウインドーショッピングすら出来ない厳重さ。

そんな風にどこも定休日の中、ヴィトンのショップだけは開いていた。

DSC02458.jpg

DSC02459.jpg

DSC02460.jpg

お店は閉まっていたけれど、窓ごしに見るダンヒルのバッグたちがいい感じ。今までこのブランドの作るバッグはあまり評価していなかったけれど、今回見たバッグたちは魅力的だ。

ブランド街のウインドーを見ながら彷徨い歩きながらオペラ座界隈へ。時間は午後2時過ぎ、ランチはどこで食べようかな?フランス的とはお世辞にも言えないけれど、匂いにつられてラーメン&餃子。

DSC02462.jpg

DSC02461.jpg

DSC02463.jpg

値段は日本の倍ほど、ニューヨークの半分。

オペラ座近くでラーメン食べている時に日本から「パリのオペラ座界隈で殺人事件があったみたいだけれど大丈夫?」と友人からのメール。何かどこも警戒が厳重な感じがしたのはこれだったんだとその時知った。

DSC02494.jpg

その後も何軒かのカフェに立ち寄りながらパリの街を彷徨った。このマドレーヌ寺院前のカフェ・アメリカーナ(決して薄くない)が一番美味しかったが高かった。

フランス旧婚旅行(4)オランジェリー美術館

語学不堪能、方向音痴、融通がきかない老夫婦二人のパリ散歩が始まりました。オペラ座近くのホテルだったら徒歩での散歩でもいけるけれど、泊まったホテルは凱旋門より西のエトワールなので地下鉄利用。10枚綴りのキップのカルネを購入して、初めてのパリ地下鉄にドキドキしながら乗車。そして地下鉄1号線でコンコルド広場下車。まずはオランジェリーへ。ルーブルやオルセーは混むし作品数が多すぎて短い時間の滞在だと厳しいと思った。そこで美術館はオランジェリーのみ、モネの睡蓮の超大作を眺めながらゆったりと。この選択は正解だった。このモネの睡蓮8大作の前で時を過ごすと心が平穏になれる。では撮った8大作の画像を公開。長すぎて広角16mmでないと収まらない。

DSC02417.jpg

DSC02418.jpg

DSC02419.jpg

DSC02420.jpg

DSC02425.jpg

DSC02426.jpg

DSC02427.jpg

DSC02428.jpg

圧巻の睡蓮8作品に包まれて時が過ぎてゆく。目があまり見えない状態の晩年に描かれた作品だなんて信じられない。素晴らしい魂の声を聴かせて頂きました。帰り際売店で縮小サイズのこの長い作品たちのポスターを入手。でも後で気づいたのだけれど、この規格外の縦横比だと既成額はないから特注で額を作らないといけないじゃないですか。まあいいかぁ〜。

2018年5月26日

フランス旧婚旅行(3)

今回のツアーのハイライトは此処かな、ジヴェルニーのモネのお家とお庭、向かいの睡蓮の池。

DSC02330.jpg

睡蓮の池を見る前に竹林が迎えてくれた。

DSC02331.jpg

あのモネの蓮池です。蓮の花は咲いていないけれど周りは花いっぱい。この紫は藤ですね。

DSC02333.jpg

やはりモネはこの柳の木が印象的。日本の美意識に魅了されていた事を感じさせる。

L1007480.jpg

ツツジ、芍薬、もみじ、竹、藤、etc。良い〜。

DSC02342.jpg

L1007495.jpg

L1007502.jpg

このモネの庭と建物はライカM9+ノクトン50mmF1,5で撮りました。良いんじゃないでしょうか。

海外旅行するたびに日本人に生まれた事を有難く思う。イタリアなら住んでみたいかなとは少し思ったりするけれど、いやいややはり日本が良い。それをこの場所はより強く感じられた。モネは日本に憧れならが来ること叶わず、東洋的な庭を作り浮世絵を収集した。

その後、多くの印象派の画家たちが訪れ描いたセーヌ河の中洲・シャトゥにある「ラ・メゾン・フルネーズ」で昼食。

DSC02360.jpg

大好きな画家・ルノワールの名画「舟遊びの人々の昼食」はこの2階ののテラスに集う仲間を描いた。描いたのは100年以上前、今でもその頃の空気を吸う事が出来た。

DSC02352.jpg

DSC02354.jpg

DSC02356.jpg

美味しく頂きました。

その後ゴッホが最後を過ごしたオーヴェル・シュル・オワーズへ。

DSC02373.jpg

あの揺れる教会です。

DSC02379.jpg

ラヴー亭。左奥の2階の部屋に下宿していたそうだ。

ゴッホ、それほど好きな画家ではないけれどじっくり鑑賞してみようかと思わせた。

DSC02380.jpg

そしてパリ、雨のエッフェル塔が迎えてくれた。エージング感が素敵だと思った。パリの二日間は雨の予報、予報がはずれると良いけれど。

2018年5月25日

フランス旧婚旅行(2)

ロワール地方に突入。そして3日目のお宿はツゥールの郊外にあるシャトーホテル。

DSC02214.jpg

良いですね〜。カビ臭いとしても骨董品好きの私はこういう方が好み。

DSC02201.jpg

3階の部屋の壊れそうな窓を気を付けて開けると、目の前に広がるのは緑が目に優しいゴルフ場。

DSC02217.jpg

11時過ぎに寝る前に一服。日が沈むとモンサンミッシェルよりは全然まっしではあるけれど外にでるとやはり相当寒い。先客のお仲間が3人、合わせて4人が喫煙人。GWが終わって翌々日出発のツアー、多くが第二の人生をスタートされたご夫婦お二人での参加。初めてお会いした人たちとは思えないほど楽しくご一緒出来た。

DSC02242.jpg

4日目最初はシュノンソー城見学。小さなお城だけれど何か優しさ感じるお城。

DSC02249.jpg

抜けた青い空とロワール川の上に建つシュノンソー城。

その後シャルトルへ。このバス旅のコースは結構強行軍かも、次フランスへ訪れたしても行くことは叶わぬ町々だろうからそれでもいい。

DSC02258.jpg

シャルトル大聖堂です。

DSC02263.jpg

現在の進んだ科学技術で分析しても作れないというブルー、シャルトルブルーのステンドグラス。

DSC02264.jpg

その理由を地元のガラス職人に聴く番組があった。NHKの世界街歩きだったと思う。それは単に歳月だと、何百年かの歳月がコバルトブルーをエージングさせてこの独特の青に。身も蓋もないお話しでありましたが、だから再現できない。私には紫と青の中間的な青に見えた。

DSC02269.jpg

DSC02278.jpg

今日は16-35mmF4のレンズを多用というよりつけ放し。大きな建物撮る時は広角はいい。

でもって再びノルマンディー地方に戻って4日目の宿泊地・ルーアンへ。

ここもまたまた大聖堂です。このルーアン大聖堂は奥に高い塔があってヨーロッパではドイツのケルン大聖堂に次ぐ高さを誇る。

DSC02288.jpg

そして向かいの建物の階段を上がると〜

DSC02291.jpg

モネがルーアン大聖堂に当たる光の連作を描いた場所へ。此処は前もって連絡しないと開けてもらえない場所。

DSC02313.jpg

クラシカルな時計と木組み家並み。

DSC02320.jpg

ジャンヌ・ダルクが処刑された場所に立つ教会。

ルーアンは私の大好きな作家・遠藤周作氏が若かりし頃留学していた古都。ただ宿は酷かった、野戦病院みたいだと笑って言っていた人もいた。

2018年5月24日

フランス旧婚旅行(1)

Facebookの松本佳樹の個人ページでは色々画像をアップしましたが、このブログでもこの旅行を思い出しながら数回に分けてアップすることにします。

私達夫婦は今年の6月4日で結婚して40年になる。その記念として旧婚旅行に行く事にした。二人のどちらかが病気になったら行けなくなる、まだ元気な内に行けるものなら行きたい。革製品の本流は今はフランス、その文化と歴史を実際に感じとる事で新たな何かをル・ボナー製品に加える事ができるのでは?などと大義名分を考えていざフランスへ。まだ行った事のないパリにスマホがあれば語学不堪能で何とかなるからフリーで行こうと進言したが、私と二人だけで海外は不安というハミの意見を尊重し、初めてのフランスは印象派の画家たちが住み描いた場所を巡るツアーに加わる事にした。加えて有名なモンサンミッシェルとロワール地方の古城&パリフリー二日間と盛沢山。お店は娘に任せて6泊8日のフランスの旅に5月8日出発。

L1007467.jpg

神戸空港から羽田に飛び、ANA便でパリです。漢字で書くとパリは巴里だと思ったら巴黎なんだ。何か良いじゃないですか。

DSC02001.jpg

ドゴール空港到着。去年ニューヨークとミュンヘンで連続して一悶着あった鬼門の入国もスムーズに通過。ゴルビジェの影響かフランス人の個性か、面白い工夫が色々感じ取れる空港ビルが迎えてくれた。

フランス到着の日は空港近く宿に泊まり、翌日ロングドライブでノルマンジー地方へ。

DSC02059.jpg

最初にエトルタの奇岩。モネが数多く作品に残した風景。ここは個人旅行で行くにはハードルが高い場所だし、ここが加わっているツアーは少ない。私にとってこの地は小学生の頃読んだ、少年少女世界全集の中のモーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンの「奇巌城」のイメージ。だから未だにシャーロック・ホームズよりアルセーヌ・ルパンの方が好き。

DSC02053.jpg

モーリス・ルブランが暮らしていた邸宅。奇巌城のジェーブル伯爵邸は作者の自宅をモデルにしたのかも。

DSC02068.jpg

御伽話しに出てきそうなお家。ノルマンディー地方はフランスというよりイギリス的な町並み。

Pont_normandie_depuis_aire_repos_nord.jpg

(ノルマンディー橋 ウィキペディアの画像より)

大きくて急勾配のノルマンディー橋を渡り旧港町オンフルールへ。サガンが最後の時を過ごした町。

DSC02091.jpg

フランスでは人気のある町なんですね。平日だのにいっぱいの人。

DSC02087.jpg

DSC02086.jpg

ウッディなヨットや古い町並みを愛でながら歩いた。働く船たちも何か愛嬌がある。

DSC02134.jpg

二日目のお宿は、モンサンミッシェル対岸のホテル。なのでモンサンミッシェルの夜景が撮れる。これを撮るだけの為に重いEF 70-200mmF2,8のレンズを持参した。

DSC02123.jpg

対岸のホテルに泊まった者だから経験出来る、夜のモンサンミッシェルの参道散歩。

DSC02165.jpg

DSC02159.jpg

翌日は日の出時間の6時半に合わせて撮影場所に行き、右からの朝日に照らされたモンサンミッシェルの景観を撮ろうと試みる。雲に隠れて7時を過ぎても日差しが〜その上じっと待っていると芯から凍える寒さ。でも何とか撮りました。モノクロとカラー。

DSC02183.jpg

戒律が厳しいベネディクト派の聖堂はステンドグラスで飾る事もなく質素。

DSC02179.jpg

観光客が多くなる昼過ぎにはこのフランスの厳島神社?を後にした。教会のテラスから見る干潮時のこの風景は日本にはない。

混み始めた参道を早々抜け出し、ノルマンディーから今日泊まるシャトーホテルのあるロワールへ。びっくりするほどの多くの羊たちに見送られて。

2018年4月 6日

口元が欠けた「ロイヤルコペンハーゲン」

私は珈琲好きだ。昔から紅茶より珈琲ではあったがここまでではなかった。それをここまで好きになり淹れるようになったのは、4年ほど前に南青山「CIRCLE」の青山さんが淹れた珈琲を頂いた時から。手をかけ工夫すれば、珈琲豆の旨味をここまで引き出せるだと痛感させられた。それから珈琲道の迷路に嵌り抜け出た先にあった豆が「コスタリカ スウィートベリー ナチュラルプロセス」だった。「美味しかったぁ〜」の言葉に励まされながら親しいお客様方に淹れる日々。

そんな私が此の所使っているカップは口元が欠けている。

IMG_6499.jpg

そのカップ&ソーサーがこれ。5DⅢ+EF50mmF1,4で撮影。

40年前に結婚祝いで、ハミの物好きの友達からこのロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソサーをペアで頂いた。その後我が家の唯一の高級磁器として食器棚に鎮座していた。震災の時、多くの食器が割れた中でこのペアの磁器は無事だった。ただその時片方のカップは少し欠けたが、それが愛おしくて私用として使っている。傷が思い出を饒舌に話しかける品は側に置いて使いたくなる。

そうだった。今年が私たちが結婚して40周年でした。不確かな二人だったのでちゃんと調べ直したら今年が40年目間違いありません。記念日とかを過ぎてから気がつく私たちですが、今年はちゃんと記念行事?しようかと思ってます。私と違ってモノはそんなに欲しくないというハミなので旧婚旅行とか。

何故か欠けてるけれど使っていて愛おしくなるこの器の事を書きたくなった。

2017年6月28日

調べたら今年で結婚39周年だった。

私達の結婚記念日は6月4日。その記念日を今年も相当過ぎてから気付いた。いつもの事だけれど二人して。そして気付いてからよ〜く調べてみた。去年2017年で結婚40周年と記したけれど、それは間違っていて来年が結婚40周年だった。つまり今年はルビーをプレゼントする必要はなくて来年。来年こそは6月4日の日を忘れる事なく祝う事にしよっと。

L1000492.jpg

先日、カメラ趣味仲間のレ・ザルティザンの三島の勤ちゃんがライカ・モノクローム&ズミルックス50mmで撮ってくれた写真。

結婚39年の3/4は七転八倒修羅場の連続でしたが今は平和なので、残り短くなった人生を楽しく二人で過ごせたらと思っています。それと元独立系鞄職人(誰かさんに頭に元をつけないとと揶揄された)の私達二人は冒険はしませんがもう一花咲かせないといけません。もう少し頑張ってこの時代に二人で生きた証を紡ぎたい。

2017年6月 1日

「ニューヨーク&ニューオーリンズの旅」 ニューオリンズ編

雨のニューアーク空港からあのユナイテッドで初めてのアメリカ南部・ニューオリンズ。ニューオリンズは蒸し暑かった、ニューヨークとの温度差15度。ラテン色濃いUSAがこの町にはあった。

_DSC5073.jpg

_DSC5075.jpg

ヴィンテージなチンチン電車好きです。何度も乗りました1日乗り放題切符3ドル也。

_R100875.JPG

_R100876.JPG

バーボンストリートのライブハウスは猥雑さと喧騒だけで聴きたかったジャズはなかった。プリザベーションホールでなら「タイガーラグ」を聴けるかと思って行ったけれど、懐かしのジャズ歌謡ばかりだった。雰囲気は良かったけれど。

_DSC5137.jpg

これにも乗って来ましたよ、2時間の船旅。

_DSC5179.jpg

NHKのBS「入りづらい居酒屋・ニューオリンズ編」で紹介されたお店にも行って来ました。入りづらく全然なくて、この旅一番のフレンドリーな接客。ワニ肉のパテが美味しかった。

_DSC5180.jpg

ただニューオリンズ中心部から相当遠くて市電で1時間。

_DSC5192.jpg

昼下がりに行ったのでお客様少なく静寂感とシェイクの音が良い感じのサゼラックバー。

_DSC5186.jpg

サゼラックバーで最古のレシピのアブサンメインのカクテル「サゼラック」。もう訪れる事は無いであろうニューオリンズ。最後に素敵な時間を味わった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち鞄職人松本氏の優雅な生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは鞄職人の思い出です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。