ル・ボナーの一日

シュランケンカーフの新色スカイが入荷

2009年05月17日

東京でカバン作りしていた頃、革鞄は主に黒とブラウンで、 それ以外の色は売れないからその2色のバッグを引き立てるために 時々さし色として作るぐらいが良いバランスというのが業界の常識でした。 神戸でお店を持って16年。この地がその業界の常識を変えさせた。 先にカラフルな色から売れてゆきます。 ゆえにル・ボナーはヨーロッパのブランドのように多くの色のあるカバン屋さんとなりました。 お客様たちの趣向が、楽しい色のあるカバン屋さんにして頂いた。 昨日も関東に住むお母様に、母の日のプレゼントでバッグを購入したいと来られたお客様がおられました。神戸に長く住む間に綺麗な色のバッグが好きになったと。 それで神戸らしくてカラフルなバッグがある当店でプレゼント購入を決定。 ただ黒かブラウンを選ぼうとするお母様にお嬢様は否定的。 シックだけれど特別な色のシュランケンカーフのバイオレットかトープを勧めるお嬢様。 結局決定は一夜考えてから購入となりました。 バッグは服装の中で一輪の花のようにポイントとなる色を選ばれると、 持っていて楽しくなるのではと思っている私たちです。 511%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%EF%BC%91.jpg そんなル・ボナーのカラフルバッグをメインで支えている革が、 ドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフです。 今まで24色のクレパス以上の色が登場しました。 今回スカイという新色が加わりました。 ジーンブルーより少しグレーかかった水色です。 ハミがフランスのH社の使う革の色の中で、使ってみたいと願っていた色です。 %EF%BC%95%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%EF%BC%93.jpg (左定番のジーンブルーと右新色のスカイ) 革のままで見ると、スカイという色ははっきりしない鈍い水色という感じ。 でもカタチになると、この微妙な水色が豊さを醸成する。 %EF%BC%95%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%EF%BC%92.jpg まずはこのスカイを使ってミセスアンバランスポシェットを作ってみようと思っています。 アンバランスポシェットは久々です。

Le Bonheur (06:17) | コメント(6)

Comments

  1. アバター samu より:

    ご無沙汰しています。
    買い物中では、素敵なハミさんをよくお見かけします♪
    シュラケンカーフ大好きです。
    ルボナーで出会ってから一目ぼれです。是非、このスカイでプティトート作ってほしいです~
    Re: samu さん
    お久しぶりです。
    次回スカイが入荷したら順次色々なレディースをこの色で作ってゆく予定です。プティトートも。
    でも予定は未定です。スミマセン。
                             ル・ボナー松本

  2. アバター samu より:

    おはようございます。
    又お目にかかれる日を楽しみにしています♪
    Re: samu さん
    またお店にお出で下さい。
    お待ちしております。
                      ル・ボナー松本

  3. アバター 櫃まぶし より:

    ニューパパス愛用者です。凄くいい色ですね。こういうブルーグレーは落ち着きがあっていいです。このシュランケンカーフでパパスって駄目なんでしょうか?揉み革じゃないので、雰囲気は変わると思うけど面白そうです。

    今度のパパス製造のときにでも、試験的に数量限定でこの色のシュランケンパパスを作ってみるというアイディアはどうでしょう。私は欲しいです。オーダーできるならば注文したいです。

    Re:  櫃まぶし さん
    新パパスお使い頂きありがとうございます。
    次回生産時には少しだけシュランケンカーフのまずは無難なところで茶(ゴールド)と黒でも作ることにしています。
    評判が良いようであれば、スカイでもいつか作るかもしれません。
                             ル・ボナー松本

  4. アバター 櫃まぶし より:

    なんと!次回生産時にシュランケンカーフでパパスを作るのですか!楽しみです!!
    何かの間違いで、新色のスカイが1つでも生産予定の中に組み込まれないかなあと願っています。きっと美しいパパスになる筈。
    Re: 櫃まぶし さん
    まずは無難な色で。それから色々な色で挑戦出来ればと思っています。
                           ル・ボナー松本

  5. アバター oyaji より:

    一度、シュラケンカーフでパパスを作っては頂けませんでしょうか?
    経年変化を楽しむのも一つの醍醐味ですが、服装に合わせてお気に入りの小物を入れるBagを持つのは、ご婦人だけに許された特権なのでしょうか?

  6. アバター oyaji より:

    スミマセン!
    先人のコメントも読まず投稿してしまいました。
    多分、書き込みされた殿方達は皆、無難な色使いを期待しているのではないと思います。
    Re:oyaji さん
    無難な色を期待していないのは私も感じておりますが、すぐにはカラフルな色では作る勇気がありません。まずはミネルバボックスと差異を実際にカタチにして確認してからでないと。それからカラフルシュランケンカーフでも作ってみようと思ってます。
                                 ル・ボナー松本

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ