ル・ボナーの一日

低照度撮影へGO~

2017年01月08日

Facebookでは何が違うのと言われながら色々なカメラとレンズで飽きもせず撮り続けている夜の帰宅時の低照度撮影。10年ほど前に初めて行ったイタリア。その時撮った画像をブログにアップしたら、手振れがひどく見てたら船酔い状態になると言われて傷ついた。その後10年の歳月を費やしてカメラとレンズ沼に堕ちながら手振れのトラウマから徐々に解放されつつある。そんな私にとって手振れが出やすい夜間の手持ちでの低照度撮影は大きな意味があると思っている。

_DSC3531.jpg

まずはfacebookではおなじみの鏡に映しての自撮りから。facebookの画像より大きくブログだと出来るし、画像はポップアップ大画面で見れます。今回は今所有してる中で一番低照度での撮影では良い絵が撮れるα7R+Vario-Tessar24-70mm/F4で。一昔前のフルサイズなのでISOは1000未満でないと厳しいです。それを手ぶれ補正付きレンズが助けてくれますが、暗いと後半3画像はシャッタースピード1/4秒。

sennta- .jpg

puraza.jpg

hasikara.jpg

sakkajiyou .jpg

kousatenn.jpg

yomichi.jpg

kurai .jpg

ie.jpg

Le Bonheur (21:27) | コメント(1)

Comments

  1. アバター HY より:

    昨日の夜は寒かったでしょう。僕も深夜2時に写真撮影会をした事があります。「4匹固まって眠る野良子猫」の写真とか、上手に撮れました。「夜景」を撮るのは難しいです。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ