ル・ボナーの一日

不器用な鞄職人2012年12月10日

2012年も最後の月に突入しております。 今年もお客様たちと楽しく一年を送る事が出来ました。 現在定番品の多く […]

この業界で37年2012年09月08日

カバンを作り始めてもう37年になるんだなぁ〜。 私ほどこの業界のあらゆる立場を経験した者はそういないだろうと思 […]

「カンダミサコ」の新作に刺激を受けたぁ〜!2012年08月31日

神戸は小さな地方都市でありがなら独立系鞄職人がいっぱいいる。 会った事ないプロとして頑張っている人たちも含める […]

絶妙なスタンスで「ル・ボナー」2012年08月21日

 現代社会では荷物を入れるだけならナイロンバッグで十分。革鞄をあえてチョイスするお客様たちは、荷物を持ち運ぶ為 […]

印象派?職人ボンジョルノ松本2012年07月20日

私は35年以上鞄職人を続けて来た。 ただその年月続けたけれど、作った品は精緻な縫製とはお世辞にも言えない。 几 […]

神戸の若き独立系鞄職人は素敵だ2012年05月03日

親しくしている同業の「カンダミサコ」の神田さんご夫妻が、昨日から大丸神戸店の一階でのイベントに参加している。こ […]

独立系職人の鞄を欲する人と作る職人のギャップ2012年03月14日

先日久々にフルオーダーで大きなブリーフケースを作った。使い手の要望を聴いて、デザインから全て自前でのオートクチ […]

トスカーナの若きアルチザン2012年01月09日

フィレンツェの伝統皮革工芸品の代表格はタンロウ革(タンニンなめしの無染色の革)を木型に添わして作る絞り技法の革 […]

フェルディナンドカーフのレジェ・ボストン2011年07月08日

フェルディナンドカーフという革があった。北欧で作られたそのカーフ革が私たち二人は大好きだった。表皮の摩擦強度は […]

ブッテーロという革には今でも驚かされる2011年06月21日

ブッテーロのエージングは驚くほど清潔感を持った変化をする。そのブッテーロ革のお手入れにおいてル・ボナーのお客様 […]

アーカイブ