ル・ボナーの一日

ボンジョルノのちょっと偏屈な車遍歴

2014年09月05日

私は22歳の時、仕事上の必要性から自動車免許を取った。その私の車遍歴は、楽と便利よりその時々の自分を伝える選択で結構面白いと思う。36年間で9台の遍歴。

あいしゃ1ウエブ.jpg

最初は2WDなのにジープ顔したいすゞ。燃費が悪すぎて、その上真っすぐ走らなくて苦しんだ。

あいしゃ6ウエブ.jpg

次は日産バネットバン。引っ越した時、近所の人達にサーカス団に勤めている人だと思われたほどのカラフルな絵と文字で埋め付かされたライトバン。カスタムカーという雑誌で紹介された事もあった。

その後楽な車が良いとカローラバンを購入したけれど、それは私の思想?と相容れない事を実感して3ヶ月で手放した。

あいしゃ2ウエブ.jpg

そして念願の初めての4WDはジムニー。この車で信州霧ヶ峰での零下15度の越冬キャンプも経験したなぁ〜。

ジープJ37ウエブ.jpg

子供の頃親父が林業試験場で乗っていたのがこの観音開きのジープ。ず〜と憧れていた。そして入手出来た。大好きだった。特別な思い入れもあった。でもその後貧乏で維持出来なくなって手放した。私の所有した車の中で唯一下取り価格が買った時と同じぐらい付いた車。今だったら所有出来るけれど、体力の低下がそれを許してくれない。

あいしゃ4ウエブ.jpg

スバルサンバーはサンルーフ付きで結構気に入っていた。走行安定性を求めていつも四駆で走っていた。それが災いしたのか、首都高速で突然エンジンが焼き付いて何回転もしてそのままお釈迦。

あいしゃ5ウエブ.jpg

ランドクルーザー40系は一番長く乗っていた車。ボディーは朽ち果てて何度か板金をしたけれど、足回りは極めて丈夫で、NOX規制で手放したけれど今も岡山で現役のはず。

そして初めての5ナンバー。68年式のフォルクスワーゲン タイプⅠ(ビートル)。レストアしたこの車は、外観は極めて厚化粧の美人。だが足回りは驚くほどズサン。サスの板バネは10本中7本が折れていたり、ガソリンタンクの中にガムテープが入っていたり。他にも問題点が山積み。購入してからまともに走るようになるまで1年以上費やした。

画像 140.jpg

画像 319.jpg

でもチャーミングな車だった。ただ浮気心が芽生えて手放した。その後7年知り合いが乗り続けてくれた。その68年式ビーちゃんも終焉の時を迎えたと連絡があった。

以下卓ちゃんのFacebookページから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸《Le Bonheur》の松本さんから《卓袱堂》のオレ、そしてketch!へと受け継がれてきた1968年製TYPE-Ⅰ(ビートル)が先日の豪雨で水没。あいにく海外での長期公演で日本を留守にしていたため早急の処置もできずに...やむなく廃車することに。数々の思い出と共にあった愛おしいクルマだったけど、こんな劇的な幕切れが相応しいのかもしれない。老体に鞭を打って林道を走らせてキャンプや温泉にも行ったし、雨の首都高でエンジンが急に止まったりもしたけど...楽しい日々をありがとう。天国でオーバーホールしてもらってね〜w10492442_10152364451373295_5858990429964283827_n.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体力と我慢が必要だけれど、その時々の経済事情を念頭に置いた自分らしいベストな車選びをしてきたと思っている。どの車も共に過ごした日々を懐かしく思い出される。全て中古車で、100万以上出して買った車は一台もない(修理に100万以上出した事はあるけれど)。今の相棒・アルファロメオ145クワドリフォリオ前期型も、50過ぎて体力が衰えを見せる私のベストなチョイスだと思っている。まだMTしか所有した事のないボンジョルノはそれを全うする所存です。

_DSC6203.JPG

Le Bonheur (19:08) | コメント(7)

Comments

  1. アバター つきみそう より:

     個人的にはスバルサンバーが思い出の車。田舎の親戚が持っていて、免許取り立ての頃、帰省したら借りて山道を走りまくっていました。センターで麩がないのに4WDにして走っていてきついコーナーでは決まってエンストしていたのを思い出しました。

  2. Le Bonheur Le Bonheur より:

    最後にあと一台は乗りたいかなぁ〜と思っています。ボンジョルノ車遍歴の集大成のような車に。

  3. アバター 黒崎 より:

    車選びはその人の人生哲学というか、美学みたいなものが反映される…と、思います。
    惚れ惚れするような情熱的デザインを選ぶか、刺激的な走りを選ぶか、誠実な機能美を選ぶか…。何を優先するかは別としても、その優先する条件のために、何かを犠牲にする姿勢には強さを感じ、尊敬の念すら覚えます。
    燃費や快適性ばかりを強調した車は…、…。

  4. アバター TI より:

    申し訳ありません。記事と別のことなのですが、先日購入をいたしました紐財布(ライムグリーン)の下の方に、ボールペンの汚れがついてしまいました。汚れを落とすのに最善の方法をご教示頂けませんでしょうか。出すたびにうっとりして、大事に使っていたつもりだったのですが、うっかりしてしまい、後悔しています(とはいえ、下の部分ですので目立ちませんし、もし落ちなくても、もちろん大切にこれからも使わせて頂きます。)。

  5. Le Bonheur Le Bonheur より:

    気に入った車乗ってください。

  6. Le Bonheur Le Bonheur より:

    油性のボールペンは落とすのは厳しいです。落とそうとすると革の色も落としてしまいもっと目立つ事になってしまいます。消しゴムで少し薄くさせるのがぎりぎりですね。

  7. アバター TI より:

    ご丁寧なご教示を有難うございました。お伺いしてよかったです。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ