ル・ボナーの一日

ペーパームーンシリーズ2種同時登場〜

2020年12月05日

柔らかくて軽くてフィット感抜群の「ペーパームーン」シリーズのショルダーバッグとリュックが同時に店頭に並びました。リュックは前回の初回製作時にあっという間に完売となり月日をおかず製作となりました。ショルダーバッグの方は久々の登場、両方共使うと分かる柔らかさと軽さの魔力〜。どちらも今回から北米キップ(生後6ヶ月の雄牛の革、ヨーローッパではカーフと呼ぶ)を国内のソフトレーザーにおいてはトップの技術を持つ播州のタンナーで作って頂いた鹿革風の「ディアキップ」という名のしっとりオイリーな質感の革のみでの製作となります。

全5色、リュックとショルダーを同時に紹介〜

絶対の黒、ペーパー・ムーンシリーズはやはり黒が一番人気、

この革のネイビーカラーはブルー強め、使い込んだ後のエージングが楽しみですね〜

ワイン、ワインカラーと呼ぶより神戸カラーのマルーンと呼びたい。デンマークカーフのマルーンと同色系のワインカラー。

ダークブラウン、

そしてグリーンです。

この革は染色が染料なので色は鈍めになります。

ペーパームーンリュック 縦34cm 横24cm 幅10cmのA4ファイルが収まるサイズで 税込み77,000円

ペーパームーンショルダー 縦20cm 横29cm 幅7cmでB5ファイルが収まるサイズで 税込み55,000円

ペーパームーンリュックは今回またまたストラップを10cm長くしました。ペーパームーンリュックは元々レディースリュックとして作ったのですが半数以上が男性の購入、背負ってみてストラップの長さが足りなくて諦めたお客様たちも今回の変更でもう大丈夫。小太りな私が背負っても余裕の長さ。

ハミが背負えばもう全然余っちゃう、短くしたいというお客様にはその場で修正しますよ。

ペーパームーンショルダーは背負うとこんな感じ。柔らかで軽くて身体にフィットするので冬場コートやジャケットの内側提げでも荷物少なければ違和感なし。柔らかくて融通きくのでサイズ以上に入っちゃうのでご用心。

卸先の南青山の「CIRCLE」さんには数日中には送り出します。いつものように、詳細はその時にCIRCLEさんのブログを見てくださぁ〜い。

ペーパームーンシリーズは極力ステッチが見えない折り紙のようなバッグたち、このパターンはコンピューターじゃ出来ない複雑怪奇なパターンです。現在2種類のバッグのみですが、CIRCLEさんの7周年記念に間に合うようにボストンバッグのサンプル製作中。今やキャリーケースの流通の影響を受けて不人気バッグの代表のようなボストンバッグですが、ペーパームーンシリーズの統一パターン手法の延長線上から生み出せば、大きくても軽くてフィットする事で持ちやすいボストンバッグを生み出せるはず。一度ペーパームーンボストンの試作をしているので細部の仕様を改善すれば魅力的なボストンバッグ出来るはず、数カ月後をお楽しみに。

 

 

 

Le Bonheur (19:00) | コメント(0)

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ