ル・ボナーの一日

「細ダレス」今回は特別

2020年05月15日

細ダレスができあがりました。ハードタイプのブリーフケースは厳しい時代ですが、ダレスバッグはル・ボナーのアイデンティティーのようなものなので、これからも作り続けていこうと思っています。今回は特別にシルバー金具タイプの錠前はシリアルナンバー入りの特別なロジウムとスーパークロームメッキを使っちゃった。でも価格はいつもと同じ税込み143,000円也。

この錠前は真鍮無垢からNC旋盤で削り出してオリジナルで作ってみました。そしたら大変高価な錠前になってしまい一度きり作って頓挫。でも作ったからには使わなければと、細ダレスのデザインを変えて使い続けてきました。その特別な錠前も残りわずかになり、今回後生大事に置いておいたシリアルナンバー入りの特別なメッキの錠前大放出〜でも私は真鍮無垢が好きかも。

万年筆のニブのメッキと同じロジウムメッキです。

こちらはスーパークロム、一般的なクロームメッキとは硬度とメッキ厚が違うらしいロジウムメッキと同じ高価なメッキ。ロジウムより黒味のあるシルバー。

でもって

ブルーです。今回のブッテーロのブルーは革盤面が綺麗です。ロジウムメッキのみ。

ワインは真鍮無垢とロジウムとスーパークローム各1個づつ

ネイビーも真鍮無垢とロジウムとスーパークローム

やはり黒が一番人気だよね。真鍮無垢とロジウムとスーパークローム。

卸先の南青山のCIRCLEさんでも販売します。さあ〜あなたはどの錠前が良いですか?  引き続き太ダレスの枠の手縫い頑張っています。

(追伸)

あっ、伝えるの忘れてた。

底中央が膨らむこの形状がル・ボナーバッグの真骨頂。分かるかな?分からないだろうなぁ〜。

 

Le Bonheur (17:34) | コメント(2)

Comments

  1. アバター 野口秀人 より:

    はじめまして
    細ダラスの在庫おしえてください。
    シルバーは二種類あるのでしょうか

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ