ル・ボナーの一日

石田洋服店さんで仮縫い

2008年08月04日

%E6%89%8B%E7%B8%AB%E3%81%84%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%8E.JPG 今日も朝からダレスの手縫いは続く。 どう頑張っても、トップを一周手縫いするのは一日3本が限界であります。 お客様が来店されると、それもままなりません。 頑張らなければぁ~なんて言いながら、夕方から結婚式専用スーツの仮縫いの日です。 私にとって身分不相応な初めての誂えのスーツ。 それも、何でそうなってしまったのか、結婚式専用スーツであります。 そのメインイベントである仮縫いの日なのです。 夕方仕事を早々終えた私的服飾アドバイザーM氏と一緒に石田洋服店さんへ。 私の滑稽な仮縫い姿を撮るため、カメラマンをするという。 仮縫いの時、どれだけ我儘な要望を伝えるかで、 特別なスーツになるか決まるとM氏は言うけれど、 私は始めての経験なので、何が何だかわからない。 石田原大先生の言われるままに~。 %E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%9C%E4%BF%AE%E6%AD%A3.jpg メタボ体系隠しの極意、ボタンの位置の微調整をしているところ。 これが肝心なのであります。でも仮縫い状態からはその効果はよくわからない。 %E3%83%9C%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84.jpg 袖をはずして、脇の下の部分を絞って、よりスマートなシルエットに見えるように。 ベストのボタンは同生地で包んだボタンにして、より礼服らしくすることに。 ベストの背中の生地は、アンバランスな赤にした。 ボウラーハットは滑稽だろうか?。いやいや私が可笑しくないと思えば、 おのずと似合って見えてくるはずである。仮縫い結構面白じゃないか。 %E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%E7%94%A8%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4.jpg ネクタイはこんな感じでいこうかな。結婚式以外ではまずつけることはないだろうけれど。 こんな感じで、初めての仮縫い体験は終了。 今月の下旬には出来あがって来る。思ったより楽しい経験でした。 私は鞄職人としてモノ作りをしてきた。 モノを買う人の気持ちは分からないまま鞄を作って売っていたのかもしれない。 モノを、豊かな時間といっしょに提供しながら販売する工夫しないといけないなぁ~。

Le Bonheur (21:20) | コメント(6)

Comments

  1. アバター d-sakata より:

    いや~この段階で素晴らしい出来上がりを想像させてくれますねぇ。この写真を自分に置き換えて楽しく拝見させていただきました。やっぱり拘るならとことん拘ったほうが自分にも納得出来そうな気がしました。しかしこれから出来上がりまでの摂生を私は自信がありません。どうぞ夏バテなんかで痩せすぎ?ませんようにお祈りいたします。

  2. アバター Ciao ! より:

    初めまして。
    イタリアつながりから
    立ち寄ることができました。
    大変、参考になります。
    いろいろと考え、落ち着いて
    先をきちんと考えることを
    援けていただいてます。
    ありがとうございます。

  3. アバター たなか より:

    かっこいいスーツができあがりそうですね。
    私は仮縫いに行けないので、お任せで、次回の調整にお願いしております。
    あれから、スーツ2着、シャツ2枚、
    ジャケット、コートをお願いしました。
    調整が必要な時は、まとめてお願いしに行きたいと思っております。
    その時には、またお邪魔させてください。
    でも、補正がメインではなく、松本様ご夫妻のお顔にお会いする事が、メインになるとは思いますが。

  4. アバター ル・ボナー松本 より:

    Re:d-sakata さん
    仮縫いって結構満足感のある時間ですよ。誂えの醍醐味と申しましょうか。是非先生も挑戦してみてください。痩せる分には何とでもなりますが、太るのが困ります。スーツ好きになると、スーツが合うように体系維持に心がけるそうです。私は今が最大だと思いますので、大丈夫だと思っています。
    Re:Ciao ! さん
    イタリア大好きです。今年は行けそうにありませんが。
    伊太利亜人のように、おおらかに生きていきたいと思っています。
    Re:たなか さん
    短時間に、そんなに誂えたのですかぁ~凄い。私はこれが最後だと考えています・・・?。
    またお会いする日を楽しみにお待ちしています。

  5. アバター 悪魔の使い より:

    メタボだったなんて、気が付きもさせない、さすが石田◎神父によるさりげなく上手な収め方ですね。
    ところで、マエストロの奥さまのお見立てですか?白いものが混じる髭とのマッチングが絶妙で、かつ自己主張しすぎない質感の生地ですね。なかなか素敵な選択と思います。
    赤背のベストは想像がつきませんが、出来上がりの写真も楽しみにお待ちします。

  6. アバター ル・ボナー松本 より:

    Re:悪魔の使い さん
    石田原さんと同伴して頂いたMさんが選びました。悪魔の使いさんと違って、スーツを着る機会の少ない私が、婚礼の時の客としてふさわしいのはこれということになりました。次回披露は、須磨離宮の「華麗なる一族」のモデルになった一族が所有していた邸宅が結婚式場として使われていて、そこで式があるので、その建物をバックに登場することにいたします。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ