ル・ボナーの一日

「プティ・トート」コンサバカラーで

2022年02月08日

40年以上作り続けている「プティ・トート」はル・ボナーのレディーストートバッグの定番中の定番バッグ。カラフルな色が多くあるシュランケンカーフが生きるバッグで色々な色で今まで作って来ましたが、ちょっと寂しいですが今回は時勢に従って一色以外は保守的なカラーでの製作となります。神戸でお店をスタートした時、革製品の色は黒、チョコ、茶しか売れない東京とは違い、綺麗な色から売れて行くこの地域に来て良かったと思った事が懐かしい。

では今回作ったプティトートをご紹介。税込み55,000円。

ティングレー。特注で頼んだシュランケンカーフの色です。

ル・ボナー限定シュランケンカーフカラーのアントラジス。

そしてレディース一番人気カラー「トープ」

この3色の色差わずか、内光で見るとどれがどの色か判別難しい。上からアントラジス、ティングレー、トープ。

そしてネイビー。シュランケンカーフのネイビーはステッチブルーで縫わないと黒と判別困難。

黒です。

加えて唯一綺麗系の色はトスカニーで。薔薇でトスカニーという品種があって、その花弁の色がこの赤ピンクなのです。

前回製作した綺麗系のアポロとミントはまだございます。

そうなんです、保守的なカーラーは多め作り綺麗系は少なめに作るのですがいつも残るのは綺麗系。色を楽しめる日々が早く来て欲しいと思うボンジョルノはライムグリーンのパパスショルダーを今日も提げて出勤しています。またまた遅れをとったぁ〜詳細はまたまたCIRCLEさんのブログで宜しくお願いいたします。

Le Bonheur (10:58) | コメント(2)

Comments

  1. アバター タッチ より:

    こんにちは。
    プティ・トートの店舗在庫カラーを教えてください。購入を検討しています。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ