イタリア大好きの最近のブログ記事

2017年1月10日

「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」の帰還

15590005_677397752428848_2231321473389627706_n.jpg

去年の年末に、ワイパーの不具合、その後ハッチのキー部分が抜けてびっくりして主治医の「エルサンク」さんへ持ち込んだ。その時ついでに高速時のブレーキングで片効きするのが気になったのでそれも診てもらう事にした。年末にエルサンクさんから電話があり、ワイパーとハッチのキーは簡単に治ったけれど、ついでに頼んだ方のブレーキの片効きが大問題。ABS部品の交換が必要なんだそうだ。ABSの付いた車を所有するのはアルファが初めてのボンジョルノ、4輪ともABSが効かないようにすれば良いんじゃないの?と伝えると、それだと警告ランプが付いた状態になって車検が通らない事に少し前からなった為にダメとの事。ディーラーで新品を入手するとアルファロメオだから間違いなく10~20万はする部品。時間がかかってもいいから中古で探してもらう事にした。そしてそのパーツが年を越したが早々見つかって取り付けたと連絡があり早速「エルサンク」さんへ。

L1004551.jpg

不具合がみつかった4輪をコントーロールするABSの制御部品。100mm四方サイズほどの結構大きな部品、中古で見つかって1/10ほどの部品代で済んで良かった〜。

そして帰宅の途へ。エンジンをかけて走り出す。しっかり感のないサス(これを猫足と言うのか?)、簡易プレハブのよな薄ぺらいきしみ音するボディー、低速ではフラフラする非直進性を助長するハンドル、シフトは多くのスポーツカーとは真逆のフニャフニャのロングストローク。ブレーキを間違えそうになる昔の軽並みの狭いペダル配置。お金をかけていないなと思うインテリア。でもでも良いんだよねぇ〜、今までちゃんとした車を所有した事がないからと言われればそうかもしれない。運転する楽しさと工夫とエクステリアデザインのバランスとがボンジョルノにピッタンコ。

L1004552.jpg

体感加速はスーパーカーと思う。傑作ツインスパークエンジンの雄叫びは官能の世界に導くと思う。

L1004553.jpg

このリア部分のエクステリアデザインは自動車の歴史上最も美しいハッチバックだと私だけは思っている。

_DSC3597.jpg

そして私はアルフィスタとしてこれからも歩みを続けるのだった。

2016年12月30日

ブログ初登場「Faber」さん

15823401_684492428386047_6081006430827143626_n.jpg

2016年の最終営業日も多くのお客様に来店頂き幸せな気持ちで終える事が出来た。今年還暦を迎えてさあ来年は第二の人生のスタートと思って気合い入れて頑張りますよ。

沖縄から息子夫婦が帰っていて、お店を6時で閉めた後車を走らせ5人で甲南本通り商店街近くの田中の交差点角にあるファーベルさんへ。ファーベルさんへは月に1~2度は必ず訪れるお気入りのイタリアレストラン。私・松本佳樹のフェイスブックでは度々登場しているこのお店をブログで紹介するのは初めてだったかな?シェフの纐纈さんの作る料理には爽やかな風を感じ、毎回食べるたびに幸せな気持ちを美味しく頂けた満足感と一緒にごちそうさま。行くたびに帰宅後食べた料理の味を記憶の中で反芻したくなるのは私だけだろうか?その幸せを息子夫婦にも共有してもらいたいと思った。

15727006_684492451719378_1692630332523735150_n.jpg

ワンパターンだよね。ハミが凝っているシチリアの庶民の味チーズいっぱいのライスコロッケはこのところいつも必須。

15747816_684492481719375_1499800313856336012_n.jpg

4種のチーズの旨みが絶妙なハーモニーを奏でるクワトロフォルマッチォと

15741175_684492505052706_5729798133782085258_n.jpg

前回特別に作ってもらったレモンいっぱいの爽やかな旨みに驚かされたリゾットは再び。

あとは初めてオーダーした料理。

15780788_684492445052712_3085968637123806532_n.jpg

マグロのカルパッチョ。この美味しさにはびっくり。

15822774_684492508386039_290117856124497544_n.jpg

自家製ソーセージ。これはいつも頼むボローニャ風カツレツに匹敵するジューシーさ。

15823546_684492478386042_360488135558520855_n.jpg

魚介のトマト風味パスタは手打ちパスタに魚介の旨味がしっかり絡まって幸せ。

これに加えデザートと私以外はアルコール類。

今夜もしっかりお腹いっぱい。幸せ、幸せ。

2015年11月27日

こいつは面白い「1998年式アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」

_DSC5510.jpg

多車線の国道の赤信号で最前列でブレーキを踏んだ。隣にブイブイ言わせながらスバルWRXが並んだ。年甲斐もなくスタートダッシュの体感スピードが自慢なので勝負してみようかと考えてしまった。同じ2000ccで馬力は倍ある(ターボが付いているから)モンスターではあるけれど車重はマイ145の方が軽い。こっち本気で向こうは全然その気ないだろうから100mぐらいの距離は前をいけるかもと。青になってダッシュ、ボディの薄っぺらさを感じる軋みを感じながらアクセルを踏み込むと体感だけはゼロヨンモンスター。でも〜あれれぇ〜一瞬にして勝負は決した。数秒後WRXは遥か先を加速しながら消えていった。やはり145のスピード感は体感だけだったのか。でもそれが病みつきになる可愛い奴。

先週明石を散歩していたら珍しくアルファ145を発見し嬉しくなった。本当にここのところ見なくなったなぁ〜。

_DSC5421.jpg

後期型なので2000年以降で私の前期型より新しいのに、フロントのエンブレムが剥げてる。珍しく同じ車と出会えて嬉しかったけれどこれはいけません、アルファロメオのオーラが消えてしまうと私は思う。このエンブレムさえ綺麗であればどんなにアルファレッドの塗装が変色していても、誇り高きアルファロメオで居続けられると思うボンジョルノです。

_DSC5511.jpg

それにしてもこの車にはアルファロメオとクワドリフォリオのマークが過剰に目立つ。その訴えるような思いが切なく感じる。

_DSC5512.jpg

_DSC5513.jpg

クワドリフォリオ(四つ葉のクローバー)はアルファロメオのスポーツ心を象徴する証。フェラーリの創業者がまだアルファロメオのレーサーだった頃、レース前に貴婦人から四つ葉のクローバーをもらったという逸話から生まれたクワドリフォリオマーク。

_DSC5517.jpg

シートのファブリックにもアルファロメオの文字の羅列。これはそうない自己主張。

_DSC5509.jpg

フロントだけでなくどのガラスにもアルファのエンブレム。アルファロメオ156をこよなく愛するル・ボナーのお客様のフロントガラスが飛び石で割れてしまった。交換修理に出したらこのエンブレムが付いていないフロントガラスだったと嘆いておられたのを思い出す。

_DSC5514.jpg

現行のアルミホイールの色付きアルファマークよりこの方が。

_DSC5515 (1).jpg

_DSC5518.jpg

カセットデッキの蓋にも。

_DSC5519.jpg

こんなところにも。

_DSC5520.jpg

ハンドル中央はどの車もあるけれど、この素敵なエンブレム下のレザー風ビニールは縮んで縁は剥がれ始めている。

_DSC5521.jpg

ペダルにまで付いてる。この左端のクラッチペダルがグラグラになり部品入手まで1ヶ月半。

ここまで自己主張しなくてもこの車の魅力は重々感じている。ポンコツだけど憎めない大人の玩具。この数ヶ月アクシデントが連続したけれど、その事で逆により強い愛着を感じるのでありました。車を移動の道具と思わなければこんな面白い車はそうない。

2015年11月14日

名前の付いていなかったキーケースの名前「ポンテ」と決定〜

_DSC5341.jpg

名前の付いていなかった新作のキーケースでしたが決まりました。「ポントキーデル」で良いのではというご意見も多かったのですが、イギリスに長く住まわれていた万年筆好きのお客様がネジカン金具のブリッジ部分が印象的との思いからポントじゃなくて「ポンテキーデル」をイメージしたとコメント頂いた。イタリア語のブリッジはポンテ。これは良いのではという事でシンプルにキーケース「ポンテ」とする事にしました。それじゃ面白くないとおっしゃる方は「ポンテキーデル」でも良いかと思います。それほど大層な事ではないですものね。

それにしてもこの「ポンテ」人気があります。100個以上使って完成してからまだ日が経っていないけれど、残っているのは1/3以下。ミコノスとトープは残り1つ。これは大ヒットの予感。それで早々明るめの色メインで第二弾作り始めております。ピンクやターコイズブルーでも作ります。あっ、忘れちゃいけない、スカイでも作ります。他にも色々な色で作りますので乞うご期待。

2015年3月21日

「アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型」が益々好きになる

_DSC0616.JPG

水も滴るいい車なんて思ったり。今週の定休日(水木曜日)は珍しく愛車を走らす時間が多かった。そして感じた、やはりこの20年ほど前生産のアルファロメオ145クワドリフォリオ前期型は良いと。私は神戸に来るまで仕事において車は必需品で、4や1ナンバーの車しか乗っていなかった。5や3ナンバーの乗用車とは縁がなかった。しかし神戸に来て車も仕事の必需品ではなくなって持ちたいと最初に思ったのが旧ビートルだった。楽しい思い出いっぱい作ってくれたけれど68年式のビンテージカーはやっぱ厳しかった。そんな時出会ったのがこのアルファロメオ145クワドリフォリオ前期型。発売当時、憧れの気持ちだけの車としてこの3ドアハッチバック車を眺めていた記憶がある。その頃「いいな」と思いながら高価だったし維持費の事を思うと問題外だった。でも縁あって現在私はこの車を所有することになった(中古だと現在滅茶苦茶安くなっている)。今乗り続けていて思う、こんなに愛着感じてしまうとは予想外だった。。ボンジョルノ松本にこれほどまでにフィットするとは、我ながら驚いている。

_DSC0630.JPG

この位置から眺めるのがいい感じと思っているボンジョルノアイ。時代を超越?してハッチバックのリアから見るフォルムはこの145前期型が世界一美しいとボンジョルノは思うのだった。他にはアコードエアロデッキのリアデザインはいいと思ったけれど、総合力で145前期型の方が秀出ているのではないでしょうか。その後、この145のリアデザインは多くの車で真似られたけれど、やはり本家を超えるフォルムはなかったと思う。

_DSC0628.JPG

この頃まではアルファのフロントの盾も控えめで、その方がバランス取れていて好きだ。旧車(ビートル、フィアット500、ルノーキャトル、シトロエン4CVetc)が好きな私だけれど、この中途半端な時代のこの車に愛を感じている今の私。最初は妥協の結果のチョイスだった。でも所有して今はかけがいのない相棒となった。

_DSC0629.JPG

3ドアハッチバックのファミリーカーとは見えない、正面から見た時の面構え。バンパー下部部分はスーパースポーツカーのようだと私は思っている。天候が悪い時ドライブすると緊張感を強いらるけれど、五感を刺激しながら老化防止にも役立ってくれているとも思う。エンジンの一挙手一投足と会話しながら楽しめるファミリーカーは他には知らない(そんなに色々乗った訳ではないので私感)。見え張らずに劣等感も感じないちょうど私に絶妙にフィットするアイデンティティーがこの車は宿している。過去の車となった145ではあるけれど、全然古さは感じないと私は思うのであります。

_DSC0633.JPG

内装はチープさは隠しきれないが、それでも精一杯デザインしている室内は居心地良い。手が触れるハンドルとレバーの革の質感は、イタリア革のしっとりネットリ。この革の質感は現行車では得ることの出来ない特別な質感だと、革の専門家の私は確信している。シートが革である必要はない(そうであれば尚良いけど)、手が触れるハンドルとレバーの革の質感が特別であればその方が大事。内装のほつれその他経年劣化が目立ち始めているけれど、この車ならそれを味と感じれるボンジョルノだった。そして何よりアルファロメオのエンブレムがいい。このアルファのマークは驚くほどあちこちにあって、気持ちを高揚させてくれる。エンブレムからミラノの文字が消えたナポリ工場製で、20世紀最後の問題車などと言われもするアルファロメオ145ではあるけれど愛着益々増幅する。

大きな問題がない限りはこの車に乗り続けたいと思う。無理だけど2台持ち出来るとしたならアルファロメオGTVアルファコルセ、3台持ち出来るとしたなら60年代のジュリエットスパイダー。遠出はレンタカー。

2013年5月 5日

2013年 F夫妻のイタリア旅行

顧客のF夫妻は毎年この時期になるとイタリアへ行く。
今年は何度も訪れたローマと清貧の聖人フランチェスコのアッシジ。
今朝帰国し、撮った写真500枚以上をル・ボナーのパソコンへ。
カメラ好きのF氏の今回のお供はソニーのRX1です。
その中の数枚を公開ぃ〜。

DSC00638.JPG

DSC00669.JPG

DSC00880.jpg

DSC00683.jpg

DSC00797.JPG

DSC01242.JPG

DSC01177.jpg

DSC00975.JPG

イタリアはやはり良いなぁ〜。
年に一度は私もイタリアに行きたぁ〜い!。

2012年11月17日

古山画伯と行くイタリアスケッチ旅行  人物編

今回のイタリア旅行では私自身を撮ってもらう為、撮影担当を私以外に友人に参加してもらい、二人体制で撮った。なので撮った枚数は2000枚ほど。これから1000カットほどに編集して、DVDに収めて、参加者に送る予定です。私は撮られるのを意識してない人物写真を撮るのが好きです。2000枚の内人物写真が半分。そんな私にはグループ旅行は絶好の機会です。

IMG_9941.jpg

ボローニャは週末は中心部の道路が歩行者天国になります。
蚤の市もやっていて、古山画伯はまた中古の鞄を買っていました。

IMG_9960.JPG

ヴェローナのエルベ広場にて

R0015857.JPG

これは愛機GRDでガイドさんに撮ってもらいました。
やはりこのコンデジは凄いです。

IMG_9968.JPG

このカットが今回の旅行で撮った写真の中で、
ボンジョルノが一番気に入っている一枚。
EOS50Dと50mm(35mmフィルム換算80mm)F1.4 ISO250 1/60

IMG_9995.jpg

名古屋のT社長ご夫妻も楽しんで頂けたので、良かった良かった。

IMG_0092.JPG

リアルト橋を越えてヴェネツィアの下町風な地域の路地にある
「マドンナ」というレストランテの前で。
ここが今回ヴェネツィアで食べた中で一番だった。
大衆的な雰囲気と本物の海鮮イタリアン。

IMG_0105.JPG

夜霧のサンマルコ広場にて。
これは暗くてブレずに撮るのに苦労した。

IMG_0110.JPG

こんな風に楽しめる50歳オーバーって良いなと思う。

IMG_0053.JPG

そしてヴェネツィアのボンジョルノ松本。
撮った友人は手ブレッソン松本と違って手ぶれしにくく安定感がある。

(追伸)
今回ボンジョルノは旅先で珍しく大きな問題や事件を起こす事なく楽しめましたが、帰国後悲劇が待っていた。二日遅れぐらいで送られてくる携帯電話会社からのSMSメールで知った。「今月の携帯電話料金が10万円を超えました」と。ゲゲェ〜そんな馬鹿な。私は海外パケット定額し放題にしたからそんなぁ〜。慌てて当月のご利用状況というのをネットで見てみると、定額対象外パケット代だけで100,464円と・・・・あぁ〜。愕然とするボンジョルノ。よく理解出来ていないのに使った私が悪いのは分かっております。でもその対象外のパケット通信を使った自覚がありません。皆さん海外で携帯電話のネットを使う時は気をつけましょう。これを教訓に次回からは気をつけます。でもその支払いは免除されない。その為入手を予定していたカメラは遠のいてしまったぁ〜。便利って生半可な知識で使うと落とし穴が待っているんだなぁ〜トホホ・・・。

2012年11月16日

古山画伯と行くイタリアスケッチ旅行 風景編

イタリアから昨日の帰って参りました。
やはり現地でブログを更新するのは荷が重かったぁ〜。
それで帰国後になりますが北イタリアの思い出をブログにアップしまぁ〜す。

まずはボローニャから

IMG_9874.jpg

二本の斜塔が迎えてくれます。

IMG_9799.jpg

私たちの宿泊するプティホテルは良かったなぁ〜。
またボローニャに行く時には泊まりたい。

PB092372.JPG

PB092264.jpg

IMG_9808.jpg

観光でボローニャを訪れる人は少ない。
だから居心地が良い。それも上等なイタリアを感じられる。
私はこの街が好きだ。また訪れたい。

フィレンツェは今回訪れる予定じゃなかった。
でも訪れてみたいという要望多数だったので、急遽日帰りで行く事に。
イタリアの新幹線で36分で行けてしまう。

D0015842.jpg

PB102601.JPG

IMG_9900.jpg

フィレンツェは勝手知ったるイタリアの街。
ボンジョルノが一番多く訪れたイタリアの街。
素敵な街です。でも人が多過ぎてその上一杯歩いて疲れました。

IMG_9898.jpg

ここで食べたシーフードスパゲティが今回の旅行中No.1だと思う。
ただこのパスタを食べたのは二人だけ。
私もフィレンツェでシーフードもないでしょうと頼まなかった。
でもお裾分けもらって食べたらこれはびっくり。
頼まなかった事を後悔したボンジョルノでした。

ヴェローナは素敵な街でした。
泊まってゆっくりしてみたい街でした。

IMG_9993.jpg

IMG_9973.JPG

最後にヴェネツィア。
やはりこの街は特別です。
今年最大のアクアアルタが迎えてくれましたが、
それをも楽しんでヴェネツィアを満喫してきました。

R0015928.JPG

R0015889.JPG

IMG_0074.JPG

このヴェネツィアの夜の路地の写真気に入っている。
EOS 50D 50mm(35mmフィルム換算80mm) F1.4 ISO400 1/60


R0015931.JPG

汚くて美しくて混沌としていて。

PB132901.JPG

スケッチしないおのぼりさん4人はムラーノ島に行って来ました。良かったです。
本島に比べて人少なく、建物の朽ち果て具合も本島よりグッド。
行きの水上バスが思っていた以上に時間を要したので、
帰りは水上タクシーでブルジョア気分。一隻サンマルコまで50ユーロだった。

IMG_0260.JPG

日本に帰国する日は、早朝マルコポーロ空港まで直接水上タクシーに乗って。
これが最高に気持ち良くてはしゃぐ大人げない私たち。
でもそれは最初だけで、途中から寒くてぶるぶる震えてた。

楽しかったと皆さん言って下さった。
この旅行の主催者である私には、何より嬉しいお言葉です。
そしてボンジョルノも十分イタリアを満喫出来た旅でした。

2012年11月13日

古山画伯と行くイタリアスケッチ旅行 4

11月11日

IMG_0001.JPG
 
ヴェローナからお伽の都市・ヴェネツィアへ。その道すがらの高速道路から見える風景を眺めながら、突出した建造物がなくアースカラーな家々が続く風景が優しい。そんな風景が見飽きなく愛おしくかんじられる。そんな普通なイタリアの風景が、普通な人たちが豊かな心で生きれる国だと語りかけてくるように思える。

PB122752.JPG

やって来ましたヴェネツィアです。水上タクシーでの入島です。当然特等席のオープンデッキにてカメラを片手にワクワクドキドキ。今年最大のアクアアルタ(150cm)が我々のツアーを迎えてくれました。ただそれは満潮時(1日2回)の事で一日中浸かっている訳ではないとの事。珍しい自然現象も逆手に取って楽しめればと思うのです。その為水没しない場所に船を付けて、迷路のような道を通りホテルまで。

PB122773.JPG

3泊滞在するホテルは、サンマルコ広場近くの好立地な場所にある。
やれ具合がいい感じのヴェネツィアらしさ満点のホテルです。

夕食を予約しているレストランの場所までは、アクアアルタ満潮時が間近だった為、水に浸かった部分を避けて大回りして細い路地から路地へ。これは完全にこの街に慣れた添乗員さんに頼るしか行き着けなかった。そんな事だけでも楽しい。

IMG_0056.JPG

夕食後(アクアアルタ絶頂時間)にホテルに一度戻り、夕食後有志を募ってアカデミア橋〜リアルト橋経由 サンマルコ広場横断の夜の散歩へ。これは昨年のスペイン旅行の時に、トレドで2夜連続で決行し好評だった行事。いい大人たちが何度もこんなパフォーマンスを撮りながらの散歩。笑いながら通り過ぎる人たちの事は気にもしない。

R0015891.JPG

サンマルコ広場に着いた頃にはアクアアルタも収まりつつある時間だった。でもまだ水は完全には引いていなくて、でも広場のの中央部だけは濡れないで歩ける状態になっていた。旧約聖書のモーゼが海を切り裂いて道を造った気分で、その中央部分を歩む私たちでした。そしてホテルに無事戻って参りました。おやすみなさい。

2012年11月12日

古山画伯と行くイタリアスケッチ旅行 3

D0015846.jpg

11月9日 

やはりiPhoneでのブログ更新はしんどいです。なのでAirで書く事に。
この旅行に参加頂いた名古屋の「Pen Land Cafe」もやってるT社長さんは毎日更新している。ボンジョルノも頑張らないとと思うのですが、主催者という重責?もありへこたれ気味です。頑張ります。

フィレンツェまでボローニャからイタリアの新幹線乗って30分ちょっと。多くのスケッチ部隊の参加者もフィレンツェに行ってみたいとの要望強くあり、モデナ行きを取りやめ私たちおのぼりさん部隊もフィレンツェに一緒に行く事になった。やはり世界有数の観光地であるフィレンツェは違っていました。オフシーズンなのに、いっぱいの人。でもイタリアに来ると毎回のように訪れる街。なので道案内もすいすい出来ましたなんて思っていたら、万年筆の「ヴィスコンティー」の本店探しは今回も手こずりました。でも執念で到着。

D015849.jpg

そして何本かの日本未発売の限定万年筆を見せてもらった。
名古屋のT爺は何本か買っていた。私は?。

IMG_9953.jpg

11月11日 9:10
ボローニャは雨でした。ヴェローナ経由でお伽の街・ヴェネツィアへ。

R015862.JPG

途中寄ったヴェローナは、旧市街全体が世界文化遺産の街。素敵な街並みを見ていると、数時間の滞在ではなくて、もっと居たいと感じる街だった。途中から雨も上がり始めた。幸運にも雨模様の日々が多いけれど、大きな障害とならずにこの旅は続けている。これから行くヴェネツィアは今年最大のアクアアルタになっているらしい。ドキドキしながらそれも楽しめればと思いつつ2度目のヴェネツィアへ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイタリア大好きカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはカメラは面白いです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。