ル・ボナーの一日

「ポーチ・ピッコロ」色々出来ましたぁ〜!

2021年04月09日

小さいけれど見た目以上の収納力にびっくり、ル・ボナーの人気者「ポーチ・ピッコロ」が色々な革で店頭に並びました。さぁ貴方はどれを選びますか?

存在感抜群のクリスペルカーフの光沢感は特別です。丁寧にお使い頂ければ特別な深みのあるエージングを楽しめます。その逆も然りで、手荒に使うと傷だらけを覚悟しないといけません。今回ネイビーと黒の2色を作りました、税込み50,600円。

今回もエレファントのグレーと黒を作りました。丈夫さ別格、強烈なシボも独特。エレファント革は仕入れる度に値段が高騰しているけれど税込み90,200円で今回も販売。

今回初めて?デンマークカーフのマルーンとネイビーでも作ってみました。ウエットブルーでデンマークのカーフを仕入れ国内のタンナーで仕上げた事により価格は抑えられているのでブッテーロで作ったのと同じ税込み38,500円で販売できるのだけれど、価格以上に良い革です。キメ細やかな革をオイリーな仕上げでお願いしたので、お手入れ次第で素晴らしいエージングを楽しんで頂けるはずです。

黒桟革で作るポーチ・ピッコロは和のテイストも有り素敵です。姫路の坂本商店さんが作る黒桟革は日本を代表する牛革と言って良いのではないでしょうか?国産黒毛和牛の皮を伝統的なめし技法のなたね油メインでなめす「白鞣し」をした後 揉みや型押しをし本漆を10回前後塗布する。一度塗る度に48時間前後湿度と温度を管理した室で乾かしそれを繰り返す事で光沢が生まれる。こんな手間をかけた牛革は世界広しと言えども黒桟革だけではないでしょうか?そんな黒桟革のポーチ・ピッコロを税込み48,300円で貴方も楽しんでみてください。2週間ほど前お父さんと一緒に黒桟革を作り初めた男前の息子さんがル・ボナーを訪問して頂いて色々楽しくお話しさせてもらった。今度はハミと一緒に姫路の坂本商店さんに訪問させてもらう約束をしました。訪れるのが楽しみです。

そしてシュランケンカーフは4色。黒、ダークグリーン、アポロ、アントラジス。少々手荒に扱っても大丈夫なシュランケンカーフは実用考えた一番安心して使える。葬儀の時使うなら黒が安心、アントラジスでも全然大丈夫、アポロは綺麗な色でもとCIRCLEさんの要望で。ダークグリーンは前回製作した品。税込み40,700円。

内側がこんな風にシンプルな仕様なので工夫次第でびっくりするほど収まる。仕切りのポケットは一万円札が収まるサイズ、使い勝手自由自在。

 

 

Le Bonheur (17:11) | コメント(0)

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ