ル・ボナーの一日

夏の気配感じてフェルディーとミセス

2010年05月28日

例年より肌寒い気がするけれど、夏の気配感じています。 6月になったら、ヨーロッパの初夏の爽やかな空気を存分に堪能して来ます。 そんな5月末に、フェルディーとミセスも各色で登場です。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20943.jpg10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20945.jpg 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20948.jpg10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20950.jpg フェルディーはライムグリーン(ハミはアップルグリーンと呼んでいる)、ゴールド(茶)、黒、オレンジ。シュランケンカーフの黒はこのところ入荷しなかったので、特別にオーダーしての登場です。ステッチも今回は同色の黒ではなくてネイビーの糸で縫ってみた。その事でしまった黒に思える。あとフェルディーは前回作ったブルーとエッグが1本ずつ店頭に飾ってある。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20951.jpg10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20953.jpg 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20954.jpg10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20957.jpg ミセスは黒、ジーンブルー(水色)、バイオレット、ライトグレーで。今回はシックな色揃え。 レディースバッグの中でこの2型はル・ボナーの3,4番バッター。特にミセスはここに来て多くの女性に支持されるようになった。提げている姿が素敵なバッグたちです。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20970.jpg ハミもル・ボナーのレディースバッグたちを一通り持っているけれど、上の写真のトープ色のミセスを普段一番使っている。荷物を入れた状態の時にベストなフォルムになり、使い続ける事でふくよかさ増すレディースバッグです。いっぱい入るけれど、程々の量入れる事が、このバッグを素敵に見せる秘訣。 今日の朝はお店開店前にチャーをオタニ動物病院に連れっていった。 チャーの恐怖の時間は普段休みの木曜日に決行するのだけれど、昨日の木曜日は朝から色々用事が連続して行けなくて今朝となったのでありました。チャーの爪を切りに行っただけ。私たち家族はチャーの爪を切るのが全員怖いのだ。一度切った時深爪して出血させて、チャーがギャァ~!と泣き叫んでから。今日もチャーは恐怖の館で耳の中を綿棒でかき回されもして、のた打ち回っていた。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20958.jpg 行く途中、ハーバーランドを過ぎたあたりの信号で止まった時撮った街並み。電信柱と古いビルが織り成す景色が、どこか懐かしさ感じる二人だった。阪神淡路の大震災の時、このあたりは無事だったんだなぁーなんて思ったりした。チャーはそれどころではない有様だ。 そんな朝のドライブ。ロメオ君は軽快に走り、午前10時のル・ボナーの開店までに戻って来れました。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20963.jpg 戻ってボンジョルノにとって4代目となるライムグリーンのパパスを使い始めた事の記念写真を撮りますとハミが言うので、ヨーロッパ街歩き中はたぶんこんな格好という装備で「パチリ」。これにハミがこの写真撮るのに使ったGR DIGITAL Ⅲもぶら下げるかも。 10%E5%B9%B43%E6%9C%88%20942.jpg そしてそんなカメラ持ったハミを逆に「シャカァ~(50Dのシャッター音)」。 二人で何やっているのやら。そしてこの追記は何書きたいのやら。

Le Bonheur (21:12) | コメント(4)

Comments

  1. アバター pretty-punchan より:

    ここにあるフェルディとミセスは全部揃えたい!と思ってしまうのは、私がコレクターだからでしょうか?やはり、生まれ変わるなら女性がいいと確信する次第であります。
    Re: pretty-punchan さん
    じゃあ奥様に買ってあげると良いのではないでしょうか。そしてコレクター魂満足させながら、奥様も喜んで頂き夫婦円満。皆幸せ~。これ良い考えだと思います。
                    ル・ボナー松本

  2. アバター たけちゃん より:

    いよいよ旅が始まりますね。高揚した気分が伝わってきます。この写真は東川崎の交差点で有馬街道に入るところでしょうか。
    確かにあそこら辺は難を免れた感じがありますね。
    欧州の旅紀行録をとても楽しみにしております。お気をつけて!
    Re: たけちゃん さん
    ライカのM3がボンジョルノの元へ~。ヨーロッパに持って行きたい気持ちあれど、それは無謀です。銀塩に慣れてから次回は。何て思ったりしますがなかなか。
    旅行日記頑張ります。
                      ル・ボナー松本

  3. アバター orenge より:

    シュランケンカーフのライムグリーンのパパス,神戸らしくていいですね。本当にいい色です。私はパパスを使いたいために出かけることが結構あります。いい相棒
    です。ライカのM3とは,いきなりコアな世界へ入りましたね。
    Re: orenge さん
    シュランケンカーフでも常時色は色々でパパスを作っていこかなんて思ったりもしております。初めてシュランケンカーフで作ったパパスを使っていますが、これはこれで良いですね。
    ライカM3は果たして使いこなせるか。フイルム入れて写し初めております。
                    ル・ボナー松本

  4. アバター たけちゃん より:

    な、な、なんと!!
    M3を貰い受けられたのですか?!良品の中古価格は太ダレスバックより高いですよ。M3ボディーだけでは写真機になりませんから、おそらくMマウントレンズも一緒ということですよね。ズミクロン50mmf2でも付いているとして、20数万円くらいになるのではないでしょうか。ひえ〜!そんなリッチで太っ腹なひとに私も巡り会いたいです。わたしもライカの名機が欲しい〜
    Re: たけちゃん さん
    貰い受けたなんて人聞きが悪い。まあ何といいましょうか、ル・ボナーにあります。ただレンズはズミクロンの90ミリで、メチャクチャ重い。35~50ミリぐらいのレンズを入手しないとと思っています。露出計は他のルートから、これは完全に貰い受けました。これも古くて良い感じのグッズです。
    ライカM3については次のブログで~。
                    ル・ボナー松本

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ